中の人しか知らない社内制度、教えます。転職後に読むと後悔するかもしれないマンガ『へぇな会社』 転職サイトには載らない会社の横顔がわかる

宮﨑 雄2016年06月01日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
へぇな会社 変わっているけど成果を生み出す「働き方」「儲け方」のルール39
作者:よしたに
出版社:朝日新聞出版
発売日:2014-06-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

転職するのにいい時期っていつなんでしょう。
統計的には3月がオーソドックスみたいです。 ぼくも前職を辞めたのは3月でした。同時期に辞める人が結構いたのを覚えています。

結局、転職市場視点か転職者視点かで"良い時期"は異なります。 たとえば転職市場視点ならライバルが少ない時がいいでしょうし、転職者視点なら比較的現職に迷惑がかからない時期にするとよいでしょう。たぶん絶対的な正解の時期はありません。
ただ、今日から始まる6月は、転職者視点で良い時期かもしれません。ボーナスが出るからです。転職する方は、いつもより多くお金をもらってサヨウナラです。

採用する側もそれを見越しているようです。 すこし古い(2014年)データですが、転職支援会社の統計を見てみると、6月は、3月・9月という期末の次に採用活動が活発になっています。


引用:転職活動を始めるチャンスは今!中途採用が活発になる時期 

今回は、そんな転職市場が盛り上がる今の時期に読んでほしいマンガ『へえな会社』をご紹介します。


社内の常識は社外の非常識

突然ですが、ご友人の勤めている会社の就業時間をご存知でしょうか?

僕は前職も現職も8時間勤務なのですが、友人の会社は7時間45分勤務でした。短くていいなーと思ったのですが、代わりに休み時間が45分間だそうです。(労働基準法では労働時間が8時間以内の場合、休憩時間45分でよい)。お昼ごはん食べるのが大変そうです。お昼はご飯を食べてから散歩して、1時間使うタイプの自分にとってはカルチャーショックでした。他社の制度は神秘のベールの向こう側です。

最近ならオウンドメディア等で社内のことを紹介している会社もありますが、どちらかというと少数派。中には就業規則を公開しているという尖った会社(デンキヤギトランスリミットなど)もありますが、いずれもスタートアップ企業やベンチャー気質のある企業に限られた傾向のようです。

そんな、ふつうに仕事していたら知ることのない他社の制度がマンガで知れちゃうのが『へえな会社』です。 他社の非常識な常識を、よしたにさんの4コママンガと朝日新聞記者のレビューで覗き見ることができます。 

ぜひ弊社にも導入してほしい制度ベスト3

というわけで、そんな『へえな会社』から、個人的にあったら嬉しい制度をご紹介します。世の人事担当者様におかれましては、ぜひとも導入を検討いただければと思います!

①クルーズ

ITコンテンツ事業のクルーズの面白制度は、クルーズポリスと呼ばれる社内の警察組織。鍵のかけ忘れや貸与物の返却忘れといった不始末を起こした社員は、彼らに"逮捕"されてしまいます。逮捕者を多く出したチームのリーダーは、顔写真を落書き加工されるといった罰を受けるそうです。 ミスを面白おかしく笑いに変えて、でも印象深くして再発を防止するクルーズポリス。彼らがいてくれたら、社内のミスはみるみる減っていくでしょう。

②ノバレーゼ

結婚式の企画・運営会社のノバレーゼでは、なんとズル休みが許されています。企画力をウリにしている会社らしく、面白い理由が言えれば休みが取れるのです。これさえあれば、存在しない親族の不幸を捏造する必要はなくなります。社員のクリエイティビティを大事にするなら、ぜひ導入を。

③太陽パーツ

大阪の部品加工会社である太陽パーツ。「会社にとっての最大のリスクは、失敗をおそれてなにもしないこと」を信条にする社長がつくったのは、"失敗の表彰制度"。失敗することで、社内に挑戦していい雰囲気やノウハウを作ったとして金一封を贈ります。 1年に100回くらいは挑戦しようって気になりますね。

  この他にも『へえな会社』では面白制度をたくさん紹介しています。転職先を検討されている方はご一読をおすすめします。 社内制度のあり方から、ご自分に合った会社を探してみてはいかがでしょうか?。
転職先が決まったあとに読むと、「こんな会社で働きたかった…」って後悔しちゃうかもしれませんので、お早めに。
もっと読みたくなった方は、朝日新聞デジタルに最近の回が載っているのでぜひ。
http://www.asahi.com/business/list/company.html 


(レビュー内のマンガ画像はすべて、よしたに+朝日新聞『へえな会社』より引用)


第2弾も出てます。

やっぱり、へぇな会社 やる気と能力を引き出す意外な方法42
作者:よしたに
出版社:朝日新聞出版
発売日:2015-06-05
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事