本日開催!当日券あり!トキメキ・・・・足りてますか?女性レビュアー厳選!胸キュンノンストップ!バレンタイン直後に読みたい恋愛マンガ マンガHONZ夜話第7夜 Presented by フルイチオンライン

マンガサロン 「トリガー」2016年02月18日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<開催概要>

日時:2016年2月18日(木) 19:30開場、20:00スタート
参加費:1,500円(ワンドリンク制 ¥500)
 

※当日参加&現金払いOK!(お問い合わせいただくとスムーズです)
※イベント終了後、ゲストを交えた懇親会があります。
※フルイチオンラインが発行するメルマガを見せれば入場料が無料に!
ワンドリンク代500円のみで参加頂けます。
フルイチオンラインメルマガ登録はこちら
▼チケットの購入はこちら
http://peatix.com/event/147151/view
▼当日の模様はニコニコ生放送でもお送りします!

------------------------------------------------------------------

フルイチオンラインプレゼンツ!『マンガHONZ夜話』ではマンガHONZのレビュワーをゲストに招き、その時その時の話題作やレビュワー陣の個性に合わせたオススメマンガなどについて熱く語るマンガ好きのマンガ好きによるマンガ好きのためのトークイベント。

マンガ
HONZレビュワーが、テーマに基づいてパネルトークを行います。今回はなんとマンガHONZ夜話初、女性レビュアーが出演!素敵な女性レビュアー2名を含むメンバーで、バレンタインがうまくいった人も、そうでない人も楽しめる、読んでおいしい珠玉の恋愛マンガをおすすめします。 甘いものからビターなものまで幅広くご用意するので、好みの物語が絶対に見つかるはず。ぜひご覧ください。

 

 
▼トークテーマ(予定)
・甘い気持ちを味わいたい時とにかくいちゃいちゃしたい時に読みたい
ちょっと刺激がほしい。脱マンネリマンガ
カップルで読みたいマンガ
恋愛で大失敗しちゃった時に読みたい
非モテでも恋愛したい
ホワイトデーを控えた男子に読んでほしい

------------------------------------------------------------------
 
<登壇者プロフィール>

和久井 香菜子(わくい・かなこ)

少女漫画研究家、文筆家。少女漫画の萌えを解説した『少女マンガで読み解く 乙女心のツボ』(カンゼン)が好評発売中。しょっぱい京都の観光地を紹介する『そうだソルティー京都、いこう』(サイゾーウーマン)、『AVエキストラは見た!』(女子SPA!)などを連載中。

佐藤 茜(さとう・あかね)

1986年東京都生まれ。文学部卒業後なぜかIT企業に入社。営業、PRを経て広告業務担当に。子供の頃は少ない小遣いを握り締めて月1回どのマンガ雑誌を買うかで悩む生活を送る。大人になってからは気の向くままジャケ買いを繰り返す。守備範囲は「姫ちゃんのリボン」から「家畜人ヤプー」まで。
 
兎来 栄寿(とらい・えいす)


10 歳の頃から神保町やまんだらけに通い詰めジャンプ作品からトキワ荘・大泉サロン作家まで読み漁 っていた生粋の漫画愛好家。少年青年少女漫画から BL・百合まであらゆるジャンルを愛する。漫画 を読むのは呼吸と同じ。自分を育ててくれた漫画文化に少しでも恩返しすべく、日々様々な作品の布教活動を行うマンガソムリエ。

 
 
▼特別協賛カクテル
フルイチオンラインのオリジナルカクテル「オールブルー」、通常1,800円をイベント来場者限定で1,000円でご賞味いただけます!


 

▼タイムスケジュール
19:30 開場
20:00 イベントスタート
21:00 イベント終了&懇親会スタート
22:00 懇親会終了
▼チケットの購入はこちら
http://peatix.com/event/147151/view

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事