7/3(日)19時から!【手賀沼ジュン×トンツカタン森本×赤川広幸】アナグラタンカイブン〜漫画と言葉遊びの宴〜 Presented by 三田たたみ

マンガサロン『トリガー』2016年06月10日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

▼チケットのお申し込みはこちら
http://peatix.com/event/171822/view

6/28(updated)


三田たたみ歌集『めぐる季節の回文短歌』は
「6/25(土)発売」から「6/30(木)発売」に変更になりました。
発売を楽しみにしてくださっていた皆様、申し訳ございません。

---------------------------

言葉遊びをこよなく愛するお笑い芸人が、漫画をとことんモジり倒す!

 

言葉遊びをこよなく愛するお笑い芸人が、漫画をとことんモジり倒す!


『アナグラタンカイブン』は、回文、短歌、アナグラムなどの言葉遊びを持ちネタにする芸人さんをゲストに招き、みんなで言葉遊びを楽しんじゃおうという参加型のトークイベントです。

回文ソングで2014年の歌ネタ王に輝いた手賀沼ジュンさんと、謎のフリップ芸人(本業は芸術家)赤川広幸さんの二人が、元有名ハガキ職人であるトンツカタン森本さんを、ディープな言葉遊びワールドへ引きずり込みます。

もちろん、お客さんもネタを見て笑っている場合ではありません。

一緒に回文を作ったり、クイズに挑戦したり、しっかり『頭の体操』をしていただきます。
「言葉遊びってなに? なんだか難しそう……」と思っているアナタも、このイベントが終わった後は、立派な言葉遊びの達人になっていること間違いなし!?

イベント前半は、ニコニコ生放送ありの楽しいネタライブ。
イベント後半は、マンガ大好き回文作家・三田たたみが加わり、放送できないぶっちゃけ生トークへ突入!
そしてイベント終了後には、ゲストと交流出来る懇親会がありますので、どうぞお楽しみに♪

※今回のイベントは、6月25日発売の三田たたみ歌集『めぐる季節の回文短歌』出版記念イベントも兼ねております。当日この本をお持ちいただいた方には、懇親会にてちょっとしたお土産をお渡しする予定です。(サイン会もやります)


日 時=2016年7月3日(日) 19:00スタート [18:30開場]
会 場=マンガサロン『トリガー』
協 賛=書肆神保堂
参加費=2,000円(ドリンク代別・ワンドリンク制)

※当日参加&現金払いOK!(お問い合わせいただくとスムーズです)
※イベント終了後、登壇者を交えた懇親会があります!

▼イベントの模様はニコニコ生放送にて生中継!▼


▼出演者プロフィール
手賀沼ジュン(てがぬま・じゅん)
学生時代に結成したお笑いコントグループ「WAGE」活動休止後、メルヘン・片想い・少しのユーモア、の3つのテーマに涙と笑いが共存するエンターテインメントを日々精進中。
現在は楽曲提供などの音楽プロデューサー業も始める。
6年間のフリーを経て、サンミュージックに移籍。地元 柏のローカル活動も行っている。
MBS歌ネタ王座決定戦2014 優勝
FM NACK5「手賀沼ジュンのウナンサッタリパンツ」
好きなマンガ:ドラえもん、アイアムアヒーロー、SHIORI EXPERIENCE



トンツカタン森本(とんつかたん・もりもと)
人力舎所属のお笑いトリオ『トンツカタン』のリーダー。
生年月日:1990.1.9 出身地:東京都 特技:英語(TOEFL IBT108点)エビ反り
<主な出演>NTV「おもしろ荘」、「ニノさん」、BeeTV「芸人芸人芸人」、TBSラジオ「サタデーナイトラフ」
好きなマンガ:HUNTER×HUNTER、ヤスミーン、僕たちがやりました



赤川広幸(あかがわ・ひろゆき)
武蔵野美術大学卒業の器用貧乏人。
回文師・彫金師・イラストレーター・デッサン教室の先生・喫茶凸の中の人。
好きなマンガ:
・ジョジョの奇妙な冒険 荒木飛呂彦
・AKIRA 大友克洋
・エアマスター 柴田ヨクサル
近作だと
・黒博物館ゴーストアンドレディ 藤田和日郎
・ゆうべはお楽しみでしたね 金田一蓮十郎
・おしえて!ギャル子ちゃん 鈴木健也



三田たたみ(みた・たたみ)
回文作家。歌人。アマチュア小説家。
2010年、回文短歌にはまり、一日一回文短歌をスタート。その後ツイッター回文祭などのイベントを主催。
2016年6月25日、初の歌集『めぐる季節の回文短歌』出版。最近はネット歌会サイト『うたの日』によく出没する。
マンガサロントリガーの常連でもあり、マンガ読書量は年間約1000冊。
好きなマンガ:アルテ、響~小説家になる方法、恋は雨上がりのように、波よ聞いてくれ、清々と、ナナマルサンバツ、BLUE GIANT、町田くんの世界、東伍郎とまろすけ、鉄鳴きの麒麟児。(以上、俺マン2015投票作) イチオシは『アオアシ』。
▼チケットのお申し込みはこちら
http://peatix.com/event/171822/view

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事