人に嫌われようと気にするな!ただの頭のおかしいコミュ障な美少女が世界を救う話『百万畳ラビリンス』 非日常の世界で生き抜くためには

荒井 健太郎2016年04月09日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
百万畳ラビリンス(上) (ヤングキングコミックス)
作者:たかみち
出版社:少年画報社
発売日:2015-08-10
  • Amazon Kindle
「与えられた選択肢に従わないで生きること」

和田 光司さんは『デジモン』のテーマソングで有名ですが、先日亡くなられてしまいました。ご冥福をお祈り致します。

『デジモン』と言えば、デジタルワールドの中に閉じ込められてしまった少年たちが仲間のデジモンとともに脱出を目指して冒険する物語でした。今回紹介するマンガは同じように異世界に閉じ込められて脱出を目指すマンガです。

(『百万畳ラビリンス』より)

この物語の中心人物である礼香と庸子は、ある日突然異世界に閉じ込められてしまいます。異世界の仕組みを一つ一つ観察して、仮説を立てて検証していくことで、異世界の構造を理解しようと奮闘します。映画で言えば、『CUBE』のほのぼのバージョンと言えるでしょう。

この類の、ある日突然閉じ込められて、わけも分からずに謎を解いていく物語はどうしても納得行かない状況になりがちです。なんでそんな状況になったのかという疑問を綺麗に解消しないとモヤモヤが残ってしまいますが、この物語は最後まで読むと比較的伝えたいことがわかりやすくスッキリするはずです。上巻だけ読むとついていけない感じになってしまいますが…

(『百万畳ラビリンス』より)

主人公礼香は不思議系電波少女です。現実世界には興味がなく、ゲームをすることが生きがいで、その中でも特にバグ探しに情熱を注いでいます。引くレベルで頭がおかしいのですが、あるときは大胆に攻めて あるときは冷静に分析して異世界の謎を解き明かし、核心に近づいていきます。一方の庸子は礼香に振り回されながらも、いつも友達のことを考え続ける普通の女の子です。ゲーム好き同士のルームメイトということもあり礼香とは仲良しでやっています。

(『百万畳ラビリンス』より)

このマンガの謎はあらゆる物事における困難を表しています。解決のためには、自分の行動の選択肢を増やすことが必須です。主人公である礼子と庸子は対照的です。同じゲーム好きという共通点はありながらも、物語の後半では二人の行動するための原理が異なることによって大きく物語が動きます。庸子の行動原理は彼氏や人類のため、礼子の行動原理は自分の面白さのため、利己的か他己的かの違いがあります。最後にこの世界の謎が解き明かされたとき二人の主人公の決断が自分の人生の意思決定の引き出しを増やしてくれます。

「与えられた選択肢に従わないで生きること」

これがこの本で得られる教訓の一つなはずです。ぜひ、下巻まで読んで礼香と庸子の決断の違いを比べて見てください。

百万畳ラビリンス  上巻 (ヤングキングコミックス)
作者:たかみち
出版社:少年画報社
発売日:2015-08-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

百万畳ラビリンス  下巻 (ヤングキングコミックス)
作者:たかみち
出版社:少年画報社
発売日:2015-08-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事