ワープできる薬『アイリウム』。これはいずれ現実世界に登場する未来の物語である。

佐保 祐大2016年04月30日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイリウム (モーニング KC)
作者:小出 もと貴
出版社:講談社
発売日:2014-11-21
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

「早く明日になんないかな」


気が進まない、けどそれが避けられないと分かっているとき、誰だってこう思うことはあるのではないでしょうか?

明日になって嫌なことが終わってる状態にワープしたい。それができたらどんなにいいか。


もしそれが、可能だとしたらやってみますか?


しかもワープした間に起きたことの記憶を飛ばすことができます。つまり、嫌なことを体験しているのに体験していないように感じることができます。

まさにワープ。

 

 

タイトルである「アイリウム」は1錠飲めば1日分の記憶を飛ばすことができる薬の名前です。薬を飲んだ本人は記憶がないのでワープした感覚に陥りますが、他人から見れば意識もあり普段通りの生活をしているように見えます。

記憶で薬をコントロールすることができる世界、このマンガでは7人の主人公、それぞれのストーリーが展開されています。

驚くのは初めは裏世界で「ドラッグ」として扱われていたアイリウムが回を重ねるごとに一般的に普及されていき、テレビのワイドショーのネタとして取り上げられ社会化問題にまで発展していることです。

 


1錠飲めば1日分の記憶がなくなります。
2錠で3日分、3錠で1週間分の記憶がなくなります。

4分の1錠で2時間分の記憶がなくなります。


アイリウムがあれば嫌なことを経験しなかったようにすることができる。

一瞬で未来の時間にワープすることができる。


あなたはどんなときにアイリウムを使いたいですか?

 

「明日は歯医者があるから終わってるときにワープしたい」

「会社の上司に説教されるあいだ無駄だからワープしたい」


嫌なことを終わらせるのに最適です。


「来週、女の子とデートなんだ。待ちきれないからその日にワープしたい。」

「就職活動の結果、待っている間は気が重いから結果が分かる日までワープしたい」


待ちきれないことがあるときなどに使うのもいいですね。


このマンガでは、夢を追いかける映画監督志望の人や戦争地域の兵士、ママ友グループに所属する主婦、女医などさまざまな背景を持つ主人公が登場します。


彼ら彼女らはどんな使い方をするのか。それはなんのために?


ワープができる薬、記憶に残さないための薬、使い方は人それぞれ。

これは決してマンガだけの世界では留まらないということ。

いずれ現実世界で起きてもおかしくない世界。そのとき、この「アイリウム」で起こったことと同じことが必ず現実世界で起こります。そのとき、あなたはどういった行動をとるのか。

そんな遠くない未来、そこで起きる7つのエピソード。

あなたアイリウムを、どう使いますか?

アイリウム (モーニング KC)
作者:小出 もと貴
出版社:講談社
発売日:2014-11-21
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら