『ファイアパンチ』に衝撃を受けた人は必読! エグさと衝撃はそれ以上! 『スモーキン’パレヱド』!

松山 洋2016年05月13日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先月、我々(多くの漫画好き)に衝撃を与えた作品『ファイアパンチ』
“ジャンプ+”で発表・連載開始されました。

 (『ファイアパンチ』第1話より)

 

マンガHONZの読者の皆様はもうきっとトリコになって、
毎週これが無料で読める喜びに震えていることでしょう。

いやー、いいですね。

シヤワセです。

始まるね、電子書籍。
 

さて、『ファイアパンチ』の何がこんなにも我々に衝撃を与えたのでしょう?

私は個人的に“3つのタブー”を織り交ぜつつも、
絶妙に・ストレートに作品の中に構成できている点にあると感じています。
 

“タブー”とは“禁忌”。
そこから人は目を背けることができません。
無視できない。

だから、見てしまうし読んでしまうし話題にしてしまう。


事実。

『ファイアパンチ』は連載開始第1話が“ジャンプ+”に掲載された
その日のうちに話題になり、すごい速度で情報拡散されていきました。

電子書籍媒体である“ジャンプ+”であったことと、
拡散後、すぐに誰もが読めるところも良かったですね。

 

はい、ここでいったんストップ。


まあ、今回“も”あくまで『ファイアパンチ』の話ではなく、
“引き合い”に出しただけですので、“3つのタブー”についても詳しくは掘り下げませんし、
これ以上『ファイアパンチ』の話はしません。

(もうちょい『ファイアパンチ』の話数が進んだらいつか取り上げるかも……。)

 

で、今回の本題で、紹介したいのはコチラ。

『スモーキン’パレヱド』著者:片岡人生 近藤一馬

 

あの『デッドマン・ワンダーランド』のコンビですね。


実は『ファイアパンチ』が発表されるおよそ1カ月前の3月に
単行本の1巻が発売されました。
(紙の単行本と電子書籍と両方あります)


こちらは無料では読めません。


あ、最新話だけは“ComicWalker コミックウォーカー”で読めますが。
 

 

タイトル
著者:片岡人生/近藤一馬

 

毎月、「月刊少年エースA」で好評連載中の作品です。


内容の紹介をしてしまうと、
ほぼネタバレになってしまいます
ので。

(まあ、ネタバレ自体は私は全く気にしないしむしろ大歓迎なのですが
マンガHONZの全ての読者がそうとは限らないので気を使っておきます)


なので、今回はこの『スモーキン’パレヱド』の作品紹介に関しては極力、
本文やページの引用を避けたいと思います。


言葉だけで魅力を伝えるしかないので今回はそうします。


冒頭で紹介した『ファイアパンチ』に衝撃を受けた皆さんには、
自信を持ってオススメします。


この『スモーキン’パレヱド』は
『ファイアパンチ』に匹敵する衝撃を持った作品です!!

 

 

見た目のスタイリッシュな感じ?の印象から“あー、そっち系ね。”って
先入観を抱かれがちなのですが。

 

単行本1巻の発売の時にこんなポスターでキャンペーンをうったのがある意味
逆効果だったかもしれないですね……。
 

村田蓮爾、浅田弘幸ら6人が「スモーキン’パレヱド」ポスターを描き下ろし

 

浅田弘幸、大久保篤、コザキユースケ、小玉有起、田島昭宇、村田蓮爾による
『スモーキン’パレヱド』のポスター。

 


“うーん、スタイリッシュ。”

 


あ、いや、もちろん、内容もスタイリッシュですよ。

かっちょいいです。

で、このコラボポスターのメンバーも6人とも私はもれなく大好きですし、
正直このポスター欲しいです(笑)。


けど、言いたいことはそこじゃなくて。
見た目のスタイリッシュさとはまた別の衝撃的な魅力を持った作品なのですよ。
この『スモーキン’パレヱド』という作品は。

 

“絶望のさじ加減がうまい”

“キャラクターが予測不可能”

“やっぱスチームパンク好き” 

 

……結局、かっこいいんですよね(笑)。

 

『ファイアパンチ』は(電子書籍の)週刊連載。まだまだページも少ないし、
これからどう展開されていくのか全く先が読めないところもまた魅力。
著者の他の作品も知らないから作風も読めない。
(個人的には第1話以上の衝撃は今のところ感じない。もちろんこれから、だとは思いますが。)


『スモーキン’パレヱド』は月刊誌での連載ということもあって、
1話のページ数が多く、ちゃんと話としてまとまっていて翌月の展開を予想しやすく、
なおかつちゃんと裏切ってくれます。


なにが言いたいかというと。


どっちも面白いから読んで!
 

楽しみ方はそれぞれ違うから!

 


だから!

 


『ファイアパンチ』が好きな人は、
『スモーキン’パレヱド』も読んでみて!

 


きっと気に入るよ!

 


以上!


ドコドンッ!!

スモーキン'パレヱド (1) (カドカワコミックス・エース)
作者:片岡 人生
出版社:KADOKAWA/角川書店
発売日:2016-03-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

デッドマン・ワンダーランド 1 (角川コミックス・エース 138-8)
作者:片岡 人生
出版社:角川書店
発売日:2007-09-26
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事