【3巻完結】もしワンピースの作者が別人だったら…? 狂気の沙汰でマンガを作り上げる、疾走感のあるサスペンスマンガ

増田 桂己2016年05月11日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ミリオンジョー(1) (モーニング KC)
作者:市丸 いろは
出版社:講談社
発売日:2013-07-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 マンガコミックスの発行部数ランキングでダントツのナンバーワンと言えば、ご存じ尾田栄一郎先生のワンピースですよね。2014年末時点での累計発行部数は3億2,000万部。ギネス世界記録に認定されるほどの作品です。
2位はゴルゴ13で2億部、これまたすごいですよね。ちなみに3位にドラゴンボールで1億5,700万部、4位はこち亀で1億5,650万部、5位は名探偵コナンで1億4,000万部だそうです。※漫画全巻ドットコム参照

どれも誰もが知っている作品なので、ライトなファンからマニアックなファンまで幅広い支持を得ているのが特徴です。こち亀なんて、同じ巻を何回読み返したことか。両さんの豆知識やらうんちくやらは結構日常生活に活きるんですよね。

マンガは、作画と原作、アシスタントと編集者、デザイナーといった複数のプレーヤーで作り上げるものというイメージがあると思いますが、今日ピックアップする作品は、「もしワンピースの尾田先生クラスのマンガ家が既に亡くなっていて、別の誰かがマンガを描いているとしたら?」というテーマに基づいたサスペンスマンガ『ミリオンジョー』。

ミリオンジョー(モーニング KC)

3巻で完結しており、ネットで調べると打ち切り? などといった声も上がっているのですが、中身はスピード感もあって非常に興味深い。マンガ内に出てくる作品は、尾田先生のワンピースばりに伏線が張られ、国民的マンガとして大人気のマンガ、ミリオンジョー(マンガタイトルと同様)。55巻で完結とうたっている作品を残しながら作者の真加田恒夫は突然部屋で倒れ、急死してしまう。

ミリオンジョーの担当編集、呉井聡市は出版社に入社して3年目の28歳。もともとマンガ家志望だった呉井は、過去に新人賞の最終候補までたどり着くもデビューできず、自分の才能の有無を認められないまま編集者になり、圧倒的天才である真加田の担当となって3年。

ミリオンジョー(モーニング KC)

真加田の急死の第一発見者でもある呉井は、届いていたファンレターや出会う人々の会話の中でミリオンジョーが世界に与えている影響力や反響の大きさを実感し、なんと大胆にもその真加田の死を隠してミリオンジョーの連載を続けることを決意する。

ミリオンジョー(モーニング KC)

真加田の財産を目当てにする周囲の様々な人を巻き込み死体を遺棄、ばれてしまうことを懸念しながらもとんでもない行動を次々にこなしていく呉井は、周りからはぶっ飛んでいると言われ、つじつまを無理やり合わせていることもあり徐々にほころびが出てきてしまう。

ミリオンジョー(モーニング KC)

一方、マンガ自体の人気は、真加田の死後一時的に下がるものの徐々に高まっていく。ゴーストライターとして作品を全うしようと奔走し、嘘や罪を重ね続ける呉井。ゆがみ、屈折したマンガへの愛と執着が呉井を狂走させるも、とあることで状況は一変する…

ミリオンジョー(モーニング KC)

といった、もしも人気マンガ家がゴーストライターだったら? という2014年をにぎわせたあの人がちらつくようなテーマですが、3巻と短いこともあり、一気に読み切ることが出来るのではないでしょうか。

印象的だったのは、大物のマンガ家が作品内に出てくるのですが、そのマンガ家に呉井が「事故があって先生が原稿上げられなくなったとき、編集者が代筆でネームを元に原稿を完成させたりしたらどう思われますか?」と質問したときの回答。それがこちら。

ミリオンジョー(モーニング KC)

おっかない! いや、でもそうですよね。作品は子供と一緒なのですから。一方で、読者からしたら続きが読みたい、と思うでしょうし、未完のまま終わるくらいならどんな形でも最後まで見たい、と思うことでしょう。作品は世に発表された瞬間から読者のもの、といった意見もあります。
そんな中で、編集者がその間を取り持つために奔走し、行き過ぎた奮闘をするという作品としてこの『ミリオンジョー』を見ると、サスペンスとはいえ非常にアツい作品なのではないかと思えるわけです。物事は見る角度によって変わるなぁと思わされた作品でした。

でも、死体遺棄とかはダメ、絶対。

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事