米にスターウォーズあれば、日本にはコレがある!和製大河スペースオペラ、田中芳樹×藤崎竜「銀河英雄伝説」!

浅田 貴典2016年02月26日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、集英社ジャンプ jBOOKS編集長の浅田貴典です。今までの書評では、集英社刊行のマンガをあえて外してまいりました。宣伝っぽく見られるのもナンダカな~…と引っかかってたからです。
しかし、このマンガに限っては、そのような小さい了見など吹き飛ばしました。和製スペースオペラの金字塔、田中芳樹先生×藤崎竜先生の「銀河英雄伝説」です!

銀河英雄伝説 1 (ヤングジャンプコミックス)
作者:藤崎 竜
出版社:集英社
発売日:2016-02-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 1982年に第1巻が発売された、田中芳樹先生の描くSF歴史小説は、浅田を含め、当時の少年達をとりこにしました。全10巻で漫画含め累計1500万部というバケモノ作品です。おっさんには耳タコでしょうが、知らない世代に向けて銀英伝の凄い!ところを紹介しますと…

1:トクマ・ノベルズの第1巻の重版が100刷をゆうに越えてる。

田中芳樹『銀河英雄伝説』

この装丁のものです。…な…なんじゃそりゃあああああ!ですね。そんな重版かさねることなんて、歴史上でもそうそうないです。判型を変えて、いろいろな形で出しているので、累計すれば150刷くらいいってるんじゃないでしょうか。
驚愕です。

2:週刊でオリジナルビデオアニメが発売された。本編110話、外伝52話の合計162話!!

1988年に発売を開始したオリジナルビデオアニメシリーズは、まず「VHSビデオ1本に1話収録」の通販でリリースされ、その後に4話を1本にまとめた店頭販売用ビデオ及びレンタルビデオがリリースされるという販売形態でした。
浅田はTSUTAYAのレンタルで見たのですが、その店には各巻3本ずつあったので、その壁面は壮観でした…!
こんな販売形態は空前絶後でしょう。テレビアニメ放映と違って、それだけの本数を継続して買い支える客がいなければ、成り立たないのですから。

そんな名作小説が『封神演義』の藤崎竜先生によって、漫画化されたのです!

あらすじを書きますと、銀河系を舞台に、数多くの英雄たちによる攻防と権謀術数を、ふたりの主人公ラインハルト・フォン・ローエングラムとヤン・ウェンリーを軸に描く和製大河スペースオペラ、です。その2人の英雄を、語録と共に紹介します。

ラインハルト・フォン・ローエングラム

『銀河英雄伝説』
 

銀河帝国の軍人として、若くして「戦争の天才」「常勝の英雄」として帝国軍将兵の畏敬と忠誠を一身に集める。幼い頃、姉を皇帝の後宮に公妾として奪われ、その姉を解放するために、帝国の頂点に立とうとしている。
その語録は…

「運命?運命などに俺の人生を左右されてたまるか。 俺は俺の長所によって成功し、自分の短所によって滅びるだろう。 全て、俺の器量の範囲内だ」
「名将というものは引くべき時期と逃げる方法とをわきまえた者のみに与えられる呼称だ。進む事と戦う事しか知らぬ猛獣は猟師の引き立て役にしかなれん。」
「この世で最も醜悪で卑劣なことはな、実力も才能もないくせに相続によって政治権力を手にすることだ。それに比べれば、簒奪は一万倍もマシな行為だ。少なくとも、権力を手に入れる努力はしているし、本来、それが自分のものでないことも知っているのだからな」
「私を倒すだけの自信と覚悟があるなら、いつでも挑んできてかまわないぞ」
「卿に罪は無い。一度の敗戦は、一度の勝利でつぐなえばよいのだ」

 うーむ、強気イケメンです。

 もう一方の英雄は。

ヤン・ウェンリー

『銀河英雄伝説』
 

銀河帝国と対立する自由惑星同盟の軍人。「不敗の魔術師」「ペテン師ヤン」の異名を持つ。本来は歴史家志望だったが、食うに困って軍に志願する。本人は望まずとも、時代が彼を英雄とさせてしまった。その語録は…

「うまい紅茶を飲めるのは生きている間だけだから、みんな死なない様に戦い抜こう」
「英雄など酒場に行けばいくらでもいる、その反対に歯医者の治療台には一人もいない。」
「戦争の90%までが後世の人が呆れるような理由で起こった。残りの10%は当時の人でさえ呆れるような理由で起こった。」
「人間の社会には思想の潮流が二つあるんだ。生命以上の価値が存在する、という説と生命に勝るものはない、という説とだ。人は戦いを始めるとき前者を口実にし、戦いをやめるとき後者を理由にする。それを何百年、何千年も続けて来た・・・」
「戦略および戦術の最上なるものは、敵を喜ばせながら罠にかけることだろうね。種をまいた後、ぐっすり眠って、起きてみたら巨大な豆の木が天にむかってそびえていた、というのが最高だな。」

他にも魅力的な英雄が目白押しですぞ。

浅田が銀英伝の一番好きなポイントは、スペースオペラという要素よりも「仮想歴史小説」というところです。
田中芳樹先生の専攻が中国史ということもあり、歴史上のいろんな英雄・箴言にヒントを得たエピソードが目白押しです。それを藤崎竜先生が、分かりやすく再構成して、コミカライズしています。
オススメです!!!!!!!

銀河英雄伝説 1 (ヤングジャンプコミックス)
作者:藤崎 竜
出版社:集英社
発売日:2016-02-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事