結婚して幸せになるにはいくら“カネ”が必要でごわすか!?
『ごっつあんです』を読んで考えるニホンの結婚費用

岡田 篤宜2016年04月13日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ごっつあんです(1) (ニチブンコミックス)
作者:岡村 賢二
出版社:日本文芸社
発売日:2016-03-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 みなさん、「結婚願望」ってありますか?ぼくはあります。美人でしっかりしていて、お茶目で明るい笑顔の素敵なお嫁さんがほしいな~と、ときどき妄想したりしています。ケッコン生活って、いっぱい大変なこともあるでしょうが、なんだかんだ言ってきっと楽しいものなのではと思います。
ただ、その大変でも楽しい「ケッコン生活」は、なんの準備もなく始められるわけではないようです。先立つもの、つまり「おカネ」がやっぱり必要になるのです。ケッコンして、式をあげて、住む家を見つけて一緒に暮らす。食費、水道代、光熱費に服や家財をそろえる費用なども考えると、相当な金額が毎年必要になります。そう簡単に集められる金額ではないでしょう。
この『ごっつあんです』の主人公も、恋人と結婚するために相撲界の「おカネ」の仕組みを理解して、自分の給料を上げようとがんばります。
 

『ごっつあんです』/岡村賢二
 
 「金星」ひとつで年収24万アップ!?平幕の月収がだいたい131万円、年収に直せば1572万円と、外資系のエリートサラリーマンくらい稼いでいるのも驚きではありますが、横綱に勝つとサラリーマンの一か月分くらいの給料が年収に加算されるんです。夢が広がりますよね!
 さらに、「勝ち越し」の状態で場所を終えることも、力士の年収をあげるには重要なんです。

『ごっつあんです』/岡村賢二 

 

 この「給付金」という制度。勝ち越せばその分だけ年収が青天井で上がるという、なんともうらやましい制度!この事実を知ると、普段大相撲を観て、成績はぱっとせずともやっとこさ勝ち越している力士に対して見方が変わること、間違いなしですよね。彼らからすれば、勝ちこせばそれだけで年収がアップするのですから、優勝できずともある意味満足するわけですよ。だから、優勝争いに敗れた力士は、勝ち越すことを目標に相撲をとるわけです。

ケッコンとカネ

 結婚して幸せになるためには、いったいいくら必要になるのでしょうか?「ゼクシィ結婚トレンド調査首都圏2013」調べによりますと、以下の図のようになるようです。

 

 

 結婚に必要な平均総額は挙式と披露宴あわせて約340万円!?その後二人暮らしを始めると、家具や家電をそろえるのに平均78万円使い、二人で生活を始めれば、どんなにがんばって節約してもだいたい月10万は超えてしまう。力士なら食費もかさむでしょうから20万円くらいは必要でしょうか。光熱費や水道代、ガス代等全部で月3万弱、そこから子どもができて、仮に二人くらい育てることになるとすれば、まず出産の費用として平均40~50万、その後の0歳児の養育費の平均が、ベネッセ教育情報サイトによれば平均93万円、小学校から大学まで全てを公立に通わせたとしても、一人あたり約1680万円で、将来的に合計約3200万円はかかるそうです・・・本当にいくらあっても足りない気がしますなw
世の中の多くのカップルが平均50万円前後の貯金で新婚生活をはじめると、「セキララ・ゼクシイ」の記事では語られています。

・・・思ったより少ないですね。それで本当に金銭的に苦労せず新婚生活を過ごすことができるのでしょうか?
記事によれば、やはり半分近くの人が「苦労した」と回答しているようです。「結婚は勢いだ!」的な考えもありだとは思いますが、本当に無計画で結婚しちゃうのはオススメできませんね。現に夫婦間でのトラブルの原因の第3位が「おカネ」にまつわることみたいです。
 

「幸せ」をつかむにはカネがいる!

 このマンガを普通に読めば、いわゆる巷で言われている通り「相撲版グ〇ゼニ」ということになるでしょう。実際、このマンガを読んだことでボクのなかにあるお相撲さんや大相撲に対するイメージが微妙に変化しました。


みんなカネもってんだな~

って感じにw


お相撲さんが美人と結婚できる理由もなんとなくわかりました。そりゃ~年収そんだけもらっていればモテるのもうなずけます。女性が放っておかないですよね!
ただ、このマンガは相撲とカネについて描いただけではなく、「結婚するにはカネがかかる」という現実をぼくらに伝えてくれているのではないでしょうか?主人公は大好きな彼女と結婚するため、幸せな結婚生活を送るため、引退しても決しておカネのことで困ることがないよう、相撲業界のおカネのカラクリについて学ぼうとするのです。「今すぐ結婚したい!」と思っているそこのあなた、このマンガを読んで少し冷静に自分のおサイフのなかをのぞいてみると良いかもしれませんね。シアワセはタダではつかめませんよ
 

ごっつあんです(1) (ニチブンコミックス)
作者:岡村 賢二
出版社:日本文芸社
発売日:2016-03-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事