世界の90%は優しさで出来てます。
「マリーマリーマリー」は大人の女性への温かいお薬だ

中原 由梨2016年03月05日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  

マリーマリーマリー 1 (マーガレットコミックス)
作者:勝田 文
出版社:集英社
発売日:2015-02-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

  最近、突然求婚されるマンガばかり目についてしまうのは私が疲れているからですかね(人生に)…という事は置いといて。

 世界でひとりぼっちな気がする時、周りの誰かを責めたくなった時、だけど実はそんな自分自身を誰よりも一番責めたい時…時々襲ってくる、理由のない淋しさや空しさにくじけそうになったら、私は勝田文さんの「マリーマリーマリー」を手に取る。

 なぜなら、このマンガには誰も悪い人が出てこないからだ。そしてちょこっと優しくなれる気がするからだ。

 主人公は鍼灸師のリタ。リタは出張先で言ったライブハウスで、ギタリストの森田さんを見かける。

 森田さんに二度目に会った時、「僕は森田って言うんだけど…」と自己紹介され、「急にこんなこと言うとびっくりされそうだけど―」と前置きされつつ「もし僕と結婚したら(名前が)森田リタになる。モリタリタかわいいでしょ。僕といっしょにならない?」と突然の求婚。そして、なんと第一話の終わりに二人は結婚してしまうのだ。超スピード婚!!

          (『マリーマリーマリー』/勝田文)
 
 森田さんが素晴らしいのは、リタの鍼灸師の師匠も驚く“見目の良さ”。 “見目の良さ”と言ってもルックスがかっこいいという訳ではなく(いや、タレ目でメガネで個人的にはかなりタイプですが…)「とても自然でバランスがとれてて健やかそうだってこと。みんなそんなふうになれたらね」ということだそう。だから、リタが気がついたように、森田さんはどんな時も心と体のしたいことだけをするから究極にストレスがない!人だ。
 
 

 

            (『マリーマリーマリー』/勝田文)

 そんな森田さんとリタだからこそ、周りいる人たちも、ちょっと困った感じはあるもののかわいらしい愛すべき人たちが集まってくる。
ビートルズが大好きで名盤「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・ハーツ・バンド」のジャケットに映っている福助の置物を、ビートルズ・マニアの友人の遺品から盗んで追いかけられるリタのおじいちゃん(孫娘のリタの名前もビートルズの曲から拝借するという徹底っぷり!)。昔は同じバンドメンバーだった森田さんを崇拝する、人前にでるのが苦手なアイドル、ジュリアン。負け越しが怖くて逃げだそうとして、偶然リタに出会って深夜のドライブをするお相撲さん。周りの人たちから「クソジジイ」と憎まれ口を叩かれるほど愛され、打楽器がポコポコ鳴る中で送られる楽器屋のおじいちゃん…。

 わりと現実には「ありえない!」という人がたくさん登場するのだけども二人は誰も区別したりしない。過剰に優しくしないしないし、排除もしない。ありのままをすんなり受け入れる。時折挟み込まれる大ゴマがとてもファンタジックで、ノスタルジックで、切なくて、マンガというよりイラストとしての可愛さ(松本大洋的な)を感じるのだけど、こんな二人だからこそ、世界がとても優しくファンタジックに映るのかもしれないなぁと妙に素直に受け入れられる。

 

 

 

              (『マリーマリーマリー』/勝田文)
 

 だって、人生はこんなにも楽しくておかしくて、少し哀しい。だからこそ愛おしい。
そんな当たり前のことを、「マリーマリーマリー」は、ちょうどいい温度のファンタジーというオブラートに包んで思い出させてくれる。

 読んだ後は自分にも周りにも優しい気持ちが湧いてきて「明日もちょっとだけがんばるかー!」と思う。「マリーマリーマリー」は、そんな優しさで出来ている、即効性じゃなく心がゆっくりふんわり温まるお薬のようなマンガだ。

 

マリーマリーマリー 2 (マーガレットコミックス)
作者:勝田 文
出版社:集英社
発売日:2015-08-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

マリーマリーマリー 3 (マーガレットコミックス)
作者:勝田 文
出版社:集英社
発売日:2016-02-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事