文春の快進撃で、週刊誌に春は来たのか?

古幡 瑞穂2016年04月12日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊文春 1月28日号[雑誌]
出版社:文藝春秋
発売日:2016-01-21
  • Amazon Kindle

「センテンス・スプリング」、「文春砲」、今年の流行語大賞にノミネートされそうな用語がどんどん飛び出している昨今の週刊文春ブーム。この快進撃は、低迷している雑誌業界にどんな影響を与えているのでしょうか?

週刊文春が次々とスクープと完売号を出し始めたのは今年の初めのこと。そこで、昨年の11月12日号を基準として売上比を出してみました。(WIN+調べ)

12月下旬発売の合併号は通常でも部数の大きい売れる号ですが、年明け以降1月、2月の発売号の読者が増加していることがはっきりと分かります。

もともと週刊文春は定期的に毎週購入している方が多い雑誌で、書店店頭での購入者の40%程度は毎週継続的に購入しています。では話題になった号を新たに購入した読者はどんな人たちなのでしょうか。そこで、2015/11/12号の読者と、2016/1/28号の読者を比較し、1/28号を新たに購入した方の読者層を比較してみました。

週刊文春2015/11/12号を買った人の内訳

週刊文春2016/1/28号を新規で買った人の内訳(増分のみ)

男性読者よりも女性読者、そして40代の伸びが顕著です。こうやって新規読者を獲得し続けていることで、読者平均年令の若返りが見えてきました。

さらに、この新規読者が購入した他の銘柄を見てみましょう。

 RANK  書名  出版社
1  『週刊新潮』  新潮社
2  『女性セブン』  小学館
3  『女性自身』  光文社
4  『週刊現代』  講談社
5  『週刊女性』  主婦と生活社
6  『週刊ポスト』  小学館
7  『きょうの料理』  NHK出版
8  『女性自身』  光文社
9  『きょうの健康』  NHK出版
10  『週刊現代』  講談社

見事なまでに定期雑誌が上位を占めました。WIN+のデータは書店でポイントカードを利用している読者の動向のため、そもそも定期的な書店来店があるようです。こういった方々はその時々で気になる週刊誌を選んで購入されているのかもしれません。

最も併読率が高かったのは週刊新潮ですが、週刊文春と週刊新潮は同曜日に発売されるということもあり、これまでも併読率が高い雑誌でした。30~40%程度の読者は両方の雑誌を購入しています。であれば、この週刊文春の快進撃は週刊新潮にも何らかの影響を与えているのでは…と考え、先ほどの週刊文春グラフに、週刊新潮の動向を追加してみました。

赤が『週刊新潮』の売上推移。2015/11/12号の売上を基準値としたもの

このように非常に似た動きを示している事がわかります。読者の併読本からも見えるとおり、週刊文春の好調は他誌にも大きな影響を及ぼしていそうです。

それでは、『週刊文春』読者が注目する最近の書籍をいくつか紹介しましょう。

エロティック日本史 古代から昭和まで、ふしだらな35話 (幻冬舎新書)
作者:下川 耿史
出版社:幻冬舎
発売日:2016-03-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

日本の歴史がどれだけエッチな話しで溢れているのかをマジメに解き明かしていく1冊。
日本史を学び直してみようというブームで日本史を読み直すというテーマの本が売れていますが、こちらは日本史好き以外にも注目され売れています。ちなみに97%は男性読者でした。

反安保法制・反原発運動で出現――シニア左翼とは何か (朝日新書)
作者:小林哲夫
出版社:朝日新聞出版
発売日:2016-03-11
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

老人ものの出版が相次いでいます。貧困・暴力・破産等々暗くなるキーワードが並ぶ中で出てきたのがこの「シニア左翼」という言葉。SEALDsに始まり若い世代の政治参画意識に目が向きがちでしたが、反安保法制集会の参加者には60代・70代の姿が目立っていたのだそうです。彼らは今なぜ闘うのかを追った作品です。

老後親子破産
作者:NHKスペシャル取材班
出版社:講談社
発売日:2016-04-06
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

発売されて間もないタイトルですが、売行き好調です。NHKスペシャル「シリーズ老人漂流社会」を書籍化。老後破産が引き起こす親子共倒れの悪夢を克明に描いたルポです。これからさらに話題になりそう。

「週刊文春」などの週刊誌は知的好奇心の高い層に愛されてきました。書店に定期的に来店するきっかけにもなっており、この快進撃は書店の売上にも大きな影響を与えることになりそうです。まだまだ週刊誌全体の売上が前年比をクリアする結果までは見えてきませんが、若い層にもじわじわ読者を広げている姿も見えてきました。この勢いでさらに売上を伸ばしていってくれることを楽しみにしています。頑張れ週刊文春! 頑張れ週刊誌!

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら