もはや世界で社会現象に! 全米で1位の『Pokemon GO』。日本の樹海でどんなポケモンが登場するのか楽しみで仕方がない やはり富士の樹海周りではシャドーポケモンが多く出たりするんでしょうか。

増田 桂己2016年07月13日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポケットモンスターSPECIAL (1) (てんとう虫コミックススペシャル)
作者:日下 秀憲
出版社:小学館
発売日:1997-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

連日ニュースやSNS上で話題になっている『Pokemon GO』。7月6日にアメリカとオーストラリア、ニュージーランドで公開されてサーバーダウンするほど人気になっていますね。日本でも今週リリース!? などと言われておりますが、早く出てほしいものです。

自分はポケモン世代ではないのですが、実は二社目に入った会社が株式会社ポケモンで、古巣ということもあってちょこっとだけおっさん世代にしては興味があったりするのであります。

ちょうどハワイに行っている友人から『Pokemon GO』現象の一部を教えてもらいました。

これ、夜の23時らしいです。

右も左も『Pokemon GO』…!

大丈夫ですかハワイ! 大丈夫ですか世界!


おっと、ここはマンガHONZ、マンガのレビューをするサービスなのです。マンガのレビューをしなくては…!
ということで、ポケットモンスターのKindle版を恥ずかしながら初めて読んでみました(すみませんポケモン社の皆様、在籍時に読んでいなくて…)。

 

ポケモンのマンガを読んでみた

 

主人公の男の子は、マサラタウン出身ということは、アニメの歌詞にもあったように周知の事実かと思います。マンガはマサラタウンのシーンから始まります。

ポケットモンスタースペシャル(1) (てんとう虫コミックススペシャル)より

(マサラタウンって南国だったんですね)

ポケットモンスタースペシャル(1) (てんとう虫コミックススペシャル)より


主人公の男の子のサトシは、ポケモントレーナーで…え!? あれ、なんか雰囲気が違う…そうなんです、結構驚かれる方も多いんじゃないでしょうか、なんとマンガ版の主人公はサトシじゃなく、レッドという名前なのです。オーキド博士やカスミちゃん、タケシは普通に出てきます。

ポケットモンスタースペシャル(1) (てんとう虫コミックススペシャル)より

そしてライバルっぽい少年の登場、名前はグリーン。あ、なるほど。ポケットモンスター赤・緑ですもんね、最初のゲーム2タイトル。ちなみにグリーン君はオーキド博士の孫です。

 

ピカチュウは意外と登場が遅い

さてさて、ポケモンといえば表紙にも出ておりますピカチュウが大人気ではございますが、初登場はなんと4話です。4話目にして初めて出てまいります。

ポケットモンスタースペシャル(1) (てんとう虫コミックススペシャル)より

あれ、これまたなんか雰囲気が…思ってたピカチュウと違う!!

ポケットモンスタースペシャル(1) (てんとう虫コミックススペシャル)より

ちなみに結構ツンデレです。というか1巻目はまだまだツンです。サトシが、いやレッドがピカチュウと仲良くなるのはいつのことか、続きは皆さま読んで確かめてみてください。

ポケットモンスタースペシャル(1) (てんとう虫コミックススペシャル)より

Amazonのレビューは4.5と非常に高評価です。ワクワクを思い出させてくれる、などあのころのポケモン熱やワクワクは大人になっても忘れないものなんですね。ええ話や。

ちなみに、ポケモンの公式サイトでは夏ということもあってシャドーポケモンが登場する4コママンガも掲載しているようです。『Pokemon GO』の日本語版がリリースされたら、やはり富士の樹海周りではシャドーポケモンが多く出たりするんでしょうか。

はたまた樹海だけにジュカインが現れたりするんでしょうか。(すみません)

アメリカではホワイトハウスがポケモンジムに指定されていて、そこにドーンとカメックスがいたりと遊び心がたくさんです。
そのあたりの遊び心に期待しつつ、日本語版の正式リリースをマンガを読みながらじっと待つことにします。

ポケットモンスターSPECIAL (1) (てんとう虫コミックススペシャル)
作者:日下 秀憲
出版社:小学館
発売日:1997-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事