残酷なまでの天才に、秀才は努力と執念で勝てるか?『神様の横顔』 才能を問い、芸術を問い、魂を焦がす美しき絶望と希望

マンガサロン『トリガー』2016年06月02日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神様の横顔(1) (モーニング KC)
作者:朔 ユキ蔵
出版社:講談社
発売日:2015-12-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

こんにちは、マンガサロン『トリガー』店長の兎来です。

去年の今頃、マンガサロン『トリガー』を開店するための作業が佳境に入っていた頃。忙しくて漫画を読む時間もなく、マンガコンシェルジュとしては医者の不養生にも似た状況に陥り、半ば魂の栄養失調のようになっていました。そんなある日、モーニング・ツー最新号のあまりにも艶めかしい表紙に一目で心を奪われたのです。

 届かぬものを求めるかのように、天に向かって手を差し伸べる美青年。

それは、『神様の横顔』の主人公・千鳥敬太郎の姿でした。「朔ユキ蔵先生の最新作」。それだけでもう、約束された勝利の物語です。期待感を込めて読み始めた第一話は、更にその期待の上を行ってくれました。「ああ、こういう作品に出逢うために漫画を読み続けているんだ!」と深い悦びに浸りました。こんな素晴らしい感情を与えてくれる漫画のために頑張ろう、改めてそう思わせられ、奮い立たせてくれました。

この物語の中には、こんなシーンがあります。

芸術と命の輝きは理屈を超越しとるんだ
それに触れただけで生きがいを感じ
すべての現実を忘れられるかのような瞬間を生む

空腹を忘れられる芸術を
あなたが感じたことがないのなら
そのことのほうが不幸だ

この言葉は、作中では現実の飢えや貧困、それによる死を間近にしている者に「富める者の傲慢」と断じられはします。しかし、少なくとも理屈を超越し寝食を忘れて生きる歓びを与えてくれる芸術の存在を私は沢山知っています。むしろその為に、すべてを忘れて没頭し、胸を焦がされ脳を支配されるような体験と出逢うためにこそ生きていると断言できます。

食べた野菜や肉は身体を形成しますが、鑑賞した芸術は同様に心や魂の一部となります。そして、身体と違って物質的な制約がない分、幾千幾万幾億の世界や人生を味わうことができます。一回性の人生に与えられた、限りのない派生を可能にする階。俗世の理を超えた存在。それが芸術であり表現というものでしょう。

そして、この『神様の横顔』もまたそういった理を超えた所にあることを強く感じさせてくれる作品です。

 

秀才と天才の紡ぐ物語

人間は天才が大好きです。圧倒的なパフォーマンスで周囲を、常識を、世界までもをドラスティックに改変していく。そんな天才の姿に憧れます。願わくば、自分もそんな才気を発揮したい。自分も天才だったなら……。誰もが一度は思うことではないでしょうか。『神様の横顔』が描くのは、そんな天才と、才能を渇望する秀才の物語。

才能はどこから やってくるのか?
地からわき出すように 体の中に生まれるのか?
天から降るように 与えられるのか?
持つ者と持たざる者は すでに決まっているのか?


嫌だ!!
才能が生まれた時から決まってるなんて…
俺は…信じない――!!

主人公・千鳥敬太郎のこんな独白から物語はスタートします。

そして、冒頭で敬太郎が祖父の創設した「青年劇団千鳥」の首席スターの華やかさに心奪われ、憧れるシーンが描かれます。

「僕も真ん中に立ってあの人のようになりたい」という敬太郎の原体験は十分な説得力を持っており、物語の幕開け直後から入り込んでいけます。

成長した敬太郎は容姿・実力ともに申し分なく、千鳥で学年トップの座につき将来の千鳥のスターを嘱望されていました。しかし、理事長であり義母である千鳥藤子から「千鳥初の地方試験合格者である麦蒔摂(むぎまきせつ)に会って、あなたは真の首席スターではないと解った」と宣告されてしまいます。

麦蒔こそは、秀才である敬太郎に立ちはだかる圧倒的天才。敬太郎は、同室で暮らすようになった麦蒔の才能を様々な局面で徐々に目の当たりにしていきます。

しかし、自分と掛け離れた圧倒的な才能を前にした敬太郎が陥ったのは絶望ではありませんでした。敬太郎は、麦蒔によって進むべき道を希望の光で照らされたと感じたのです。秀才の飽くなき野心にゾクゾクしつつ、滾ります。自らの凡庸さを自覚した上での戦い。それは、多くの人にとって少なからず共感できる所があるでしょう。

残酷なまでの天才と秀才の対比は、その後も切々と描かれ続けていきます。

演技することを楽しむ麦蒔と、苦しみ悩みぬく敬太郎が同時に描かれる残酷なコントラストは特に印象的です。単行本の表紙においても、一巻の全てを覆うような黒の中で正面を向いて強く唇を結ぶ敬太郎と、二巻の純白の中で天使のような翼を生やして一人だけ神様の方へ向かっているかの如く横顔で柔らかく微笑む麦蒔という明暗の描かれ方。

神様の横顔(2) (モーニング KC)
作者:朔 ユキ蔵
出版社:講談社
発売日:2016-04-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub

 

陰と光。月と太陽。果たして、敬太郎は自ら光輝き神様に正面から微笑んでもらえる日が来るのか。

 

演技での天才と秀才の激突というと『ガラスの仮面』を思い出さずにはいられないですが、『神様の横顔』はそこに留まらず彼らの間に生ずる感情も注目すべきポイントとなっていきます。ある意外な設定がもたらす関係性への波紋は、他の天才VS秀才の物語でもあまり見られない類のものです。又、1935年というのは第二次世界大戦の直前でもあります。藤子が「3年で次の主席スターを育てる」というセリフがありますが、もし育ったとしてその翌年、1939年からは大戦が開戦します。激動の時代の中で、彼らや千鳥はどんな運命を辿るのか。

ここで語った以外にも、本作には尽きぬ見所があります。特に十話は内容も、それを読んだ後に噛みしめる日本語/英語のサブタイトルも最高です。語りたくとも語れないその良さは、ぜひ読んで実感してみて下さい。

単行本が発売されて以来、マンガサロン『トリガー』の特薦棚に置いてお薦めし続けている作品。読み逃し厳禁です。
 

1話試し読み→http://morning.moae.jp/lineup/491

 

(文:マンガサロン『トリガー』兎来栄寿)

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事