メッシャーーーーーーッ 『ジョジョ』の作中に出てくる あの凄いイタリア料理を食べて来た!

上原 梓2016年05月09日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、世界で一番行きたいイタリアン・レストランってどこですか?
私はその質問に、食い気味で即答します。

杜王町にあるトラットリア・トラサルディーであると!

ああ、行きたい!行きたいけど、行けない……何故なら、杜王町は非実在町だから!!

そう。杜王町とは、大人気マンガ『ジョジョの奇妙な冒険 PART4 ダイヤモンドは砕けない』の舞台となっている町。

ジョジョの奇妙な冒険 (33) (ジャンプ・コミックス)
作者:荒木 飛呂彦
出版社:集英社
発売日:1993-07
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

架空の町なので、当たり前だけどトラットリア・トラサルディにも行けません!『るるぶ』にも載っている有名店なのに行けないなんて!

(『るるぶ特別編集 杜王町』より ※非売品)
 

トラットリア・トラサルディーとは、こんなお店です。

杜王町で暮らす主人公の東方仗助と友達の虹村億泰は、町のはずれに新しくイタリアンレストランができているのを発見。早速行ってみることに。
せっかくなので、デジタルカラー版を引用させていただきます!
(『ジョジョの奇妙な冒険 PART4 ダイヤモンドは砕けない』
デジタルカラー版5巻より)
お店のメニューはただひとつ、「お客様次第」。シェフであるトニオは、お客様の両手を見て体調を判断。それぞれのお客様の体調にベストな料理を出してくれるのです。

会いたい!トニオさん!!
(『ジョジョの奇妙な冒険 PART4 ダイヤモンドは砕けない』
デジタルカラー版5巻より)
なんと億泰は、食前の水を飲んだだけで睡眠不足がすっきり解消!
今!今すぐ飲みたい!!
(『ジョジョの奇妙な冒険 PART4 ダイヤモンドは砕けない』
デジタルカラー版5巻より)

トニオの料理によって次々と身体の不調を治していく億泰!その治っていく様子が大変「ジョジョ的」で楽しいので、未読の方は是非コミックスでお楽しみ下さい!

ン食べたぁああ〜〜いっ!!
(『ジョジョの奇妙な冒険 PART4 ダイヤモンドは砕けない』
デジタルカラー版5巻より)

億泰、う、う、羨ましい!!!

いいなあ!私も、トニオの料理で、足の裏に出来て液体窒素で焼いても焼いても治らないイボを治したい!!

などと思っていましたら……

トニオの料理を食べることができるお店があるというではありませんか!

というわけで、早速行って来ました!
京王新線 幡ヶ谷駅南口から徒歩3分、ワインビストロ Saint FAUCON(サンフォコン)

駅からほぼ真っ直ぐ一本道で到着!

ん……!?

フランス ロワール地方…!?

ここ、フレンチレストランじゃん!

フレンチレストランなのに、そこを曲げてまで出すイタリアンメニュー、ますます楽しみではありませんか!

早速店内へ。カウンター席のみのお店は、シェフおひとりで切り盛りされているようで、そこまでもトニオと同じ。さらにカウンターの席数数もトニオのお店と同じ6席。シェフのトニオへの愛にシビれる!あこがれるゥ!

メニューが載る黒板には……

出ました!!お客様次第!

はああ料理が上手な人は、文字の再現力も高いのか!

(『ジョジョの奇妙な冒険 PART4 ダイヤモンドは砕けない』
デジタルカラー版5巻より)

この再現クオリティ!お料理に対する期待も高まらざるをえないっ!「お客様次第」、スタートです!(以下も、マンガ画像は全て、『ジョジョの奇妙な冒険 PART4 ダイヤモンドは砕けない』デジタルカラー版5巻より引用)

まずは、億泰の、日本人の9割が悩んでいそうな ある不調を治した「モッツァレッラチーズとトマトのサラダ」をいただきます!

付け合せまでフルで再現!

ウンまああ~いっ!

トマトが甘い!そして、チーズがモッツァレッラチーズなのにけっこうしっかりとした味!合わせて食べると、確かに不調が治ったかのような気がするぅぅ!!(注:私は思い込みが激しいタイプです)

続きまして、「娼婦風スパゲティー」

お皿の柄までそっくり!

ウンまああ~いっ!

コミックスでは辛い設定で、私も億泰同様辛いのが苦手なのでちょっとドキドキしたのですが、マイルドで食べやすい!!その上……

メッシャーーーーーーッ

怖い顔なのに、身体を隅々までケアーしてくれる愛しいヤツら!

ちゃんとスタンドであるパール・ジャムもいた!!!どうりて美味しいわけです。

続きまして、「子羊背肉のリンゴソースかけ」

普通1本、多くて2本で出てくるラムチョップが3本!

ウンまああ~いっ!

っていうか、ラムチョップ3本というのは かなりボリューミーなのですが、リンゴソースの爽やかさが肉の重みを打ち消してくれて、どんどん食べれてしまう上に身体の調子が整う!(注:私は思い込みが以下略)

最後の仕上げに、「プリン」! 

オチに関わるのでページ全体は引用できず!

ウンまああ~いっ!

億泰はこのプリンで足のある不調を治したのですが、同じ足なんだから私のイボも治ったのではないでしょうか!?(注:思い込み)

というわけで、かれこれ20年以上食べてみたかったトニオの料理を、東京は富ヶ谷で堪能することができ、すっかり ふるえるぞハート!燃えつきるほどヒーーーーーート!!実際に身体にダイレクトな効果が出なくても、楽しくて免疫が上がって健康体に近づくことは間違いありません!!

シェフ曰く、重力が最大の敵で、なかなかマンガのように盛りつけるのが難しいとのことでしたが、いやいや、シェフの再現力はァァァァァァァアアア 世界一ィィィイイイイ!!

ちなみに、マンガの設定では3,500円だった「お客様次第」ですが、現代日本の価格事情などの都合、ジョジョに因んだ「ゴゴゴゴ」価格、5,555円でした!ボリュームから考えても、ゴゴゴゴ価格は安いかとすら思っちゃう!

ここまでノリノリで書いてて気付いたんですけど、この記事、全然マンガのレビューじゃないですね……ま、まあ、これもマンガの実写版を楽しんだ、ということで、ひとつお許し下さい!

ちなみに、今回の記事は、コースメニュー完食後にシェフの許可を得て書かせて頂きました。「お客様次第」は要予約メニュー、飛び込みで行っても「だが断る」されますので、行かれる際にはお電話をお願いいたします。 

ワインビストロ Saint FAUCON(サンフォコン)
住所:東京都渋谷区西原2-28-4 宮嶋ビル1階
電話番号:03-3465-7565
営業時間:18~23時
定休日:火曜日ほか月1~2回
「お客様次第」は要予約

ジョジョの奇妙な冒険 第4部 カラー版 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)
作者:荒木飛呂彦
出版社:集英社
発売日:1993-07-02
  • Amazon Kindle
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事