結婚できない・都合のいい女になってしまうのはどうして?? 
「結婚相手はどこに落ちてるの?」に見る、未婚女の叫び

和久井 香菜子2016年04月11日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルを見たとき、てっきり「めちゃくちゃ婚活している最中の女性漫画家の苦労コミックエッセイかな」と思いました。

 

結婚相手ってどこに落ちてるの?
作者:花津 ハナヨ
出版社:幻冬舎
発売日:2015-09-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

ほんと常々、「結婚相手ってどこに落ちてるの?」と思っていたので、「落ちてる場所がわかるなら拾いに行くぜ」と思ったんです。オリハルコンの場所を確認するために「ドラクエのガイド本を読む」感じです。

 

んが、読んでみるとじゃっかん様子が違って、コミックスの前半はダメ男遍歴、後半はだんな様との出会いからプロポーズまでの話でした。

 

婚活中に出会った怪獣のような男性たちの列伝でもなく、ダメ男といっても出てくるのは2人だけ。

しかしこれが響くんです。
自分に自信がなくて、コンプレックスのカタマリで、そして男で痛い目に遭ったことがある女性には是非読んで欲しい。


作品に登場するボーズヒゲメガネくんは、ハナヨさんがずっと友達関係を続けながら片思いをしていた相手。
こいつはクソ野郎です。

 

死ねばいいのに

 


 
とか言います。

女にはセックスしたとき、妊娠やら病気やらのリスクがあるので「割り切った関係」とか、身体・精神構造的にできません。 だけど男は無責任に変な妄想を抱いてるんですよね。

自分の話ですが、前に、既婚者の男性と会っていたことがあります。
まあ言っちゃえば不倫なので、
「飲みに行くくらいならいいけど、もう会わない」
と言ったら理由を聞かれたので、  
「だって私にメリットひとつもないじゃん」  
と言ったら、相当ショックだったみたいです。  

え、だって既婚男と不倫とか、ホントこっちにはリスクしかないじゃないですか。  
「俺と会うのには不倫のリスク以上の何かがあるはずだ」って思ってるってこと?  
(いや、たぶん深く考えてないんだろうけど)
男のこういうずるい考えにはとてもついていけません。

 

話は戻って花津ハナヨさんがAさんの次さんの次に付き合っていた Bさん。こっちもクソ野郎です。  
奥さんがいるのに 3人も彼女がいます。  

 

とか臆面もなく言い、コロッとハナヨさんを都合のいい女に成り下がらせてしまいます。  

自分に自信がない女は恋にも不器用なので、相手といい関係を築くのが難しいんですよね。  
男性から見ると「自分に自信がある女」って、実はコンプレックスのカタマリだったりします。  
逆に、「貞淑そうなお嫁さん候補」ほど、なん股もかけたりしてあざとかったり。  
一見ビッチな女でも、実は不器用なだけだとか。  

見た目と内面がマッチしている人や、恋愛で自分が求める相手と相性のいい相手が同じ人は、上手に恋愛できるような気がします。  
私は、どちらの条件にも当てはまらないので、割と恋愛が難しいです。  

さてハナヨさんはその後、合コンでチャラい放送作家さんと知り合います。
最初の印象があまりに悪かったので、あとは上がるだけ。どんどん相手を好きになっていきます。
そのままずっと友達関係を続けていましたが、その先の関係にどう進んだらいいのかわからず、ソファーで隣に座ったとき、いきなり彼の太ももに両足を乗せたらしい。  

当然、何のことだかわからない相手。  

 

 

いくつになって、好きな相手と「関係をはじめる」のって難しいですよね。
これ、うまくできる人がいたら伝授して欲しい。 

結局、なんだかんだうまくいくんですが、そのあとは、相手からのサプライズの数々が紹介されています。プロポーズもめちゃくちゃ手が込んでいる。 
私もサプライズ好きなので、いつかハッピーな引っかけをされたいなあ。  

というわけで、恋愛に不器用でコンプレックスのカタマリのような未婚女にはたいへん共感する部分の多いエッセイでした。  

結論としては「結婚相手は落ちてない」ってことらしいです。じゃあどこにいるの?ってことですが、それはぜひ本編にて。  

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事