支えて尽くして萌え上がれ!これが正しいファンの形『推しが武道館いってくれたら死ぬ』

上原 梓2016年06月03日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島東洋カープが好きです。

ものすごーく好きです。
人生の半分以上、応援しております。
いま、この記事も、アプリのプロ野球一球速報を見て、一喜一憂しながら書いてます。交流戦という鬼門を今年の赤ヘル打線が乗り越えられるのか、非常に気になるところですよね?え?気にならない?そんなバカな。

そんな私が今回推したい作品はこちら。

推しが武道館いってくれたら死ぬ 1 (リュウコミックス)
作者:平尾アウリ
出版社:徳間書店
発売日:2016-02-13
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
岡山県で活動する地下アイドルグループ、ChamJamの舞菜ちゃん(女性・可愛い)の熱狂的ファン、えりぴよさん(女性・美人)。彼女は舞菜の応援に全財産を注ぎ込むべく、服は全て売り払い、年頃の美しい女性なのに毎日高校時代の赤ジャージを着て暮らしている。
女性アイドルグループ好きでもある私からしたら、女性で古参オタだなんて
尊敬の念しか生まれない。
(『推しが武道館いってくれたら死ぬ』1巻より)
その愛の強さたるや……
ライブを最前列で見たら、あまりの舞菜の可愛さに鼻血が噴き出るほど!
ももクロの小さな巨人 有安杏果ちゃんを「はぁ〜!可愛い!」と涙ぐんで見る私には
えりぴよさんを笑う資格は無い。
(『推しが武道館いってくれたら死ぬ』1巻より)
舞菜がいつか武道館のステージに立つ……そんな果てしない夢を追いかけ、えりぴよさんは今日も舞菜の握手券付きのCDを買い占めて握手列に並ぶのだ。
分かる…ももクロの国立競技場ライブが決まった一報を受けて、
仕事中に号泣したもん!
(『推しが武道館いってくれたら死ぬ』1巻より)

この作品、本屋で見つけて瞬買しました!!

まずはタイトルが凄い!だって、自分の推しが武道館という天下の舞台に立てたなら……

死ぬ…死ぬよぉぉぉぉ!!!!

「推しが武道館にいってくれたら」ってのをカープに置き換えると「カープが日本シリーズにいってくれたら」ってことでしょ!?

………死ぬ!!!!!(悶絶)

リーグ優勝したら、まず泣き崩れて両膝を割りますね。そして興奮して血圧が上がって血管切れて倒れることでしょう。

だって、カープはこの25年、1回もリーグ優勝してないんですよ!25て!どこのパネルクイズだよ!(ちなみに私はカープファン歴25年です)

なので、気持ちが非常によく分かりすぎるタイトルなのです!

そしてストーリーも凄い!
ドルオタ(アイドルオタク)の生態を浮き彫りにしているだけでないのです。

まさかの純愛百合展開が複数炸裂!

この美少女2人以外に、もっと軸となる百合っぷりがあってですね…!
(『推しが武道館いってくれたら死ぬ』1巻より)

 

初恋の甘酸っぱさと一途な想いが溢れるキュンキュン系の作品が、平尾アウリ先生の可愛すぎる絵柄で紡がれるだなんて、眼福以外の何物でもありません!

キモいとされがちなドルオタですら、平尾先生の手にかかれば可愛い!
(『推しが武道館いってくれたら死ぬ』1巻より)

なんといってもこの作品、超マイナーな地下アイドルグループの、その中でも最も人気がない子を一途に愛し、声援を送り続けている えりぴよさんのファンとしての姿勢が素敵!

どんなに塩対応されても一生好き!それがファン!
(『推しが武道館いってくれたら死ぬ』1巻より)

こんな えりぴよさんの姿は、何かに熱中した経験を持つ全ての人が共感できるものなのです!!

と、熱く書き綴っている間に、結局、カープは大差で負けてしまいました…(ロッテ 13-4 カープ)しかし、そんなことは気にしない!野球版えりぴよとなり、推しが天下を取るまで、どこまでも支えて支えて支えようと、この作品を読んで改めて誓ったのでした。

昨今、大変痛ましい事件などで注目されるアイドルとファンの距離。そんな問題にも、ひとつの答えを出してくれるかもしれない作品です。是非、ご一読下さい。

まんがの作り方 (1) (リュウコミックス)
作者:平尾 アウリ
出版社:徳間書店
発売日:2009-02-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
今日も渋谷のはじっこで (Feelコミックス)
作者:平尾 アウリ
出版社:祥伝社
発売日:2013-11-08
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
夏空に、きみと見た夢 1 (フレックスコミックス・フレア)
作者:平尾 アウリ
出版社:ほるぷ出版
発売日:2012-02-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂
  • HonyzClub
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事