自分らしく生きられていないと感じるあなたに『HER』を強くおすすめしたいんです! 「好きなもの」を素直に「好き」と言えるようになるために

亀井 真美2016年04月04日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HER(Feelコミックス)
作者:ヤマシタ トモコ
出版社:祥伝社
発売日:2010-07-08
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

ひとつ 年寄りは恋をしない
ひとつ 恋愛は男女で行う
ひとつ キスは目を閉じる

高校2年生の西鶴こずえは、隣人である武山佳子のもとへ回覧板を届けに行った際、こずえの決まりとは何一つ一致しない光景を目にする。

 

 

             (『HER』/ヤマシタトモコ より)

世の中には大体こうと決まっていることがあって
ひとつ処女だとやばくて 20歳をすぎると終わってて 、レズはヘンタイで シュシュは絶対必要で、 おそろい拒否とか世界滅亡

花が好きでも友達に笑われるから言えない。名字がダサくて嫌い。
そんなこずえに、武山は「…花を好きなのを黙ってたことも名字が嫌いなことも2年もすれば忘れてその3年後には今気にしているようなことはどうでもよくなる …その5年後16歳の自分が大切なものをドブに捨ててきたことに気づく」と言う。「人類にあまねくふりかかる呪い 世界の決まり」だと。

 

 

            (『HER』/ヤマシタトモコ より)

こずえのグループの決まりは、とにかくフツーであること。
月9見なくて深夜番組見てるやつヘン。 ラジオ聴いてるやつヘン。 カラオケで洋楽歌うやつ、 第一ボタンまでとめてるやつ、 声でかいやつ、 ダイエットしないやつ、 コイバナきらいなやつ、 前髪超短いやつ 、あいつもこいつもそいつもヘン。

まだ処女なのも 、花が好きなのも秘密にしなきゃいけないし、
おそろいのシュシュはちゃんとつけるし メールの返信は40秒以内に打つ。
それがフツー。

こずえにとってのフツーとかけ離れた武山と接するうちに
あたしが 、あたしたちがフツーじゃなきゃって思うのは、たぶん フツーじゃない人にはなれないから 、特別な持ち物を持ってないから〉だと気付く。

- ヤマシタトモコ 「HER」 CASE.3 -
それぞれの女の悩みを描いた他5編 + ボーナストラックを収録した一冊

 

私(女)は両性愛者だ。といっても、これに気づいたのは4年前のこと。

小学校低学年の頃から、男の子にも女の子にも恋心に近い感情を抱いていた。男の子にドキドキする一方で、笑顔が素敵な女の子が給食当番をしているときは、笑顔が見たいがために進んでその子の分の給食を運んだし、かまってほしくてちょっかいも出した。当時は仮面ライダーが好きで、遊戯王が好きで、"ちゃお"や"なかよし"よりもコロコロコミックが好きで、対戦ゲームが好きで、そのせいか男の子の友達しか出来ず、もしかしたら自分は男なのではないかと悩むこともあった。

小学校高学年にあがり少女マンガにハマったことで、恋愛は異性同士で行うものだと刷り込まれ、女の子にドキドキするのは一時的な病気だと思い込むことにした。

中学校に上がり、文化部のくせに運動部並みに規律に厳しい吹奏楽部に入ったことで、先輩後輩の暗黙の了解を含め、こうでなくてはならないという固定観念がさらに強固なものになる。

中学2年生の頃、何か恋愛小説を買って読もうと思い、アニメイトで偶然手にした小説がBLであった。あらすじも読まず表紙だけ見て購入に至ったその本は、読み進めるうちに男の子同士の恋愛を描いたものであることが分かった。当時、葉鳥ビスコ先生の『桜蘭高校ホスト部』が自分の中で流行っていたこともあり、表紙に描かれている二人を見てもボーイッシュな女の子と男の子の異性愛の恋愛小説だと思い込んでの購入だった。かなり衝撃は受けたが、嫌悪感はまったくなく、むしろその後も何冊か小説やマンガを購入し、夏コミに行ってそのジャンルの同人誌を購入するほどのハマりっぷりをみせた。こういう恋愛の形もありなのかと、固定観念が少し溶かされたような感覚だった。

それでも実際に男同士で付き合っている人など周りにはおらず、非現実的な物語だと割り切って、自分は女だから男の子だけを好きになるように努めていた。

高校に入学し、2年生に進級すると私の中のフツーをたった一言で壊す友人に出会った。
「女が女を好きで何が悪いの?」
そう言われるまで気づきもしなかった。フツーとは「自分が1番自然にいられる状態のこと」で、他人に合わせることじゃない。勝手に同性愛をいけないものにカテゴライズしていた自分が恥ずかしくなるくらい堂々としている友人が「HER」の武山佳子のようで、自分を西鶴こずえに投影せざるを得なかった。

周りに合わせて「好き」を押し殺して生きていたあの頃の自分に読ませてあげたい。

今、自分のフツーに違和感を持っている学生の教科書として、また過去の自分を悔いている大人の共感書としてぜひ読んでもらいたい一冊である。 

桜蘭高校ホスト部(クラブ) (1) (花とゆめCOMICS)
作者:葉鳥 ビスコ
出版社:白泉社
発売日:2003-08-05
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

遊☆戯☆王 (1) (ジャンプ・コミックス)
作者:高橋 和希
出版社:集英社
発売日:1997-03
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事