“前置き無しにいきなり始まる能力者バトル漫画! ヤクザVS透明人間! 『アダムとイブ』は問答無用!”

松山 洋2016年04月22日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

“ヤクザの存在意義は何かわかるか?”

“ヤクザは俺に殴られるために存在している”

 

と言ったのは“文さん”でした。

 

ええ、十兵衛に“金剛”を教えるためにヤクザの事務所に行って

片っ端から練習台にするというエピソードですね。

(『喧嘩商売』8巻より)
 

 あ、今回は『喧嘩商売』の話じゃありません(笑)。

いきなり違う作品の引用から入ってしまいましたが……。

 

 

今回の作品は『アダムとイブ』。

 

あの『殺し屋1』や『ホムンクルス』『HIKARI-MANの鬼才・山本英夫が原作を書き、

あの『男組』『男大空』『クライングフリーマン』『HEAT-灼熱-』池上遼一

漫画を描くという、とんでもないコンビによるエゲつない作品です。

 

 (『アダムとイブ』第1巻。帯のコメントも素晴らしい!)

 

とにかく、この作品……まず、前置きが無い!

 

いきなり始まります。

 

 

 

あるキャバクラにたくさんのヤクザが集まっている。

 

(ヤクザは全部で7人!)

 

それはヤクザの中でも特殊なメンバーの集まり。

で、このヤクザ側の(おそらくは)主人公格が“スメル”という男!


 

(“染み渡るよ♪”って(笑))

 

どうやらこのスメルという男は嗅覚が異常に鋭い能力を持った人物のようです。

物語もスメルのセリフを中心に進行します。

 

(こうやってにおいを嗅いで色んなことを言い当てるスメルさん)

 

そんな7人のヤクザが飲んでいる場所に侵入者が現れます。

 

それが、なんと透明人間!

 

はい、無茶苦茶に聞こえるかもしれませんが。まんまです。“透明人間”が入ってきます。

 

あ、透明人間なので姿が無いので画像もありません。(紹介できないですね……)

しかもどうやらここにいるヤクザを殺しに来たようです。

 

 そこで立ち上がるヤクザのメンバー。

 

(最初に立ちはだかるのは『味』の能力者!!(のヤクザ))

 

そうなのです。

 

この場所にいるヤクザはスメルさんを筆頭に

みんな何かしらの能力に秀でた人たちのようなのです。

他にも『視』『聴』『触』といて、やはりスメルさんは『嗅』の能力のようです。

 

(『視覚の男』は視るだけで妊娠してることもわかるらしい!)

 

 

(『聴覚の男』はまるでピッコロさんのようにリミッターをはずす!)

 

 

(『触覚の男』はやっぱりわかりやすい!!※青年誌です!!)

 

 

要するに

 

「(目的もよくわからないけど)いきなり侵入してきた(らしい)

目に見えない透明人間を相手に ヤクザ達が能力を駆使して迎撃する!」

 

という話です。

 

もちろん、見えない透明人間が相手ですから次々にヤクザ達は倒されていくのですが、

この全く説明が無いままに物語が進むところも潔い!と思ってしまうわけなのです。

 

(しかも死ぬのがヤクザだからか不思議と読者も心が痛まない(笑)。

どこまで計算してこの設定になっているのかはわかりませんが……。)

 

(透明人間なのでその姿はいろんな手法で表現されています!)

 



現代は昔と比べて漫画の情報量も増え、作画レベルやCGなんかのテクノロジーの進化も

あいまって、複雑な設定や説明や前置きが多い作品が増えてきました。

 

それは“悪い”とか“良い”とかいう話ではなくて。

 

お話自体がすごく練り込まれていることと、たくさんの説明をしないと伝わらない

物語構成になっているものが多いとも言えます。

 

 

けどね、この『アダムとイブ』のように

前置きなんか無くして、おいしいところだけ凝縮して構成しても、

しっかりとエンターテインメントとしての表現はできるんだなあ、

と感心させられました。

 

『ビッグコミックスペリオール』で連載中の本作ですが。

 

お話の内容的にもそんなに長い話になりそうもないですし、

パッと終わってしまいそうですが。

 

やりたいことだけやって、パッと終わってもいいのかな、と。

 

 

重厚長大な大作もいいですが。

 

 

たまにはこんな風に、前置きなしに始まって

なにも考えずに読める作品もいいなあ、と 

思いませんか?

 

アダムとイブ 1 (ビッグコミックス)
作者:山本 英夫
出版社:小学館
発売日:2016-02-29
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

喧嘩商売(1) (ヤンマガKCスペシャル)
作者:木多 康昭
出版社:講談社
発売日:2005-10-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

喧嘩商売(2) (ヤンマガKCスペシャル)
作者:木多 康昭
出版社:講談社
発売日:2006-01-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事