キーワードは「3.11」!今週イチバン読まれた記事はどれだ!?‐マンガHONZ週間ランキング‐

岡田 篤宜2016年03月13日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  「あの日」から5年がたちました。当時、ぼくは家の近くのケーズデンキで初めてのアルバイトをしていました。倉庫に入って品出しの手伝いをしていると、突然激しい揺れを感じました。骨組みがむき出しになった天井の鉄骨がぐらぐら揺れていて、今にも落ちてきそうで怖かったです。地震がおさまるまで、ぼくは倉庫の隅で壁にしがみついて体を支えていました。

 多くの人々の日常を揺るがしたあの日の出来事を、ぼくはわすれません。被災していまなお故郷に帰れずにいる多くの人たちが、一日でもはやく元の生活に戻れるよう祈ります。

 今週は3.11関連の記事がよく読まれた週でした!具体的な順位をこれから見ていきましょう!

それでは10位の発表です!第10位はコチラ!

第10位:3.11にマンガだからこそできるアプローチがある。あの日とその後を描いたマンガ5選

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)
作者:竜田 一人
出版社:講談社
発売日:2014-04-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

  レビュワーである上原さんが読んで、あの日のことを良く考えることができるようになるマンガ5選のレビューがランクインです。そのなかでもぼくはとくに「いちえふ」を推したいですね。原子力が安全だと国ぐるみで嘘をつき続けて数十年。原子力に詳しい一部の科学者や技術者、環境学者の「キケンだ」という発言を無視し続けた結果、取り返しのつかない事態が発生してしまいました。にもかかわらず、その事態の収束を図るよう命じられたのは、電力会社の孫会社以下に務める作業員の方たち。この作者も事態の収束のために尽力した作業員の一人でした。現場を見たからこそ描けるリアリティ。5年経った今、再度あの時何が起こっていたのかを知るには、ぜひとも読んでおきたい一冊です。

第9位:「生きる価値のない人間」は臓器を売り払ってサヨウナラ『ギフト±』

ギフト±(1) (ニチブンコミックス)
作者:ナガテ ユカ
出版社:日本文芸社
発売日:2015-07-18
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

  強い!本当に強いです!昨年レビューがアップされてから、いったい何度週間ランキングに入ったことでしょうか。もはやランキングの常連と言っても過言ではない『ギフト±』のレビューがランクインです。これは冗談抜きにして、今年の「このマンガがすごい!」とかマンガ大賞に選ばれる気がしてきました!今後の活躍にますます期待大です!まだ読まれたことがない方、ぜひ一度ためし読みでもいいので、読んでみてはいかがでしょうか?

第8位:見た目はパンダで心はただのおっ◯い星人。世の男性すべてが羨む存在、それが『ささひと』だ

ささひと(1) (ニチブンコミックス)
作者:花月 仁
出版社:日本文芸社
発売日:2015-07-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

  日文で連載中の『ささひと』のレビューがランクインです!なぜこのタイミングでランクインしたのか、ちょっとぼくにはわかりませんが、この作品が面白いことはわかります。『GANTZ』で有名な奥先生のアシスタントとして磨いた画力には、やはり目を見張るものがあります。エッチなシーンもその画力のおかげでリアルな質感が表現され、よりエロティックに感じることができます。そのエロさ、ぜひご堪能くださいw

第7位:ロシアン系の美尻と南米系の美尻、どちらの方がイイのか!?というお尻にかける熱意
『アニメ監獄学園を創った男たち』

アニメ監獄学園を創った男たち (ヤンマガKCスペシャル)
作者:ハナムラ
出版社:講談社
発売日:2016-03-04
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

  原作マンガが人気すぎて、アニメの舞台裏をついついマンガ化してしまった作品のレビューがランクイン!監督たちの作品や「フェチ」に対するアツいこだわりが描かれています。結果的にアニメ化は成功していますし、おしりをこだわった成果がきっと出ているのでしょうw水島監督はさすがです!

第6位:予想できないから、漫画も人生も面白い。優しくも鋭い元風俗嬢と悩める人々の物語『ちひろさん』

ちひろさん 1 (A.L.C.DX)
作者:安田 弘之
出版社:秋田書店
発売日:2014-03-14
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

  元風俗嬢の主人公の日常を描いた作品がランクイン!キャラが突然動き出す、という感覚は実際連載を長く続けている作家さんに時々起こる現象だそうです。実際それで物語の結末まで変化することもあるのだとか・・・。ちひろさんの言動は、作家が見ても面白いし、読者が読んでも興味深いです。生き方に悩みを抱えている人は読んでみてはいかがでしょうか。

第5位:エロという名の優しさに包まれながら虫について学ぼう!『ベクター・ケースファイル』

ベクター・ケースファイル 1―稲穂の昆虫記 (チャンピオンREDコミックス)
作者:藤見 泰高
出版社:秋田書店
発売日:2007-06-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

  どんなグロテスクだってエロを絡ませればあら不思議!すごくマイルドなテイストになるということを教えてくれた、『ベクター・ケースファイル』のレビューがランクインです!エロいですが、内容はけっこう真面目にムシについて語ってます。先週、週間ランキングの後ものすごい勢いで閲覧数を伸ばしました。ちょっぴりバカバカしくて、でもタメになる。そんな作品だと思います。

第4位:3.11から何も変わらないあなたへ。しりあがり寿が届けつづける「あの日」の記憶。

あの日からのマンガ (ビームコミックス)
作者:しりあがり寿
出版社:エンターブレイン
発売日:2011-07-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

  『地球防衛家のヒトビト』の作者、しりあがり寿氏の連載を時系列順にまとめた作品のレビューがランクインです。3.11についてのできごとをあらゆる角度から執筆されているしりあがり氏の、ゆるいながらも力強いメッセージが込められた作品です。なかなか玄人向けの作品かもしれませんが、一度読み慣れてしまえば、作者のメッセージを読み取りつつ楽しむことができるでしょう。

第3位:“社長”になりたい人が『マネーの拳』を読んで理解しておくべきビジネスのキホン

マネーの拳 1 (ビッグコミックス)
作者:三田 紀房
出版社:小学館
発売日:2005-06-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

  会社とは何なのか、経営をするうえでの哲学について考えた『マネーの拳』のレビューがランクインです!会社の目的はお金を稼ぐところにあると思いますが、目的達成のために、大事にしなければならない価値観があるはずです。一朝一夕ではうまくいかないからこそ、基本的な要素はおさえておきたいですね。社長と言われる人たちの悩みや、その解決策が提示されている作品です!経営に携わる人が読むととても楽しめる作品です!

第2位:どんなに「ブラック」と言われても、やってる本人はハッピーな仕事もある『どうらく息子』

どうらく息子 1 (ビッグコミックス)
作者:尾瀬 あきら
出版社:小学館
発売日:2011-01-28
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

  ブラックだろうがなんだろうが、本人が熱中できているならそれで幸せということを教えてくれる、『どうらく息子』のレビューがランクインです!確かにお金はとても大事です。しかし、給料ばかり高くても、自分の人生の多くを注ぐ「仕事」がつまらないということは、残念な気がします。「人生がつまらない」と言っているようなものです。せっかくの人生ですから、自分が楽しめる仕事に熱中していたいものですね。それで生活していけるなら本望だと思います。仕事とはいったい何なのか、改めて考えてみたくなる作品です。

第1位:自閉症、アスペルガー、ADHD。彼らと世界の良好な関係。『コミックルポ 働く発達障害者』

コミックルポ 働く発達障害者
作者:かなしろにゃんこ。
出版社:講談社
発売日:2012-09-27
  • Amazon Kindle

 

  「自分はなぜみんなと同じようにできないんだろう・・・」。こういった悩みを持つ人は世の中に多くいます。そして、その考えを持つ人のなかには、「発達障害」とよばれる脳の機能不全を抱えた人たちも存在しているのです。周りの人からも理解されがたく、つい孤立してしまいがちな彼らとどう付き合っていけばいいか、発達障害の息子を持つ作者からそのすべを分かりやすく知ることができるマンガです。

 発達障害を抱えた人と付き合う方法は、まず相手の言動を「個性」の一つとして認め、受け入れることです。決して彼らは「障害」というほどの障害を持っているわけではなく、ただ他人より不器用なだけなのです。あたたかい目で見守ってあげることが、周囲に求められることでしょう。

 今週もいろんなマンガが目白押しでした!来週はまたどんなマンガにめぐり合えるのでしょうか?今からとても楽しみですね!それではまたお会いしましょう!ではでは! 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事