整形しないで美人になれる方法があるとしたら。外見コンプレックスからの脱却はできるのか『アトリエ777』

佐藤 茜2016年07月09日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトリエ777(1) (BE LOVE KC)
作者:きら
出版社:講談社
発売日:2016-02-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

かわいいは正義。
美しいは権力。
どちらも無い人間はどうしたらいいんだろう。

主人公の美空は25歳のヘアメイク。モデルを支える黒子として雑誌「MON」の表紙担当にも抜擢され、充実した日々を送っていた。でも美空には、平凡な見た目の自分とは対照的な元モデルの妹に、だれにも明かせない気持ちがあった。そんなある日、街中で心ない言葉に傷ついていた美空に、見た目も中身も予想外の救世主が現れる。というのが、あらすじ。

この主人公の美空の置かれた立場がとてもつらい。何かと言えば可愛い妹と比較されます。
 

子供だって会話の裏側を分かっている。『アトリエ777』きら(著) 講談社 123P

 

バレンタインの日にメイクしてチョコレートを渡したあとの会話です。このデリカシーの無さときたら(照れ隠しかもしれないけど、これはアウトだ)。『アトリエ777』きら(著) 講談社 125P

 が、特に自傷などに走る訳ではなく、ヘアメイクとして———美の裏方として———生きる道を獲得するものの、どこかで容姿へのコンプレックスがぬぐえません。

心の上に、虚構を上書きする。『アトリエ777』きら(著) 講談社 19P

そんなときに出会ったのが、天使(あまつか)・通称エンジェルと、伴(ばん)・通称バンチョー。エンジェルを通して、美空はある手段で美しい妹の顔を手に入れるのですが、はたして…。ちなみにその手段は魔法ではありません。非常に現実的な手段です。ぜひ作品でお確かめください。

 

気遣い屋さんのエンジェル。『アトリエ777』きら(著) 講談社 52P

物事をはっきり言うバンチョー。エンジェルとバンチョー、キャラクターが全く異なる二人のテンポのよい会話も見所の一つ。『アトリエ777』きら(著) 講談社 139P

容姿のコンプレックスを持っている主人公ではあるのですが、それでずーっといじいじぐじぐじ延々悩んでいるような描写はありません。むしろ、普段はからっと元気に明るい、コミカルなやりとりのシーンも数多く描かれており、全体としての雰囲気はあくまで軽やか。しかし、ふとしたときに、コンプレックスがどろっと漏れだす。このさじ加減が絶妙にリアル。精神科に通うほどではないけれど、心の中にコンプレックスがある人の日常と絶妙にリンクします。さすが、『まっすぐにいこう。』や、『パティスリーMON』、『僕らはみんな死んでいる♪』を描いてきたきら先生、としかいいようがありません。

私の場合も、もういい年齢なので容姿については一定のあきらめがついてます。仕方が無い、悩んで綺麗になるわけでもなし。が、やはり学生時代「ブース!」と言われた記憶がふとよみがえり、右ストレートでぶっとばして東京湾に沈める…のではなく悲しみに沈むことも、まぁ、無い訳ではない(社会人になると流石に皆さん大人なのでブスだなぁと思ってても言わないし)。

人生は、どうにか折り合いをつけて自分の容姿と向き合い生きていかねばなりません。美空も、妹の顔を手に入れても無駄だということをまざまざと実感し、大きな人生の舵をきることになります(が、多分コンプレックスを解消したわけではない)。

刊行はまだ2巻、これから美空はコンプレックスをどう昇華していくのか。
どんな答えにたどり着くのか、続刊を心待ちにしています。

外見についての悩みがある方はもちろん、男性キャラがとても格好いいので、目の保養にするのもよし、真理をつく会話を堪能するのもよし。

オススメです。

アトリエ777(2) (BE LOVE KC)
作者:きら
出版社:講談社
発売日:2016-05-13
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

まっすぐにいこう。 (1) (マーガレットコミックス (2141))
作者:きら
出版社:集英社
発売日:1993-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

パティスリーMON (1) (QUEEN’S COMICS―YOU)
作者:きら
出版社:集英社
発売日:2006-12-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

僕らはみんな死んでいる♪ 1 (クイーンズコミックス)
作者:きら
出版社:集英社
発売日:2010-10-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事