「二股されている女性に読んでほしかった」『彼女のいる彼氏』矢島光先生ロングインタビュー 今、一番キュンキュンするWEBマンガの秘密にせまる

筧 将英2016年02月19日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、矢島光さんの『彼女のいる彼氏』でレビューを書かせていただきました。

いつでもどこでも(会社でも)見られるWEBマンガが大好きです。『SNSポリス』『彼女のいる彼氏』2015年に彗星のごとく登場!広告業界出身の次世代WEBマンガ家が熱いワケ(リンク)

『彼女のいる彼氏』は働く大人の女の子のごほうびマガジンROLA(ローラ)で連載中です。

今回は、矢島さんにオファーしてインタビューさせていただきました!今の話題『彼女のいる彼氏』や矢島光さんのことを根掘り葉掘り、聞きたいことをどんどん聞いていきたいと思います。


土曜日の午前中に呼びつけてしまいましたが、緊張されている矢島先生。場所は渋谷のマンガサロン『トリガー』をお借りしました。


トリガーで自分の好きな漫画を選ぶ矢島先生

この記事で『彼女のいる彼氏』を初めて知る方に登場人物の紹介をすると、IT大手「株式会社サイダーエイジ ジャパン」でキラキラ女子とオラオラ男子に囲まれながらお仕事する、UIデザイナー咲(さき)。入社4年目、彼氏なし。この漫画の主人公。

同じ会社で働くイケメンプランナー、仕事もできる徳永。咲の同期。彼女がいるのにチャラチャラしています。

草食系だけど実は肉食、2年目なのに仕事が超できるデザイナー佐倉。メガネおしゃれ男子です。咲の後輩。佐倉にも彼女がいます。 

徳永と佐倉には二人とも彼女がいるのにもかかわらず、咲を奪い合う、というストーリーです。さてここからインタビューになります。 

『彼女のいる彼氏について』

-『彼女のいる彼氏』話題ですね。1話目が2015年10月ですから、とてもスピード感があります。僕のまわりでも年末くらいから話題になっていました。

勢いありますよね。でも、このまま一発芸人で終わるんじゃないかと思って、本当に恐ろしいんです。がんばらないと「あいつは一発芸人だったな」で終わっちゃうので。

-話題の理由のひとつだと思いますが、『彼女いる彼氏』というタイトルがすごくインパクトがありますよね。

出落ちですよね。

-タイトルを決めた理由やきっかけはなんですか?

タイトルを決めてくれたのは担当さんです。私は最初ギャグを書こうと思っていたんですけど、ギャグのネームを描いたら「矢島さんはストーリーのほうが向いていると思うよ」と言われ、一生懸命描いたギャグのネームはボツになりました。

そのあと、飲みながら担当さんと恋愛の話をしていたときに、「矢島さんは恋愛をそのまま描いたらいいんじゃないの」って言われました。そこで今公開されている1話目のネームを描いたら、「これ面白い、これでいきましょう」ってなって。

担当さんから作品に登場している徳永のことを掘り下げられたので、「彼女がいてチャラ男で遊び人で、でも好きになっちゃう」と話したら、「なるほど“彼女のいる彼氏”なんだね」と担当さんが言いまして。「彼女のいる彼氏」か「彼女がいる彼氏」かというのはありましたけど、そのまま担当さんの言葉が強くて決まりました。

-ちなみに、このストーリーは実体験ですか?『彼女のいる彼氏』という点において。矢島さんの話なのか友達の話なのか。

どうでしょうね! 自分かもしれませんね!(笑)

-怖い怖い。

怖いですね。

-でも、社会人あるあるですよね。

社会人になってからまわりを見渡すとよくない恋愛してる人けっこういるんだな、ということがわかったので、それをネタにしたら共感する人も多いはずだと思いました。

-主人公の咲のモデルが矢島さんで実体験を書いているということですね。他の登場人物もイメージの方はいますか?

徳永は明確にいます。佐倉のモデルは複数人います。私の出身のSFC(慶應大学湘南藤沢キャンパス)にはデザイナー系の男性がいっぱいいるので、まわりはだいたい佐倉みたいな男性でした。ただSFCの男性は、草食な人が多いので、佐倉みたいにがっついている人はほとんどいない・・・かも。

-ちなみに佐倉の家に行くくだりは、参考になるエピソードがあるんですか?

友達の話を参考にしました。「家来てんじゃん」って台詞とか。


(彼女のいる彼氏 第11回)

-あれは確かにリアルですよね。

でもその男性、彼女がいたらしいんですよ。それも3人も!「倫理観がよくない」ということで、友人は逃げ帰ったらしいです(笑) ホラーですよね。チャラついた人に遭遇したり、遭遇した人の話を聞くと「いい漫画のネタ見つけた」と思ってエピソードの参考にします。

-漫画がある種のはけぐちのようなものなんですね。

一番いい話がかけるときは精神が病んでいるときかもしれません(笑)。

職種のそれぞれの表現方法について

-僕のまわりの人の感想を聞いていると多くの職種の登場人物をかき分けているのがすごいなって意見があって。営業もプランナーもエンジニアもデザイナーも登場して、職種のそれぞれのあるあるの捉え方みたいうまいなと思っています。

デザイナーとディレクター、プランナーについては友達がいるので描きやすいんですが、今悩んでいるのが徳永です。会社員時代に、徳永のような職種の方と接触する機会が少なかったので、良いエピソードがスッと出てこないんです。一番描きたいキャラなのに・・・。なので広告会社の友人に取材する機会を増やしています。

あと、自分が漫画家になろうと踏み切った理由の一つに、佐倉みたいに若くしてクリエイティブディレクターになった同期の存在があります。


優秀な佐倉は2年目にクリエイティブディレクターに抜擢される、

-会社の同期に?

はい。デザインが大好きで、頭もいいし、コミュ力もあってすごい勢いで昇進しているひと。彼を見て「負けたくない」って思わなかったんです。完敗でした。彼がいたから、彼にとってのデザインが、自分のとっての漫画だって気付けました。

-会社の同期の影響がすごく大きいってことですね。

負けていたとしても「のし上がりたい」と思うもので生きないと幸せになれないと思っています。例えば、すごく恐縮する話ですけど、久保帯人先生みたいにかっこいい構図を描けるようになりたいし、命削れるくらい頑張ったら描けるようになるはずだと思いたいんです。

SNSでの反響について

-ツイッターをみていると作品に共感しているひとがとても多いです。共感をつくるうえで意識していることってありますか?意図的にやっている印象を受けます。

セリフは生の言葉を使うように意識しています。自分が言われたことや友達から聞いたものを使うことは多いです。デートなどのシチュエーションはほぼフィクションですが。

-SNSの反響ってこのあとのストーリーに反映させたりとかありますか?影響を受けそうだなと。

影響受けていますし、悩んでいることでもあります。佐倉は当初の予定よりまともな人にしたんですが、それは彼のことが好きな読者さんが多かったからです。結果良いエピソードを描くに至っているので、それはよかったのですが、読者の声に従いすぎると意外性がなくなって、面白くなくなっていくので、今はそんなにSNSでの声を意識しすぎないようにしています。

作品を読んでもらいたいひとについて

-この作品を読んでもらいたいひとっていますか?

もともとは「二股されている女子」に読んでほしかったんです。

-なんですかそれ(笑)

あなただけじゃないって。最近、「こじらせ女子は遊ばれて地獄いき」みたいな作品が多いんですけど、遊ばれても学びはあるから、次の恋愛でいいことがあればいいんじゃないか、と思っていて。だから、地獄行きじゃないよって伝えたかったんです。 

描いているうちに、仕事を描きたい気持ちも育ってきたので、今は男性女性関係なく、仕事をがんばっている人に読んでほしいです。

-徹夜するとか、仕事が私を助けてくれるみたいなシーンありますもんね。

はい、あれば私のこころの声です。

キラキラ女子について

-キラキラ女子について最初は悪く描写していましたが、「かわいいということに全力を注ぎ込んでいるひとたちなんだ」というくだりがありました。あそこについてどのような意図がありますか。

キラキラ女子の描写については顕著に私の気持ちが出ていて、最初キラキラ女子をうまく描けなかったんですよね。彼女たちに憧れはあったんですけど、それをどう描いていいかわからなくて。うがった見方をしたまんま描いていたんですよ。でも、キラキラ女子に対して敬意を持っていることを自覚してから、うまく描けるようになりました。

-敬意をもてるようになったきっかけはあるんですか? 

担当さんが「キラキラ女子をうがった見方をしてたら描けないと思うよ」って言われて気づきました。それもあって、最近は美しさを自分の力として生きている女性を斜めから見ることがなくなりました。

あと、自分に自信ができたからだと思います。自分がやりたいことで少しずつ成果がでてきて、「自分はこれなんだ」という存在意義がはっきりと自覚できたからだと思います。

-昔はひがんでたんですか?

はい。今もうらやましいとは思いますが、私はこっち生き方ではないって諦められたんですよね。

-佐倉の話と似ている気がします。その人の生き方と自分の生き方がはっきり分けられると描けるってことなんでしょうね。

『彼女のいる彼氏』でやりたいことについて

-広告タイアップをやっていますよね。広告屋から見てうまいなって思っているんですが、ストーリーの上に商品をのせるって難しいと思うんですがいかがですか。

楽しんで描いているので、そこまで難しいと感じませんでした。担当さんが、私が制作に集中できるように手配してくださったからだと思いますが。広告案件ウェルカムです。

-担当さんが超優秀。

そうなんですよ。

-今日話を聞いていてとても優秀なイメージが。

育てていただいています。すごくうれしいですし、感謝してます。

あと今悔しいなって思っていることは、今の仕事の描写では、藤田社長やホリエモンさんには届かないかもしれないって思っていて、

-届かないというのは

彼らに「面白い」と思ってもらうような仕事の描写が、まだまだできていないと思います。「面白い」と思ってもらうには、もっと苦渋を味わって、自分が高みに登らないといけないですよね。

-藤田社長の影響は大きいんですね

お会いしたことはほぼないんですけどね。笑

後半は、矢島光先生自身についてのインタビュー

好きな漫画について

-好きなマンガを選んでもらいました。矢島さんはスラムダンク、BLEACH、かくかくしかじかを選びましたがそれぞれ好きな理由を聞いていきます。スラムダンクはどこが好きですか?

一番好きなシーンは、花道が翔陽戦でダンクをキメた翌日、水戸洋平と体育館で朝練をしてるところ。昨日の試合を思い出しながら、花道がいきなりダンクをするんです。手に残る感触を確かめつつ、振り向いて、洋平に「おれうまくなってきた」って言うんです。あそこ毎回泣きます。今も話しながら泣きそうなくらいあのシーン好きなんですよ。


(集英社 スラムダンク 11巻)
スラムダンク (11) (ジャンプ・コミックス)
作者:井上 雄彦
出版社:集英社
発売日:1993-02
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

-なぜそのシーンが好きなんですか?

私が中学高校とバトン部で、毎年全国大会にいくような強い部だったんです。部活動をしているとうまくなったって瞬間ってあるときに訪れるじゃないですか。その気持ちがここに表現されていて。なんであんなつらいものを続けられるかっていったら、「あ、今私うまくなった」って瞬間のためにスポーツしていると思うので。そのシーンがすごく好きです。

-その気持ちは漫画描いているときにあったりしますか?

キラキラ女子をうまく描けたときにありました。自分の気持ちを上手にみて、コントロールして、それを上手に出せるようになったなって思いましたね。

-続いて、『BLEACH』はどこが好きですか?

阿散井恋次と黒崎一護が「魂にだ!!!!」というシーンが好きです。あと絵柄が一番好きです。


(集英社 BLEACH 17巻) 
BLEACH モノクロ版 17 (ジャンプコミックスDIGITAL)
作者:久保帯人
出版社:集英社
発売日:2005-06-03
  • Amazon Kindle

-ピンポイントですね(笑)影響を受けてる部分ありますか?

キャラクターがオシャレな服を着ているのはブリーチの影響です。オサレが正義だと思ってます。


『彼女のいる彼氏』の扉絵は本当におしゃれです。
 

-最後に『かくかくしかじか』はどこが好きですか?

明確なシーンはないんですが、描けってずっといっているのがいいなと思います。
 


(集英社 かくかくしかじか 2巻)
かくかくしかじか 2 (マーガレットコミックスDIGITAL)
作者:東村アキコ
出版社:集英社
発売日:2013-05-24
  • Amazon Kindle

会社員時代土日祝と夏休み3連休をとって6連休を作って、モーニングの連載に向けてマンガを描き続けたことがあったんです。今はもうひとりで長時間描くことに慣れましたけど、そのときは6連休ずっとひとりでかくというのは苦行でした。どうしても辛かったので本屋に行って、『かくかくしかじか』の2巻を買ってきて家で読んで、超号泣したことは今でも忘れません。声をあげて泣いたのは久しぶりでした。

絵を描くということは 木炭にまみれて 絵の具にまみれて ひたすら手を動かし 思い通りにいかなくて 紙の上で もがいて もがいて もがき続けているうちに 偶然なのか必然なのか ごく たまに ほんの一本 自分が納得がいく線が見つかる瞬間がある その一本を 少しずつ 少しずつ つなげて 重ねて ただひたすら それの繰り返し

というモノローグが、当時今よりももっともっと絵が未熟だった自分に刺さったんです。

「恋愛」や「仕事」をどうとらえて作品に落とし込んでいるか

-とても抽象的な質問になりますが、恋愛をどうとらえていますか。

会社員のときは恋愛は娯楽というか楽しみのひとつだなって思っていたんです。趣味と同じカテゴリですね。でも、今は恋愛に仕事を邪魔をされるのがいやなので慎重になっています。

-どちらかをとるなら今は仕事です、みたいな。

そうですね。でも結婚はしたいですよ!(笑)。

-では、恋愛が趣味になっている女性に対してはどう思いますか?

昔は何も思わなかったんですけど、今は恋愛が趣味の人を見るとうらやましいです。恋愛を楽しめていることが。私にとって恋愛はプロジェクトと思っているので、そんな簡単に手を出せないです。男性っぽい考え方だとは思いますが。

-じゃあちょっと手をだしてみるとかはないんですね。

そうですね。

最近自分がやりたいことを仕事にできて、自分の名前で生きていると、昔憧れていたひとたちが対等に思えるようになったんです。そうすると憧れから始まる恋愛がなくなって依存することがなくなりました。やっぱり対等だといいですね。 

-仕事をどうとらえていますか?前職時代との違いなど。

前職との違いは仲間がいないことですね。会社って、自分と同じような立場の人とぶつかりあって、ストレスだけど成長の環境が自然と用意されていますよね。でも今は自分をどう高めるかを自分から外に学びに行かないといけないので。もっともっと立派になるにはどうしたらいいかっていうのを編集の友達に聞いたり、本を読んだりしています。フリーランスはだれも助けてくれないです。

最後に、同年代の男性・女性に向けてひとこと

-同年代に向けた漫画だと思うので、同年代の男性女性に向けて何かひとことがあればお願いします。

女性も男性もやりたいことをやって生きてほしいなと思います。おまえは何様だって感じですが。やりたいことをやっていれば女性は遊ばれない。男性も遊んでいる暇はない。WIN-WINだと思います。

-耳が痛いですね。仕事しろと。

そうですね(笑)

-長い時間、インタビューありがとうございました。

 

以上が矢島光先生のインタビューになります。インタビューが終わってから、トリガーさん向けに、人生で初めての色紙を描いていただきました。矢島光さん、ありがとうございました!

スラムダンク (11) (ジャンプ・コミックス)
作者:井上 雄彦
出版社:集英社
発売日:1993-02
  • Amazon
  •  
  • honto
  •  
  • e-hon
  •  
  • 紀伊國屋書店
  •  
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub 
BLEACH モノクロ版 17 (ジャンプコミックスDIGITAL)
作者:久保帯人
出版社:集英社
発売日:2005-06-03
  • Amazon Kindle
かくかくしかじか 2 (マーガレットコミックスDIGITAL)
作者:東村アキコ
出版社:集英社
発売日:2013-05-24
  • Amazon Kindle

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事