王道スポーツマンガを愛する全人類必読ッ!!『灼熱カバディ』(イベント告知あり)

兎来 栄寿2016年02月16日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
灼熱カバディ 1 (裏少年サンデーコミックス)
作者:武蔵野 創
出版社:小学館
発売日:2016-02-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

『キャプテン翼』がサッカーの、『スラムダンク』がバスケットボールの、『弱虫ペダル』がロードレースの競技人口を増やしたのと同じように! この『灼熱カバディ』はカバディという競技を爆発的にメジャーにする!! そんなポテンシャルに満ち満ちています!!

第一話目を読んで覚えたのは、「このマンガ……来る……!!」という理屈を超えた直感でした! 圧倒的な面白さ・熱さと共に、近い将来きっとブレイクするであろうという予感! メディアミックス展開されるであろうという確信に近い感覚! 言うなればこの感覚を味わうことこそマンガ読みの醍醐味・悦びとも言える、あの衝撃でした!!!

以来、毎月(※現在は隔週連載)楽しみにしていた「カバディマンガ」が遂に単行本化し第一巻発売ッ!!  推さずにはいられないッ!!!!

 

謎多きインドの国技「カバディ」!

残念ながら、未だに世間的に「カバディ」という存在はマイナーでしょう……! 『カバディ一直線』、『カバディ7』といった名作カバディマンガに触れたり、Twitterで「カバディ」と呟くだけでフォローされることで有名な「早稲田大学カバディ同好会(WKD)」にフォローされたりしているような人でもなければ、「ずっとカバディカバディ言ってる」「変な動きしてる」といったイメージしかない方が大半かな、と! ゴールがあるような球技と違って道具も使っておらず、そもそも何をどうしたら勝ちなのかということすら解らない!

カバディとは何ぞや!? ワッツカバディ~ッ!?

安心して下さい! それで良いんです!
なぜなら!!

全部『灼熱カバディ』を読めば解るから!!!!!

たとえ、その競技のことを知らなくても楽しめる作品を一流だとするならば!
灼熱カバディ』は間違いなく一流ッ!!
それどころか! 読めば謎の競技カバディのルールも一目瞭然!! 

 

カバディのことを何も知らない主人公と同じ目線で、自然と理解していけるように作られています!!

 

ド迫力の構図! 極熱のキャラクターたち!!

このマンガの素晴らしい所は、カバディという競技の魅力をしっかり絵で見せてくれること!
大胆な構図で、一瞬一瞬の呼吸すら伝わって来るよう!!

 

読めば必ずやカバディの熱さ・面白さを体感できます!
従来のスポーツマンガの楽しさに、未知なるものを知る快感も上乗せされている!! これが面白くないワケがない!!!

そして、高い画力で描かれるキャラクターたちもまた良いのです! 

元々はサッカーで活躍していた主人公! しかし、本気でプレイし続けられるチームメイトに恵まれず、連携プレーを要求される競技そのものに嫌気が差してしまっていました! が! そんな主人公がカバディにおいて初めて仲間との連携を行えた瞬間! 言葉を超えたコミュニケーションが達成される気持ち良さ!!
 

この昂ぶりッ!! 激・熱ッッッ!!!

それに対する、先輩も堪らないッッ!!!!

一人一人の溢れ出る個性が、闘いの最中でも日常ドラマの中でも光り輝いていいます! 能京(のうきん)高校カバディ部、良いチームだッ!!

ただ、その中でも素晴らしいのはやはり主人公の宵越竜哉(よいごしたつや)!
死ぬほどの負けず嫌いで、勝つためには努力を惜しまない!! それが未経験のカバディという競技であっても、決して手は抜かない!! むしろ、やっと全力全開で打ち込めるものに出逢えた歓び!! 

この燃える世界は、気持ちがいいんだ。

この真っ直ぐ熱い主人公に!!!
滾る!! 漲る!!! 迸るッ!!!!!!

スピード感溢れるカバディ描写! キャラクターたちの沸騰して蒸発してプラズマ化するようなテンション!! 読んでいると脳から何かドパドパ出てきて気ン持ちッ良いッ!!!!

スポーツマンガに熱さを求める人ならば! 間違いなく読むべき作品ですッ!!

また、男同士の友情! 先輩後輩同輩間のライバル関係やリスペクト! そういった部分が好きな人にも是が非でもオススメしたいマンガなんです!! 

元々、カバディは古代の野性の獣を相手にした狩猟に端を発する競技! 本能を剥き出しにした男たちが汗だくになって、本気で相手を掴み押し倒し合う!! ヤバいヤツですよ、これは!! 『黒子のバスケ』『ハイキュー!!』『ダイヤのA』『弱虫ペダル』のようなアツいスポーツ物が好きな女性にも絶対的にオススメです!! 最新話では黒髪イケメンの部長も登場して、色々な部分がヒートアップしています!!!!

 

灼熱の炎は燃え始めたばかり!!

ちなみにこの『灼熱カバディ』、一巻の時点ではまだ主人公の学校のキャラしか出て来ません! カバディという競技の熱さ、主人公が闘う動機、仲間たちの個性・キャラクターを描くに留まっています! スポーツマンガの王道である、他校のライバルなどはまだ登場しません! 即ち、まだまだここから始まって行く熱き闘いのプロローグなんです!!

が、それにも関わらずしっかりと熱いッ! 面白いッッ!!! 
これで魅力的なライバルが現れ、一点を争う死闘が描かれて行くようになった時、この作品がどこまで高みに到達するか!?今から ワクワクする気持ちが抑えられません!!

十年、十五年後にはカバディのルールが常識になっており、美少女や小学生を主人公にしたり、超人的な特殊能力を持った選手たちが宇宙の命運を賭けて闘ったりするカバディ作品が当たり前のように存在しているかもしれません! その歴史の節目があるとしたら、間違いなく今! ここ!! 『灼熱カバディ』であると断言します!!!

歴史の目撃者になるのは、今しかないッ!!!!!!!

なお、Web連載時からコミックスになるにあたって、かなりの加筆修正が為されています! 単行本版は一コマ目から早速、熱く加筆がッ!!

連載時

 

単行本版

巻末やカバー裏には「微熱カバディ」「冷静カバディ」「極寒カバディ」「ぶっちゃけカバディ」などの笑えるオマケも収録!未読の方は勿論、一度読んだ方にも単行本の購入をお薦めします!!


※この記事は熱く魂を込めるため「カバディ、カバディ……!」とキャントしながら書きました!!

 

 <イベント告知>

そんなアツいマンガを描く武蔵野創先生が単行本発売を記念して、イベントに登場します!
なんと、超強力な助っ人として、男子・女子両方のカバディ日本代表が登壇します!
ただでさえアツいカバディをもっとアツく体感できるイベントです!

日時:2016年2月29日(月)20:00開始(19:30開場)
場所:マンガサロン『トリガー』
ゲスト:
武蔵野創 先生(「灼熱カバディ」作者)
日本カバディ協会より
河野 貴光(こうの たかみつ) 男子日本代表副キャプテン
2014年仁川アジア競技大会出場

金子 裕美(かねこ ゆみ) 女子日本代表副キャプテン
2014年仁川アジア競技大会出場
2012年ワールドカップ3位

イベント詳細はこちら ⇒ http://peatix.com/event/148354

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事