新社会人必見!2時間であなたの世界を広げるマンガがある。『マンガ経営戦略全史』

佐伯 英毅2016年05月23日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新卒で会社に入って、もうすぐ2ヶ月。
社会人1年目って、みんなどう過ごしてるんだろう。
興味があって、ほかの会社に行った同期に、「今どんな研修を受けているか」を聞いてみたりしている。

研修の中で会社の人から読んどいて!と言われた本を聞いてると、コトラーの『マーケティング・マネジメント』という答えが返ってきた。調べてみると分厚い学術書のような本。普通に鈍器に近い。マーケティングについて体系的にまとまっていて、経営者・マーケティングに関わる人にとってバイブルなのだそうだ。

現代で有名な経営者が、「こういうマーケティング戦略をしましたよ!」
と具体例を書いた本ならいくつか読んだことはあるけど、体系的に学んではないな…
確実に読まないより読んだ方がいいんだろうな…と思いつつ、
難しくて挫折、というのがクッキリ目に見える。

こういうときに解決してくれるのが・・・「マンガ版」である。
受験のときも、世界史の王とか戦争にイメージが湧かなすぎて、
困ったときに、学習マンガを入り口に歴史を覚えるようにしていた。
まずは、偉人たちと顔見知りになっとかないと。
この歴史苦手をマンガで解決する方法を、そのまま活かせばいいのだ!
という安直な僕に、うってつけのマンガがあった。

マンガ経営戦略全史 確立篇
作者:三谷 宏治
出版社:PHP研究所
発売日:2016-05-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 いまなお多くの本屋さんで大々的に展開されている『経営戦略全史』が2冊になった、マンガ版だ。『経営戦略全史』はビジネス書大賞2014大賞、DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー誌ベスト経営書2013 第1位をW受賞したのだそうだ。すごい。ちなみに、他のビジネス書大賞は、『伝え方が9割』が書店賞、『嫌われる勇気』を書いた古賀史健さんが審査員特別賞を受賞していた。

マンガ版とは言っても、ぶっちゃけおカタいかな…
まあ物は試し!と思って読んでみたら、
すいすい読めて、2冊を2時間くらいで読み切れた!!

マンガ版の良さはなんといっても、キャラだ。出てくる経営者のキャラがとにかく立っているのだ。そのポップさが、読み進めやすい!
アマゾンCEOのジェフ・ベゾスのテンションが超高かったり、
『リーンスタートアップ』を書いたエリック・リースが魔術師の弟子だったり、

いろいろとデフォルメされていて可愛い。これなら彼らと、顔見知りになれる!まさに、『マンガ 世界の歴史』の経営戦略版。彼らの著書やコメントの捉え方が、これからガラっと変わってきそうだ。

そうして、楽しみながらテンポ良く、
100年の人類の経営戦略の歴史をたどっていくと、やがて、僕たちが生きている現代に至る。
この、過去が現在と地続きになる感覚が、なんとも新鮮で面白い!

このマンガは、19世紀の、
ショベルで鉱石や灰を運ぶ時代から始まる。
経営戦略論の源流は、「ショベルで運ぶタスク」をどう管理して生産性をあげていくか、というシンプルで原始的なところにあった。

そこから乱世の戦国武将のように偉人が台頭し、
そして思想・主義の潮目が変わっていって、
100年を経て、アマゾンやグーグルといった、僕らのスマホにインストールされてるサービスまで、流れが迫ってくるような読書体験は、ぜひ味わってほしい。

読み終えた僕は、迫り来る流れを背に感じながら、
「あ、今こういう世界を生きているんだ。」
という実感を得た。
正直こんな実感が、マンガ2冊で得れると思っていなかった…!
このマンガのあとがきには、こう記してある。

さあ次の100年、経営戦略はどこへ向かっていくのでしょうか。
ディープラーニング(人工知能)、IoT(すべてのモノにインターネット)、自動運転(グーグル独走か)、Fin-Tech(金融工学)と、テクノロジーの進化は留まるところを知りません。
しかし、それを生み出しているのもヒトっであり、その使い方を考えるのもヒトなのです。
経営戦略というものは、ヒトや組織を社会や技術とどうつないでいくのでしょう。
きっとみなさんこそが答えです。それを楽しみに待ちたいと思います。

読み終えた後、僕は未来へのワクワクを感じていた。
先人たちがつくってきた流れの最先端に、僕らは生きている。
まだ何も経験のない若者にとって、
今までの流れを体系的に知ることができて、
背中を押してくれるこのマンガは、
RPG風に言うならば「勇気の書」だろう。

書かれている内容が、
2時間で全部理解できたわけじゃない。
でも、だからこそ、手元に持っておいて
すこし未来に、自分の経験や知識が増えたら、読み返したくなる。

僕と同じように、まだ経験のない若者にこそ、
この「勇気の書」を手に入れてほしい。

マンガ経営戦略全史 革新篇
作者:三谷 宏治
出版社:PHP研究所
発売日:2016-05-21
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 (ちなみに、このレビューを書いてるとき(2016年5月22日(日))に、ふと気になりアマゾンランキングをみてみたら、経営戦略の売れ筋ランキングが、1位2位ともにこのマンガだった。すごい!)

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事