あの日見たTVチャンピオンの大食いを僕は忘れられない『大食い甲子園』 デブよりも食べられるガリが勝つ

荒井 健太郎2016年06月21日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて問題です。

赤阪、新井、岸、小林、白田これらの共通点は?

 

 

 

 

大食い甲子園 1 (ニチブンコミックス)
作者:土山 しげる
出版社:日本文芸社
発売日:2010-10-08
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

そう、この問題の答えは「TVチャンピオン」の大食い選手権の選手の苗字ですね!

当時小学生だった私は大食いファイターを目指して日夜食べまくってしました。

そして、大学時代は色々なデカ盛りを食べまくってましたが…

最近20代も後半にさしかかりめっきり食べる量が減りました…

もう食べられない…そんなときに読んだのがこの漫画でした。(これでご飯700gくらい)

 

話は簡単。大食いが甲子園になった世界で、高校生たちがチームを結成して、大食い勝負でてっぺんをとりにいく漫画です。

 

(『大食い甲子園』より)
 

というかそんなに学校に大食いできるやついねーよw

もうこの漫画はこの一言につきます。

 

この漫画には更に大食いのコツが乗っているので私の実体験も交えながらデカ盛りの攻略法を漫画を通してご紹介します。

より多く食べるためにはコツがあります。

順を追って説明します。

食べ方についてなのですが、

巷でよく言われるのは 満腹に感じる前に殆ど噛まずに食べる です。

これはある種正しいです。胃の容量の許容内であれば、この方法を使えば、倒せます。

(『大食い甲子園』より)
 

ただし、どうしても勢いだけだと限界があるのです…

そこで必要になってくるのが、筋トレならぬ胃トレです。

 胃の容量をでかくする ことでデカ盛りをしっかりと食べられるようになります。

大食いをする前日は食べないようにする人が多いです。

「明日は二郎だから今日は少なめ」

こんなことをいっていたら、いつまでたっても大ダブル野菜マシマシは食べることができません。二郎に対して失礼です。それではどうしたら胃を広げることができるのか?

 (『大食い甲子園』より)
 

そう、これまた食べるしか無いのです。

ちなみに私は2kgカレーを食べる前は、

家系に毎日通い、ライスを3杯以上食べて、

寝る前に水を2L入れていました。

こうすると、たいていのデカ盛りはちょろいです。

 

食べ方のコツは 空気や水を無駄に摂取しない これに尽きるのですが、案外お腹が膨れてくると水についつい手が伸びてしまいます…

 

(『大食い甲子園』より)

胃を広げて、水と空気を取らずに、最速で食べる。このサイクルに腹筋を加えれば今日からあなたもフードファイターです!

そして、本気で勝ちたいなら、この漫画を読み込んで実践してみてください!!!

(何に勝つのかわからないですが…あと、すべて自己責任でお願いいたします!!!そして、この記事を食べても太らないとかいってる奴らに知らせてください。このぐらい食べてから太る太らないの議論をして頂きたい。by 意識の高いデブ)

「【グルメ】メタボ上等!大人気の「デカ盛り」厳選20軒」

 

大食い甲子園 1 (ニチブンコミックス)
作者:土山 しげる
出版社:日本文芸社
発売日:2010-10-08
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

大食い甲子園 2 (ニチブンコミックス)
作者:土山 しげる
出版社:日本文芸社
発売日:2010-12-08
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事