水不足×記録的猛暑の今夏は、背筋も凍るホラー『人形峠』を。 閉鎖的な因習ある田舎で起こる惨劇は好きですか?

マンガサロン『トリガー』2016年07月06日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

人形峠(1) (エッジスタコミックス)
作者:方條ゆとり
出版社:小学館クリエイティブ
発売日:2016-06-11
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

いよいよ暑さが本格化して来ましたね。
今夏はラニーニャ現象により、猛暑になると予想されていましたが、今後ますます暑くなっていきそうです。

エルニーニョ現象は、赤道日付変更線付近から南米ペルー沖にかけて海水温度が例年より高くなる現象で、これが起きると世界中で大雨やスコール、ハリケーンが発生し、日本でも冷夏や日照不足、台風などの被害が起きやすくなります。一方、ラニーニャ現象は逆にその海域の温度が低くなることで、太平洋東側が低気圧になり、その反動で日本の方は高気圧に覆われ晴れの日が続きやすくなるのです。

ただ晴れやすくなるのであれば、気分も良くなりそうなものですが……恐ろしいことにラニーニャ現象が起こった2010年は記録的な猛暑となり、熱中症で倒れてしまった人が過去最高を記録しました。

更に、今年もラニーニャの影響で梅雨が短く雨もあまり降らなかったことで、現在関東では水不足が起こっており既に利根川水系で10%の取水制限が行われています。記録的な猛暑×水不足により、今夏熱中症で倒れてしまう人は過去最高記録を更新してしまうのではないかとも心配されています。

皆さんも水を大切にしつつ、しかし水分補給は怠らずに気を付けて過ごしましょう。

さて、そんな暑い夏に水もクーラーも無くても涼むために!
今回お薦めしたいホラー漫画が『人形峠』です。

 

閉鎖された村で起こる「人形」のもたらす惨劇

本作は『マッシブドライブ』『晴明さんはがんばらない』でお馴染みの、方條ゆとり先生望月菓子先生のコンビによる最新作。現代の田舎を舞台にした古き良き和風ホラーサスペンスとなっています。

三泊四日のホームステイでの農村体験をしに幸神村(こうじんむら)に来た、城南高校2年C組の生徒たち。

スマホに電波も入らない地で、ログインボーナスが貰えない……と嘆きながらも、青井たち3班は支倉家に厄介になることに。

支倉家のかわいい一人娘、宵子ちゃんが家を案内してくれるものの、男子の部屋には人形が一杯で不穏な気配。

そして、庭にある怪しい蔵には案の定「近付くな」というお達しが……。

宵子ちゃんの豹変が恐ろしい!

その後も、支倉家の人間の言動はどこか不審感を抱かせ続けます。
更に、村と外界を繋ぐ唯一の人形峠トンネルでも、青井たちが知らぬ間に異変が……!

次々と起こる事件。
人形にまつわる秘密。

彼らが「見て」しまったものとは……

果たして、青井たちは村から生きて帰ることができるのか――

和風サスペンスホラーとしては非常に王道で、「ダメ、絶対」→「でも禁忌に触れる」→「災禍がもたらされる」という流れになっています。

先生ー! 右ー! 右ー!

「あー、これ絶対ダメなやつだー、あー、あー……ほらーー~!! あ~~~!」

「あー、もう絶対怪しい! 怪しすぎる!! ……あーやっぱりー! あ~~~……」

と、先の展開がある程度予想できても、その上で楽しめます。予想だにしない驚愕も。

それにしても、田舎の因習を絡めたホラーというのは根強い人気を持っています。何故でしょう。もしかしたら、私たちの祖先の実体験に基づく古の記憶がDNAに刻まれているのかな、などと考えます。記憶、とりわけ強いストレスを感じる恐怖体験の記憶は遺伝子に残り遺伝する、という説もあります。日本人の古代からの生活様式における強烈な体験が、ノスタルジックさと共に蘇るのかもしれません。

この『人形峠』もまた、方條ゆとり先生らがコミカライズで携わっていた『ひぐらしのなく頃に』を髣髴とさせるような絶妙な雰囲気の恐怖が、少しずつ環境が狂って行く恐ろしさが、そして強いヒキがあります。衝撃的な展開に目を離せず、早く続きを読みたくなること請け合いです。

背筋も凍る和ホラー。この夏の「涼」に、お薦めです。

(文:マンガサロン『トリガー』兎来栄寿)
 

晴明さんはがんばらない(1) (ポラリスCOMICS)
作者:方條ゆとり+望月菓子
出版社:ほるぷ出版
発売日:2014-05-15
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

ひぐらしのなく頃に 綿流し編(1) (ガンガンWINGコミックス)
作者:竜騎士07
出版社:スクウェア・エニックス
発売日:2005-12-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

方條ゆとり&望月菓子先生の姉妹ユニットによるこれら他作品も面白いので、併せてどうぞ。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事