エロ期待してたら希望に打ちのめされた。『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』

佐伯 英毅2016年07月07日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物語の結末を、最初に観客に観せる手法がある。観ている側の想像を掻き立てつつ、「なぜ、その結末に至るのか」が描かれていって、最後に予想を裏切られるのは、気持ち良さがある。

この『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』も、主人公(著者)が、レズビアン風俗で、お姉さんと裸で対面しているシーンから始まる。

 

エロそうなおねえさんが「ごろんして」とイイ感じに誘ってくれているのだが…どうも主人公は怯えきっていて、隠してるハゲがあり、自傷の跡もびっしり。
ここらへんで、単行本表紙のピンクの感じや、
裸の女子2人、そしてカバー中央の
乳首の突起(!)から、
仄かにエロ展開を期待していた僕は、
「あれ…絵は可愛いけど、
どうも様子がおかしいぞ…
単なるエロ漫画ってわけじゃない…?」

と気付いた。

そんなプロローグから彼女が、
「なぜレズ風俗に行くことになったのか」が描かれていく。
楽しい高校生活から一転、大学を中退し、
鬱と摂食障害になった過去。
ここから、レズビアン風俗に行くまでの
10年間の、自分の心情や、
置かれていた状況に対しての、
すさまじい分析と言語化が行われる。

たとえば、体調不良や、怪我、身体の痛みで、自分がボロボロになっていくことへの嬉しさについて、作中ではこう描かれていた。 

おお…「心」の不可視の痛みより、「身体」に可視のダミーの痛みをつくって見る方が落ちつく…自傷するってそんな精神状態なのか…

 と、このようにかなりヘヴィーな精神状態が描かれ続けるのだが、読んでいて不思議と、凄い暗い気分になったり、気分が悪くなったりはしない。
なぜなら、この漫画自体が、
時間と労力をかけて分析・言語化されて、
「不可視の心の痛み」が説明されて、
ルポ漫画に昇華されているもの
だからだ。

そして、そのルポ漫画が、
Pixivで480万PV超という大人気で、
単行本化されていて、単行本の売行きも
現在4刷り(重版出来×4回!)
という事実が前提にある。
『さびしすぎてレズ風俗行きましたレポ』購入者限定で、とあるレズビアン風俗で、2000円割引のキャンペーンまで起きている。どんだけだ。
レズ風俗スタッフブログ「レズ風俗大阪レズっ娘クラブ&レズ鑑賞クラブティアラのスタッフ御坊(おぼう)のブログ」へ】
(ちなみにここは、著者・永田カビさんが初めて訪れた、漫画に登場したお店なんです。)

その前提は、ものすごい希望であり、
途中、どんなどん底な状態が描かれても、
暗にハッピーエンドが約束されている物語なのだ。

果たして、
レズ風俗にいったら、人は変わるのか?
どん底からどう立ち上がったのか。
何が、彼女を奮い立たせたのか。

それは、ぜひ読んで確かめていただきたい!(大声)

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ
作者:永田カビ
出版社:イースト・プレス
発売日:2016-06-17
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

  僕は、この漫画の形をした「希望」を応援したい。
このルポ漫画は完結しているが、
もちろん著者・永田カビさんの人生は続いている。

そして今は『一人交換日記』という漫画を連載していて、
またしても人生との闘いをルポしている。
【『一人交換日記』を読む】
単行本を買ったり、WEB連載を読んだり、
感想をツイッターでつぶやいて拡散したり。
そんな形で、読者からの応援が届けば、
永田カビさんが持っている、赤裸々で面白い漫画を描く力によって、
言語化できない苦しみから、救われる人が増えるかもしれない。
それはとっても、素敵なことだと思う。

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事