本日開催!当日券あり!【めざせ本戦出場】マンガサロン『トリガー』カップ(Presented by『ガットショット』)

マンガサロン 「トリガー」2016年02月13日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

本日開催!当日券あり!【めざせ本戦出場】マンガサロン『トリガー』カップ(Presented by『ガットショット』)

 

日時:2月13日(土) 13:00 スタート [12:30開場]
参加費:4000円(ワンドリンク制・ドリンク代 500円)


※当日参加&現金払いOK!(マンガサロン『トリガー』までお問い合わせください)
※「ガットショット」1〜3巻を持ってきていただくと【参加費 500円引き】
※ワンドリンク代 500円を別途頂戴しております。
(ドリンク代は当日会場で現金にてお支払い頂きます)
▼チケットの購入はこちら
http://peatix.com/event/144190/view
2/27「ガットショット」単行本4巻発売記念!第3回ガットショット杯開催決定!
大会に先駆けてマンガサロン『トリガー』にて本戦出場権をかけたトーナメントを
マンガサロン『トリガー』で開催します!
勝ち残った上位1名がガットショット杯本戦出場権を獲得します。
さらに、「ガットショット」作者の佐藤まさきさんもトーナメントに参戦予定!


▼「トリガーカップ」トーナメント賞品
【優勝者】
・ガットショット杯本戦出場権
・「ガットショット」作者 佐藤まさき先生によるサイン色紙
・マンガサロン『トリガー』のチャージ料が1年間無料になる会員券(12000円相当)

【上位3名】
・マンガサロン『トリガー』のチャージ料が1年間無料になる会員券(12000円相当)
・「ガットショット」作者 佐藤まさき先生のサイン入り単行本&オリジナルステッカー

【ファイナルテーブルに残った人全員に】
・マンガサロン『トリガー』チャージ&ドリンク1杯無料券

▼トーナメント概要・ストラクチャー
20000点持ち 20分ブラインド
アドオンなし リエントリーあり
1R 50/100
2R 75/150
3R 100/200
4R 150/300
5R 200/400
6R 300/600
7R 400/800/100
8R 600/1200/100
9R 800/1600/200
10R 1000/2000/300
11R 1500/3000/400
12R 2000/4000/500
13R 3000/6000/500
14R 4000/8000/1000
15R 6000/12000/1000
16R 8000/16000/2000
17R 10000/20000/3000
18R 15000/30000/5000
19R 20000/40000/10000

▼参加特典
当日「ガットショット」の単行本をお持ちいただいた方は参加費500円引き!
この機会に是非マンガのほうもお読みください!

▼「テキサスホールデム」とは?
日本でポーカーと言えば、カードを交換して手役を作っていくドローポーカーや、徐々に個別のプレーヤーにカードを配って出来上がる手役を競うセブンカードスタッドをイメージしがちですが、世界で「ポーカー」といえばホールデムを指します。
2枚の手札と、5枚のコミュニティカードと呼ばれるプレーヤーが共通して使えるカードの計7枚のうち、5枚を使ってポーカーの役を作っていくゲームです。

ホールデムの最大の醍醐味は、他プレーヤーとの高度な心理戦にあります。
単純にポーカーの役の強弱ではなく、カードを引く確率から、手札の内容、場に出ているカード、賭けるチップの量を含めた相手の動作・癖、過去のプレー内容すべての情報を活用して戦う頭脳戦(マインドゲーム)です。

シンプルで奥深いルールと参加ハードルの低さから、日本での競技人口は約30,000人と言われており、年々増加しています。
▼チケットの購入はこちら
http://peatix.com/event/144190/view
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事