よせ上げしたムネの見ぬき方『グラビアトリ』 グラビア、その道は長く厳しい。

角野 信彦2016年05月06日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グラビアトリ 1 (ヤングジャンプコミックス)
作者:佐藤 カケル
出版社:集英社
発売日:2016-02-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

ぼくがはじめて自分のおこづかいでマンガ雑誌を買ったのは小学校1年生のときで、やまほど『ドラえもん』が読める「コロコロ」だった。しばらくして『リングにかけろ』を何回も何回も読みなおすため、少年ジャンプを買うようになり、ガンプラブームに巻き込まれて『プラモ狂四郎』を読むために「ボンボン」も買うようになった。高校生(1986年)になると、なぜか「モーニング」と「スピリッツ」が週刊化され、この2誌も読みはじめた。

このラインアップ、何がポイントかというと、今で言うところの「女性のグラビア」がのっていなかった。「マンガは読んでても、ぼくは硬派」アピールがしたかったわけではない。偶然なのだ。現在の「スピリッツ」は巻頭グラビアが掲載されているが、これが始まったのは2002年からである。

「グラビア」がのっているマンガ雑誌を通学の電車で読み耽るのは、確かにちょっとはずかしい気がしたが、べつにだからといってそれが理由でその雑誌を買わなかったことはない。「偶然に」友達が、「ヤンマガ」や「ヤンジャン」を買っていて、それを学校で交換できたから買わなかった。

でも、なんでぼくは「はずかしい」気がしたのだろう。今回紹介する『グラビアトリ』を読んでみてその理由がなんとなくわかった。ぼくは「グラビア」を「表現」と認めていなかった。きわめて実用的なコンテンツと感じていたんだと思う。現在の「グラビア」では、女性のコンプレックスを魅力に転化したり、写真で仮想プライベート空間をつくり、その世界に読者を誘い込むなどのさまざまな表現が用いられている。男性だけでなく、女性でも楽しめる、「表現」としてのグラビアもたくさん出てきている。

グラビアの歴史:佐藤カケル『グラビアトリ』1巻

『グラビアトリ』は、そんな「グラビア」の歴史と魅力を描いている。それに加えて、最高のカメラマン、最高のスタイリスト、最高のヘアメイクが揃い、チームになる過程の物語には抗いがたい魅力がある。

 

    最高のチームができる過程はいつもワクワクする:佐藤カケル『グラビアトリ』1巻

こうしたストーリーの魅力とともに、「無理によせて上げた胸」の谷間がどうなるか?などのグラビア豆知識も満載で、オトクすぎるマンガである。

男性にはとくに貴重な豆知識:佐藤カケル『グラビアトリ』1巻

この『グラビアトリ』は、ぼくのように「偶然」を装って、グラビアに関心をもっていないフリをしていた男性に特にオススメである。また、この作品の編集担当は、2016年のマンガ大賞を受賞した『ゴールデンカムイ』担当の大熊八甲さんなので、『ゴールデンカムイ』を楽しんだ方は、『グラビアトリ』もぜひ読んでみてほしい。

 

すごい目力の小熊さん:佐藤カケル『グラビアトリ』2巻

 

グラビアトリ 2 (ヤングジャンプコミックス)
作者:佐藤 カケル
出版社:集英社
発売日:2016-03-18
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
プラモ狂四郎(1) (講談社漫画文庫)
作者:やまと 虹一
出版社:講談社
発売日:2008-07-11
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
リングにかけろ1 (Round1) (ジャンプ・コミックスデラックス)
作者:車田 正美
出版社:集英社
発売日:2001-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub


 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事