性に操られ、女性をみにくく汚して生きていく男たちにサヨナラ『先生の白い嘘』

堀江 貴文2016年07月10日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
先生の白い嘘(5) (モーニング KC)
作者:鳥飼 茜
出版社:講談社
発売日:2016-05-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

世の中は意外に倒錯したトラウマだらけの性癖をもった人たちが多いのかもしれない。この漫画をみて感じた事だ。私はもう43歳。いろいろな事を経験してある意味達観しているところもあれば厨二病的なマインドも持ち合わせている。厨二病的マインドが無くなると完全に性的に枯れてしまうんじゃないかって思ってしまう。この漫画に登場するけど人物達は厨二病からヤリチンから美少女からレイプされた事がある先生まで様々だ。いわゆる鬼畜クラスタに属するもの達も登場する。

処女をレイプするのが至上の喜びというトンデモない奴に犯された女性も自らの行動を正当化するために色々な理屈を捏ねてレイプした彼を愛そうとする。いわゆるダメんずの要素を全て兼ね備えているような女性も登場する。彼女なりの理屈をこんなに赤裸々に描いた漫画は初めて読んだかもしれない。オムニバス形式で各登場人物の視点から様々な性的倒錯を描いていくのである。そしてその全てが生々しい。

鳥飼茜『先生の白い嘘』

高校でいちばんモテる女子高生も実の兄貴とただならぬ関係にあり、相当倒錯してるし、処女レイプ野郎もトラウマを抱えてしまう。そして主人公とその相手はもっと倒錯している。人間というものはこれほど他人の事を気にして、そして自分にコンプレックスを持って生きなければならないのか、その極限を示していたりする。付き合うってなんなのだろう、結婚するってなんなのだろう、子供作るってどういう事なんだろ?

鳥飼茜『先生の白い嘘』

そんな結局堂堂巡りにしかならないような事をみんなクチクチと考え、この漫画の登場人物のようになり、時に妥協し人生を終えていくのかもしれない。私はそんな生き方まっぴらごめんだが、この漫画に共感する人は多いと感じる。


鳥飼茜『先生の白い嘘』
 
 
先生の白い嘘(1) (モーニング KC)
作者:鳥飼 茜
出版社:講談社
発売日:2014-02-21
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事