今週のいただきもの:2016年4月10日週

仲尾 夏樹2016年04月16日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三月下旬から六月上旬にかけて、富山県魚津市では蜃気楼を見ることができます。
蜃気楼の由来は古代中国で蜃(大ハマグリ)が気(息)を吐いて楼閣を描くと考えられていたからのようです。
そもそもなぜ蜃気楼が起こるのかというと、光の性質と目と脳の構造が関係あるんです。

光は通常直進しますが、密度の異なる空気があるとより密度の高い冷たい空気の方へ進み、屈折します。人間の目と脳は光が直進してくると思っているので、目に入ってくる直前の方向に物体があるように勘違いするのです。要は空気の温度差で蜃気楼は発生するのですが、
科学的に解明されていない時、ありもしない場所にものが浮かぶのは不思議だったでしょうね。

それでは今週献本いただいた新刊本のご紹介です。
版元のみなさま、毎度ありがとうございます!

 

物語戦略
岩井 琢磨
コンテンツマーケティングの教科書
コンテンツコミュニケーション・ラボ(日経BPコンサルティング)

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら