4/15 (金) 20:00!【ゲスト:『連載終了!』巻来功士、漫読家・東方力丸】マンガサロン交流会 Vol.1

マンガサロン『トリガー』2016年03月24日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

▼チケットのお申し込みはこちら
http://peatix.com/event/154078/view

マンガサロン交流会は、漫画に関係するゲストを呼んでの交流会です。

記念すべき第一回は、漫画家・巻来功士先生と漫読家・東方力丸さん。

まず最初のゲストは、漫読家・東方力丸さん。
漫読家とは、漫画の読み聞かせをする人。
下北沢を拠点に行われたそのパフォーマンスは徐々に話題を呼び、TV等のメディアでも取り上げられるまでに至りました。
そんな日本で唯一の『漫読家』・東方力丸が渋谷に降臨!

二人目のゲストは、『連載終了!』で、自身の作品が打ち切られてしまった体験を赤裸々に描いたことで話題の巻来功士先生をゲストに招いて行います。

マンガ家の前で漫読を行うというありそうでなかった組み合わせにご期待ください。

当日はオリジナルグッズの物販も行います!
・『連載終了!』単行本
・メタルK続編(同人誌)
・シール
・Tシャツ

の4種類の予定です。

購入者限定で巻来先生がサインをしてくださいます!
東方力丸からは「東方力丸Tシャツ」をご用意!


▼ゲストプロフィール
巻来功士(まき・こうじ)

1958年、長崎県生まれ。1981年「少年キング」連載にて漫画家デビュー(村田光介名義)。
1983年、「週刊少年ジャンプ」へ持込み。同誌にて『機械戦士ギルファー』『メタルK』『ゴットサイダー』『ザ・グリーンアイズ』などを発表。
少年誌には特異な残酷描写が多いことでも注目され熱狂的なファンを獲得。
1990年頃から、「スーパージャンプ」など青年誌で活躍。
近年は『ゴッドサイダー・ニューワールド(新世界)~ベルゼバブの憂鬱~』をクラウドファウンディングで発表する試みも行っている。

漫読家・東方力丸(とうほう・りきまる)

1974年3月3日生まれ、鹿児島県出身。高校卒業後に、1年間のアルバイト生活、その後、1年間アパート引きこもり生活を送る。引きこもり脱出後、フォークシンガー、声優、役者を夢見ながらアルバイトを転々とし、2001年より『漫読家(まんどくか)』として、下北沢を中心に、都内各所の路上、公園等で活動を続ける。また最近では、TVバラエティー番組、イベント等でも活躍中。

司会・ホスト 兎来 栄寿(とらい・えいす)


10 歳の頃から神保町やまんだらけに通い詰めジャンプ作品からトキワ荘・大泉サロン作家まで読み漁 っていた生粋の漫画愛好家。少年青年少女漫画から BL・百合まであらゆるジャンルを愛する。漫画 を読むのは呼吸と同じ。自分を育ててくれた漫画文化に少しでも恩返しすべく、日々様々な作品の布教活動を行うマンガソムリエ。

-------------------------------------------------------------------
日 時=2016年4月15日(金) 20:00スタート [19:30開場]
会 場=マンガサロン『トリガー』
主 催=下北沢ハカセ
参加費=前売り 2,500円(+1drink 700円)
当日券 3,000円(+1drink 700円)

※当日参加&現金払いOK!(お問い合わせいただくとスムーズです。)
※イベント終了後、登壇者を交えた懇親会を行います!

▼当日の流れ▼
東方力丸によるゲストマンガ家作品の漫読
ゲストマンガ家を交えた座談会
サイン会・交流会
当日会場にて「力丸Tシャツ」等の物販を行います。

▼当日の模様はマンガサロン『トリガー』チャンネルでも生放送!
マンガサロン『トリガー』チャンネル(ニコニコ動画)

▼チケットのお申し込みはこちら
http://peatix.com/event/154078/view



記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事