ハラショー!イブニング編集部! BL界の巨匠ヨネダコウが青年誌に初登場 ボーイズがラブしてなくても最高潮に絶好調で万歳三唱『Op -オプ- 夜明至の色のない日々』

佐藤 茜2016年07月13日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

イブニング 2016年14号 [2016年6月28日発売] [雑誌]
作者:水城せとな
出版社:講談社
発売日:2016-06-28
  • Amazon Kindle

 ありがとう…!
ありがとうイブニング編集部…!!!
まさかヨネダ先生の新作が青年誌で拝める日がくるなんて…!!!

ヨネダコウ先生といえば、BL界に燦然と輝く巨星です。2008年にサラリーマンの恋愛を描いた『どうしても触れたくない』でデビューと同時に大人気。2014年5月31日公開には実写映画化(繰り返しますが、アニメじゃなくて、実・写・映・画です!)。渋谷イメージ・フォーラムでレイトショーの単館上映が2週間連日超満員の好評を受け、上映期間を8/1まで延長し異例のロングラン。地方上映も好評で上映延長。発売したDVDは、オリコン週間DVD映画チャートで第1位を獲得。もちろんその後に出した『NightS』『囀る鳥は羽ばたかない』(第3回フラウマンガ大賞)、『それでも、やさしい恋をする』(『どうしても触れたくない』のスピンオフ)も、すべて「このBLがやばい!」(宙出版)にランクインするなど、その人気はとどまるところを知らず、もはや「出すものすべて傑作」「ヨネダコウ作品にはずれなし」状態。安心と信頼といえば日立グループかヨネダコウ先生です。いつもありがとうございます先生!(Amazonに寄せられた☆の数はもはや多すぎて天の川状態です。ミルキーウェイならぬヨネダウェイ、ぜひ一度ご確認を。)

そんな中、青年誌イブニング編集部での連載が開始。こりゃあもう期待するしかないじゃないですか…!不定期シーズン連載でも関係ない!いい女に会えるならいくらでも待つだろ!そういうことだ!!

フリーの保険調査員・夜明至(よあけ いたる)のもとには、いつもやっかいな依頼が持ち込まれる。
今日の依頼は銃の暴発事故の保険調査。銃の暴発は、事故か自殺か、殺人か……。
調査を進めるなか、夜明のもとにさらなる「やっかいごと」が舞い込み——。
(イブニング編集部 サイトあらすじより抜粋)

ヨネダコウ先生の特徴といえば、もう出てくるキャラクターがこれでもかという位に格好よいこと。格好よい、といっても、大富豪とか、御曹司とか、天才とかの非現実スパダリ(スーパーダーリンの略:なんでもできて、なんでも察してくれる存在。最強の攻め)ではなく、現実的に存在しそう、かつ、心魅かれる存在。こんな人が職場にいたらな〜、毎日楽しい(けど好きでつらい)んだろうな〜という感じがする人ばかりです。

で、そう思う理由は沢山ある訳ですが、その1つが「何か過去がありそうだ」という雰囲気。バックボーンの闇が深ければ深いほど、まるでブラックホールのようにその人物に入れこむ確立は高くなります。悲劇は人を美しくするよね。

が、これは結構危険で、筆力の足りない人がバックボーンに闇を抱えるキャラクターを描いてしまうと、まだ読者がキャラクターに興味を持ててないのにキャラクター語りを始めさせてしまい、「たまたまバーで隣に座った人が急に過去の経歴を自慢し始める」ような興ざめを感じさせてしまいます。が、もちろん本作ではそんな心配はなし!5W1Hをきちんと置いつつも、その裏側をチラ見せして、「この人ってこういってるけど本当はどんな人なんだろう…」と興味を魅かせる箇所が沢山。後半ももちろん読みましたが、どうしたらこんなに最悪な過去を考えだせるんですか(しかもまだ全部出し切ってないのに)!ああ、もう、好き…!ちなみに、BL要素はありません。先生もインタビューで「なんか青年誌って感じですね!」っとおっしゃっていたとのこと(講談社コミックプラスインタビューより)。あるのは心揺さぶる人間ドラマです。

本作は、雑誌「イブニング」14号(6/28発売)と、15号(7/12発売)の前後編で掲載されていて、もちろんまだ単行本にはなっていません。が、ご安心ください。今は雑誌も電子版で読めるんです。いい時代だなぁ。ということで、今からでも前編に追いつけます。

物語は、夜明が1つの事件を依頼され、解決されているまでが描かれています。が、ここで終わるわけがなく、この後、どれだけの物語が待っているのだろうか…!と期待せざるをえない箇所が沢山!ああ、次の連載が楽しみだ!!!!

伝説の始まりに追いつくなら今です。

オススメです。

イブニング 2016年15号 [2016年7月12日発売] [雑誌]
作者:みずしな孝之
出版社:講談社
発売日:2016-07-12
  • Amazon Kindle

 こちらには後編が掲載されてます。

 

どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)
作者:ヨネダ コウ
出版社:大洋図書
発売日:2008-09-01
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 男性ファンも多いヨネダ作品。

 

どうしても触れたくない [DVD]
監督:天野千尋
出版社:ポニーキャニオン
発売日:2014-09-17
  • Amazon

NightS (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)
作者:ヨネダ コウ
出版社:リブレ出版
発売日:2013-02-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

  

囀る鳥は羽ばたかない 1 (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 129)
作者:ヨネダ コウ
出版社:大洋図書
発売日:2013-01-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

それでも、やさしい恋をする (H&C Comics/CRAFTシリーズ)
作者:ヨネダ コウ
出版社:大洋図書
発売日:2014-04-01
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 過去のレビューはこちら
世界で一番純粋な愛の物語『それでも、やさしい恋をする』
 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事