己のリビドーと吸血欲と戦うイケメンの姿がたまらん!『デビルズライン』

マンガサロン『トリガー』2016年05月07日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吸血鬼を題材にしたストーリーといえば、世界中で旋風を巻き起こしたことも記憶に新しい「トワイライト」、海外ドラマ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」や「トゥルーブラッド」。そしてジム・ジャームッシュ監督作品の「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」など、時代や地域を超えて普遍的な人気があります。

 

そして、ここ日本でも吸血鬼を題材にした作品がじわじわと人気を集めています。それがこちら、講談社「月刊モーニングtwo」で連載中の『デビルズライン』

デビルズライン(1) (モーニング KC)
作者:花田 陵
出版社:講談社
発売日:2013-09-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

「鬼」と呼ばれる吸血鬼の存在。鬼たちは吸血欲を抑えながら、人間社会にひっそりと紛れて生活しています。欲望に抗えない鬼たちが引き起こす悲劇、鬼の殲滅を目論む組織CCCの暗躍、そして事件を追う警視庁公安部の闇とは?
吸血鬼を題材にしたダークファンタジーでありながら、硬派な骨太ストーリーです。

 

しかし今回、私が鼻息荒めにお伝えしたいこの作品の読みどころ、それは「胸キュン」要素!!王道の「吸血鬼と人間の禁断の恋」と括ってしまってはもったいない。まるで少女マンガのように恋の甘酸っぱさを読者に味わわせてくれる作品なのです。

 

吸血鬼と人間のハーフである刑事・安斎結貴と、大学院生の平つかさ。つかさが鬼に襲われそうになっているところを安斎が助けるという出会いをきっかけに次第に惹かれあっていく二人。二人の恋心や葛藤がとても丁寧に描かれています。

 

だんだん縮まっていく二人の距離の描きかたがとってもリアル。

 

「自分にこういう感情があったのか」「私なんか安斎さんに釣り合わない」こんな自意識もリアル!

 

・理性を保とうと必死になる姿に興奮!

鬼は人間の血を見たり、性的衝動を感じると、変異してしまいます。

理性を失った鬼は、その吸血欲に任せ愛する人でさえも殺してしまったり、陵辱してしまう可能性があります。

 

愛するつかさと結ばれたい。と願いながらも変異することを恐れる安斎。

理性を失いそうになりながらも、必死に堪える姿…。

ああ!!たまらん!

 

そしてここは必見トレーニングシーン。

性的興奮を感じるとどのように体が変化するか、そして吸血欲をどう制御するかというトレーニングが行われます。

このシチュエーション。日常ではなかなかないだけに、たまらん!!

 

・安斎くんだけじゃない!他にもいるぞ。イケメンキャラ

他にもイケメンキャラが続々登場します。

 

いつも冷静。ひょうひょうとした態度の吸血鬼と人間のハーフ

李ハンス

 

謎の多い菊原桐郎はクールなイケメン。

 

安斎の新上司、石丸惠巳も影のあるセクシーさと、内に秘めている熱さに痺れる!

 

まだまだ謎が多いキャラクターばかりですが、みんなミステリアスな魅力をもったイケメン揃い。

 

この作品の胸キュン効果でドーパミンがどばどば溢れ、カサカサしていた心に潤いを与えてもらっています。

安斎の出生の秘密、安斎とつかさちゃんの恋の行方(主に夜の方)、など、とにかく今後の展開が気になって、気になって…。早く続きが読みたい!

 

(画像はすべて花田陵「デビルズライン」より抜粋)

(文=宮原 沙紀) 

デビルズライン(2) (モーニング KC)
作者:花田 陵
出版社:講談社
発売日:2014-04-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
デビルズライン(3) (モーニング KC)
作者:花田 陵
出版社:講談社
発売日:2014-08-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
デビルズライン(4) (モーニング KC)
作者:花田 陵
出版社:講談社
発売日:2015-01-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
デビルズライン(5) (モーニング KC)
作者:花田 陵
出版社:講談社
発売日:2015-06-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
デビルズライン(6) (モーニング KC)
作者:花田 陵
出版社:講談社
発売日:2015-11-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
デビルズライン(7) (モーニング KC)
作者:花田 陵
出版社:講談社
発売日:2016-04-22
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事