漫画セレクトショップ紹介第1弾!女の不安の数だけサプリ(エッセイマンガ)があるのよ…「コミックエッセイ劇場」!

浅田 貴典2016年02月12日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、集英社ジャンプ jBOOKS編集長の浅田貴典です。はじめてテレビ情報番組にゲストとして呼ばれました。週刊少年ジャンプ・ジャンプスクエア漫画編集者として、書籍編集長として、いろいろとお話させていただきましたので、ご興味ある方はこちらで、是非。

さて浅田は、いち出版人として、面白い!と思う漫画を、どうやったら読者に気づいてもらうかを常に考えています。いまのところ、主に2つの流れがあります。

1:1冊単位で、面白さをSNS・メディアで気づいてもらう

これは1冊単位での気付き、です。ツイッターだったり、このマンガがすごい!などの賞の権威だったり、このマンガHONZのような書評サイトのレコメンドだったり、王様のブランチなどの情報番組経由ですね。

2:読者の年齢・性別・社会的地位で区別(セグメント)し、まとめて勧める

既存の紙のマンガ雑誌は、これに当たります。コロコロコミックは小学生男子がターゲット、みたいなものです。雑誌はセレクトショップみたいなもので、特定の読者に好みの漫画をまとめて勧めます。
しかし現在はマンガ雑誌・サイトが乱立していると、どこをみればいいやら、味付けの違う漫画もまざっているやらで、正直わからなくなってしまって、結果、1冊単位のレコメンドに流れる、という現状なのかと思っています。
 

 そんな中、嫁さんが、これ面白いよーと進めてくれたマンガがありました。野原広子先生の「ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望」です。

ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
作者:野原 広子
出版社:KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日:2015-08-28
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

郊外に住むサキ(32歳)は、一人娘ミイとサラリーマンの夫の3人暮らし。ママ友のリエとはなんでも打ち明けられる間柄だったはずが、あることが理 由で、 ハブられることになってしまった…。子育て中のママたちが抱えるそれぞれの事情と、地味にぶつけられ続ける周囲の心なき言葉。それらで心が持たなくなった とき、「悪意」は伝染し、小さな世界を浸食していく。賛否両論のコミックエッセイ『離婚してもいいですか?』の野原広子が描く、ママたちの孤独。 (amazonより)

ママ友との関係性に悩むよね、という心情にフォーカスしています。

この作品単体も素晴らしいのですが、これの掲載サイトである「コミックエッセイ劇場」の連載作品が、主婦というセグメントに、ドンぴしゃりのセレクトなのです。 

例えば、安藤たかゆき先生の「こころを病んで精神科病院に入院していました。」

こころを病んで精神科病院に入院していました。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
作者:安藤 たかゆき
出版社:KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日:2015-08-07
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

  小久ヒロ先生の「気づいたら貧困層!? お金を武器に! 月々3万円から2000万円作る方法教えます」

どれもこれも、普通に暮らしている人が抱える不安を丁寧に描き、知らない世界のうまくナビゲートしてくれます。すごいラインナップだなあ、と浅田が呟きますと、嫁さん曰く。

「女の不安の数だけサプリ=エッセイマンガは存在するんだよ…」

…なるほど!

いろんな悩み・苦しみをテーマにしたエッセイマンガを見ることによって、私だけの苦しみではない、と気付かさせてくれる。
これは確かにサプリとしての効用がある!

「コミックエッセイ劇場」。漫画サイトで、ここまで見事に、特定の読者層(おそらく主婦)にフォーカスしきったのは凄い。大体の漫画サイトが作品を数多く揃え、ランキングなどでセレクトさせるやり方とはアプローチが違います。

もちろん悩み・苦しみだけじゃなく、楽しい・面白いエッセイマンガも数多く連載しています。
例えば、オーサ・イェークストロム先生の「北欧女子オーサが見つけた日本の不思議」

北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
作者:オーサ・イェークストロム
出版社:KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日:2015-03-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 ひぐち さとこ先生の「童貞女子会へようこそ!」

童貞女子会へようこそ!
作者:ひぐち さとこ
出版社:KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日:2015-05-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 などは読後感はプラスの感情しか残りません。他にもいろんな企画のエッセイマンガが満載です。

20〜30歳代女性読者むけの漫画セレクトショップ「コミックエッセイ劇場」に注目しています!  

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事