もうすぐバレンタインだね!2月最初の週間ランキング!イチバン読まれた記事はどれだ!? 2週間分まとめて大発表!

岡田 篤宜2016年02月07日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  ・・・早いですね~、2016年になってからもう1か月がたちました。毎日を仕事や勉強などに追われていると、本当にあっという間に時間だけが過ぎていってしまって、「あれやりたかったのに」とか「これもやりたかったな」とか、思うこともしばしばあります。年初にせっかく今年の抱負を抱げたのに、実はまだやろうとしていたことにまったく手をつけられていない、なんてことありませんか?ぼくもまだやろうとしてたことにほとんどてをつけられていなくてちょっと焦ってます。スケジュールをうまく組んで、どこかで立て直したいものですね。

 さて、前置きはこれくらいにして、今週の週間ランキングにいってみましょう!今回のランキングは2週間分まとめての総合ランキングです!それでは・・・第10位はコチラです!

第10位:女は年上男性が好きなのか? 幼女と成人男性とが繰り広げる大河ロマン『明治緋色綺譚』から考える

明治緋色綺譚(1) (BE LOVE KC)
作者:リカチ
出版社:講談社
発売日:2011-09-13
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

  一般的に、交際、もしくは結婚するカップルの年の差は2~3歳離れていることが多いようです。(そしてたいてい男性のほうが年上)これは、男性が年下好きというよりも、女性が年上好きだからこういうデータが出るのではないかと思われます。女性は男性に「頼りがい」なるものを強く求める傾向があるそうなので、年下を「頼りない」と思っているのでしょう。ときどき、30近くになった女性が「(付き合うの)この際年下でもいいか」なんて、かなり上から目線な発言をしているのを耳にすると、付き合う相手の年齢を気にする女性も少なくないんだろうなと感じます。けっこう重要なんですね、年齢って。


第9位:こんな時代だからこそ、命の尊さを見てほしい。『コウノドリ』

コウノドリ(1) (モーニング KC)
作者:鈴ノ木 ユウ
出版社:講談社
発売日:2013-06-21
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

  コルクの新インターン生である鈴木かんなさんのレビューです!「幸せになるためには、自分の意志で選択をして、ベストをつくすことが大事」って言葉、ぼくは個人的に気に入っています。命が生まれる最前線で、命をかけて戦っている主人公たちの姿がとても印象的です。「命」というもののありがたさを感じられるマンガだと思います。

 

第8位:ただしイケメンに限らない!町田に「草食系男子」のプロフェッショナリズムを見た。『町田くんの世界』
-町田は草食系男子の鑑だ。女子の皆さんからの感想待ってます。-

 

町田くんの世界 1 (マーガレットコミックス)
作者:安藤 ゆき
出版社:集英社
発売日:2015-07-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

  イケメンでもなければ勉強も運動もできるわけではない。しかしモテる(ココ重要!)イケてない男子がモテるために必要な要素を、町田くんはきっと持っているのでしょう!女の子と仲良くなりたいそこの紳士諸君、いますぐこのマンガを読んでモテるために必要な要素を研究してみてはいかがでしょうか?

 

第7位:『DEATH NOTE』好きにはたまらない『ACMA:GAME』の魅力をご紹介!

ACMA:GAME(1) (講談社コミックス)
作者:恵 広史
出版社:講談社
発売日:2013-06-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

  ドキドキハラハラな心理戦を楽しめる『ACMA:GAME』のレビューがランクイン!作中に登場するゲームが実にユニークなものばかりで、主人公たちと一緒になって攻略法を探す醍醐味があります。『LIAR GAME』が好きな方にもオススメできる作品です!

 

第6位:たまにはスタバで紙とペンを片手に『数学ミステリー X教授を殺したのはだれだ! 容疑者はみんな数学者!?』

数学ミステリー X教授を殺したのはだれだ! 容疑者はみんな数学者!? (ブルーバックス)
作者:タナシス・グキオカス 翻訳:竹内 薫
出版社:講談社
発売日:2015-11-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

  クイズやなぞなぞがお好きなそこのアナタ!、「数学ミステリー」に挑戦してみませんか?「数学はちょっと・・・」という方も大丈夫!レビュワーいわく、使った概念は、合同、相似、連立方程式、やや三角関数くらいの中学生レベルで、記憶の奥底を掘り起こすくらいでなんとかなるレベルだそうです。紙とペンをもって難問に挑むことから遠ざかってしまっているならば、このマンガを読むことで良い頭の体操になるでしょう。

 

第5位:イノセントな野球少年を番長に変貌させたものとは何だったのか?『モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん』

 

  今、話題の清原選手を主人公にしたマンガのレビューがランクイン!レビュー内では、純粋な野球少年がなぜ「バンチョ―」と呼ばれるようになってしまったのか、そこから彼の悲劇がスタートしていたのではないかと語られています。桑田選手と一緒になって甲子園を盛り上げたのも今は昔。一部のニュースによれば、逮捕されたとき、桑田選手と清原選手はすでに絶縁状態だったとの報道がなされています。清原氏を苦しめていたものとは、いったいなんだったのでしょうか・・・

 

第4位:『信長協奏曲』の大ヒットに続け!次に実写化できそうな織田信長マンガはこれだ!!

 

信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
作者:石井 あゆみ
出版社:小学館
発売日:2009-11-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

  『信長協奏曲』の次にドラマ化が来そうなマンガ2作を紹介したレビューがランクイン!どちらも個性あふれる信長が登場します。はたしてどちらの作品がドラマ化するのかしないのか、とても気になるところです!個人的にはシナモンのほうがドラマ化すると、ちょっと面白いかも?と思っています。

 

第3位:子作りに悩む漫画家夫婦が体験した不妊治療の現実と、誰も教えてくれない里親の話『うちの子になりなよ』

うちの子になりなよ (ある漫画家の里親入門)
作者:古泉智浩
出版社:イースト・プレス
発売日:2015-11-15
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

  とあるマンガ家の里親入門記のレビューがランクイン!あなたはもし自分に子どもができなかったら、里親になるという選択をしますか?誰も教えてくれない「里親」についての知識がこのマンガには描かれています。里親に興味のある方、一度お手にとってみてはいかがでしょうか?


第2位:もつ鍋を食べたらヒトの歯が出てきたときの恐怖『うなぎ鬼』

うなぎ鬼 (1) (ヤングキングコミックス)
作者:落合裕介・作画
出版社:少年画報社
発売日:2014-09-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

  マンガHONZ編集長、佐渡島庸平氏のレビューがランクイン!ヒトの恐怖はその人自身の想像から生まれる、ということがマンガから伝わってきます。「もしかしたら・・・」と一度でも考え出してしまったら、もう想像することをやめられません。恐怖に取りつかれてしまいます。どんなささいな出来事も、なにか意味を持っているような気がしてならなくなってしまうのです。作中で、もつ鍋を食べていたときに、鍋の中からヒトの歯が出てきたときのように、「もしかして・・・」を考えてしまうのです。ヒトが狂気的な発想に取りつかれるときも似たような現象が起こっています。ヒトを行動へとかりたてる強い原動力の一つ、それが恐怖なのでしょう。

第1位:「生きる価値のない人間」は臓器を売り払ってサヨウナラ『ギフト±』
-命は大事に使わないとね-

ギフト±(1) (ニチブンコミックス)
作者:ナガテ ユカ
出版社:日本文芸社
発売日:2015-07-18
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

  今回のランキング第1位は、なんと再掲載された『ギフト±』のレビューでした!!このマンガは、美人JKが悪党をとっ捕まえて腹をかっさばいて 内臓を取り出して売り払うマンガです。(忙しい人向け解説)

 法で裁ききれない悪党でも、社会に役立てることがある。その可能性の一つとして、悪党を「ドナー」に仕立て上げるというかなり過激な作品です。元気で毎日過ごしたいあなたは決してワルさをしちゃいけません。もしワルさをするようなら、あなたのもとに美人なJKが現れて、内臓を奪っていってしまうかもしれませんよ。

 

以上、先週と今週、2週間分のランキングでした!みなさま読んでみたい作品に出会うことはできましたか?もし出会えたならば、今すぐアマゾンをポチりましょうwしかも、今なら『ギフト±』1巻がKindleでタダでダウンロードできます!いつまでやっているかは分からないので、今すぐチェックすることをオススメします!ぼくはもう全巻ポチりましたww

 それではまたの機会にお会いしましょう!!

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事