異種格闘技戦、一番強い格闘技は一体どれだ!「刃牙」

中野 壮一郎2016年07月13日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人は好き嫌いを先入観で決めてしまうことがよくあります。食べ物ではよく「食わず嫌い」がその表現として使用されています。

私は回転寿司に行くと、真鱈白子の軍艦をいつも食べますが、友人にそのたび、「よくそんなものを食べれるね」と言われます。確かに見た目は気持ち悪く、その上、白子とは魚の精巣であることを考えると、嫌だ!食べたくない!と思ってしまうでしょう。その気持ちはわかります。ですが同時に、そんなことは一度忘れて、食べてみてほしいとも思います。なぜこんなにも美味しい食べ物を食わず嫌いしていたんだと感じるはずなのに。

そういう食べ物や飲み物はたくさん存在します。白子でなくとも、「今まで食べてこなかったが、食べてみたら美味しかった」という食べ物に出会った経験は、人は皆持っているものです。

見た目や先入観で嫌ってしまう行為は損であることに、身を持っているはずだけれども、なかなか、一歩を踏み出しにくい。
これはマンガにおいても言えることで、「つまらなそう」「絵が苦手」といった理由で「読まず嫌い」をしてしまっていることがあります。

今回、ご紹介するマンガ「刃牙」は、「絵が苦手」と先入観を持たれてしまっている典型的な作品です。しかし、一度読むと、虜になってしまうこと間違いない作品でしょう。

私は高校生の時、「刃牙」の面白さは読めばわかるはずだ、と思い、学校に全巻持って行きました。すると、初めは「絵が無理」「喧嘩マンガでしょ」と言っていた友人たちが「刃牙おもしろい、やばい」と、どんどんハマっていったのを覚えています。

その「刃牙」の面白さは、異種格闘技戦にあります。去年、マニー・パッキャオvsメイウェザーの最強決定戦が行われ、マニー・パッキャオは世界5階級制覇、メイウェザーは世界6階級制覇と、最強と謳われた二人は全世界が待望の試合でした。みんな、こういう戦いは見たいのです。それが同じ格闘技ではなく、ルールなしの総合格闘技だったらと思うと、想像は広がるばかりです。「刃牙」はその対戦を描いています。

塩田剛三をご存知でしょうか。身長154cm、体重46kgと、小柄な体格でありながら、「生ける伝説」と謳われた、合気道の達人です。屈強な男が、小柄な塩田剛三に、投げられ、押し付けられ、とされている映像は、インチキだと疑われるほどでした。1962年、来日したロバート・ケネディも塩田剛三を疑いましたが、倒してこいと向かわせた自らのボディガードが、達人の前に倒れる姿を見て認めた、という有名な出来事があります。
彼は、「刃牙」の中で、渋川剛気という名前で登場します。このような格闘技の猛者が、たくさん登場するのがこのマンガの特徴の一つです。

板垣恵介『範馬刃牙』
板垣恵介『範馬刃牙』

このアイアン・マイケルは、マイクタイソンがモデルです。
現在も、週刊少年チャンピオンで「刃牙道」という名前で連載中しており、宮本武蔵vs中国拳法といった異種格闘技戦が繰り広げられています。

板垣恵介『範馬刃牙』


「グラップラー刃牙」、「バキ BAKI」、「範馬刃牙」、そして現在連載中の「刃牙道」と、4シリーズがあります。当然、初めから読むのが一番ですが、どのシリーズから、読み始めようと、かなり面白いです。私は「範馬刃牙」から読み始めました。
そして今では、格闘マンガは、板垣恵介先生が一番だと思っています。
読まず嫌いをしてしまっていた方はもったいない!ぜひ、一巻読んでみてほしい作品です。

「グラップラー刃牙」と「刃牙道」のKindle版は一巻無料で読めます。

 

 

 

グラップラー刃牙完全版 1―BAKI THE GRAPPLER (少年チャンピオン・コミックス)
作者:板垣 恵介
出版社:秋田書店
発売日:2007-12-07
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
バキ―New grappler Baki (No.1) (少年チャンピオン・コミックス)
作者:板垣 恵介
出版社:秋田書店
発売日:2000-01
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

範馬刃牙 1 (少年チャンピオン・コミックス)
作者:板垣 恵介
出版社:秋田書店
発売日:2006-04-07
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
刃牙道 1 (少年チャンピオン・コミックス)
作者:板垣 恵介
出版社:秋田書店
発売日:2014-05-08
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事