リア充爆発しろ!ヲタクじゃない人にこそ捧げたい王道(?)胸キュンラブストーリー『ヲタクに恋は難しい』

高橋 紗也子2016年04月11日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日差しがあたたかくなり人々の心も浮足立ち始めるこの季節、春の嵐は恋の嵐ですね! こんにちは、新歓と花粉症で全くそれどころではない大学生です! みなさまいかがお過ごしでしょうか!!!

ところで恋愛とは無縁だと思われがちな人種のひとつに“ヲタク”というものがあります。しかし最近そんなヲタクが恋をする『ヲタクに恋は難しい』通称『ヲタ恋』が人気を博しているのをご存知でしょうか。『ヲタ恋』はPixivで一番人気を獲得し、単行本化、さらには『このマンガがスゴい!』オンナ編第1位を獲得したいま一番勢いのあるwebマンガです。しかし、この『ヲタ恋』、ただのヲタクや腐女子向けのマンガではないんです!

 

ヲタクに恋は難しい (1)
作者:ふじた
出版社:一迅社
発売日:2015-04-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

主人公成海は、ひたすらBL好きを隠し通し、完全な擬態に成功している隠れ腐女子。成海のセリフにも豊富にヲタ用語やネットスラングが含まれていて、まるで2ちゃんのスレを見ているような感覚にもなります()。擬態に成功している成海は、過去に彼氏がいたことはあるものの趣味がバレて失敗したこともしばしば。女の子らしいあざとさとヲタクであることのギャップに幻滅するんでしょうか? そこが『ヲタク』にとって『恋』が『難しい』所以なんでしょうけど、迷惑な話です。

 

 

 

そんな成海の彼氏になるのが、仕事は定時はモットーの高身長イケメン、宏崇。宏崇は成海の幼なじみでもあります。幼なじみは『タッチ』や『コナン』で実証された普遍的な胸キュン要素ですよね。ずっと一緒にいるぶんお互いのことをよく知っていて、でも成長するごとにお互いの知らない面が増えていく……そんな幼なじみに憧れたことが私にもありました。『ヲタ恋』でもときどき回想シーンで小さいころの二人が出てきて、その思い出を覚えてる覚えてないだとか、そんなことがあったとかなかったとか、そういう話をしている場面があると、自分の幼なじみを思い出して、現実との乖離に頭を抱えてしまいます。さらにこの宏崇、なんと重度のゲーオタ! 腐女子とゲーオタの幼なじみがカップルになる確率ってどのくらいなんでしょうね……。以前電車で見た、彼氏がゲームをしている横で彼女がマンガを読んでいるというカップルを思い出しました。お互いの趣味に理解があるって本当に幸せなことだと思います。たとえ違う趣味を持っていたとしても相手が自分の趣味を話しているのを楽しく聞けるような関係、理想ですね。あまりに理想的で想像しただけで泣きそう。

 

幼なじみのエピソードはいつでもキュンキュンします。

加えてこの二人職場が一緒なんです。社内恋愛要素までカバーしてくるとは、女子の萌えポイントをしっかり押さえてます。またこの職場の先輩カップル、樺倉と小柳もいいんです。この二人も例にもれずヲタクで、なおかつ高校の同級生。ケンカするほど仲がいいタイプのいわゆる「ケンカップル」で、双方のツンデレ具合がたまりません。両カップル合同のお泊り会の回なんかは修学旅行のようなにぎやかさがあって、女子校育ちの私にはとてもまぶしく見えました。

 

幼なじみから社内恋愛まで幅広くキュン要素を取り揃えている『ヲタ恋』。共感したり、「リア充爆発しろ!」と思ったり、ネットスラングがよくわからなくて調べてみたり、いろんな読み方があると思います。個人的にはネットスラングとかあまり知らない人に読んでもらってヲタクと非ヲタの相互理解への一歩にしてほしいです。「リア充オタク」というワードも聞かれますが、非ヲタから見たヲタク、の要素が強いように感じているので、この『ヲタ恋』を読んで、キュンキュンしながら私たちヲタクの生態を知ってほしいです!

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事