ドMな言いなり女子 VS 倫理観が崩壊した男子達。ツッコミたくなる変態インフレバトル漫画『生徒会副会長矢上さゆりは頑張っている!』

佐伯 英毅2016年07月14日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツッコミながら楽しむコンテンツがある。

漫画なら『監獄学園』『中間管理録トネガワ 』
アニメなら『人造昆虫カブトボーグ V×V』
『KING OF PRISM by PrettyRhythm』
(通称“キンプリ”)などが当てはまるだろうか。『テラスハウス』も近いものがあるかもしれない。

その作品の世界観には、「ツッコミ」が存在せず、作品が発している本気のボケに対して、視聴者や読者がツッコミ、「おかしいだろ!」と思いながら楽しむ。

今日は、そんなツッコミどころ満載な、
ほぼ倫理観の崩壊した人物しか登場しない、変態学園マンガ(全4巻)を紹介する。

生徒会副会長矢上さゆりは頑張っている! (チャンピオンREDコミックス)
作者:稲光伸二
出版社:秋田書店
発売日:2015-03-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

  1巻の帯には、『殺し屋1』
『ホムンクルス』『HIKARI-MAN』
で知られる、漫画家・山本英夫が、

「真面目な生徒会女子が裏ではド変態ヒロイン!!ツボを突きまくりの展開に脳勃起発生です!!」
とコメントしていた。

え…脳勃起ってなに?

とコメントから既に頭に疑問符が湧く。
単行本の裏に書いてあるあらすじは、

私立朝葵高校には、ひとつの伝説があった。中庭の女神像に処女の脱ぎたてパンティを捧げると、女神が救いの手を差し伸べるという。そして、女神に代わって正義を実行する者がいた。その名はミスティック・ハート、またの名をドM仮面という。羞恥心のパラメーターがMAXに達すると、変態の血が覚醒し、人間の潜在能力を極限まで引き出した究極変態超人「ドS仮面」へと変身するのであった。<新感覚>学園変態ヒロイン、ここに誕生!!

…もう、ムチャクチャである。
本編はもっと大変なことになっている。
主人公である矢上さゆりこと「ドM仮面」が
盗撮魔を捕らえるために、生徒会長の命令で、写真部に潜入捜査したシーンを観て欲しい。

 

 

 完全に味方がいない。

副会長が、絆創膏公開レベル
追いつめられても、
「寄って!もっと胸をズームするのよ!」
とかなり楽しそうな生徒会長。
悪(倫理観のおかしい男子生徒)を
退治する組織である生徒会の会長もまた、
倫理観の崩壊したサディストなのだ。

そして、生徒会長の乱行に劣らず、
巻が進めば進むほど、
敵側の変態男性陣も過激化していって、
変態インフレが起きていくのである。

後半、一般生徒との接触は危険として、
特別校舎に幽閉された者の
中でも最悪な男子生徒4人衆

「四忌屍(よんきし)」が登場する。

 

 

キモヘビガメって自分で名乗るメンタル凄いな…
そして、このキモヘビガメは、その名に恥じない特技を持っている。

もう念能力である。

普通の人間の域から、
ちょっとずつ離れていく敵の男子。
極めつけは、「ドM仮面」に闘いで負け、
フリチンで校舎に放置され懲戒免職になった、変態体育教師・田端先生。
彼の復活シーンも見ていただきたい。

 

「ロリコンか!」ではない。コイツは人外である。

1巻からトバしすぎているため、
完全に変態インフレが起きており、
その結果がキモヘビガメ田端先生である。
こんな哀しきモンスター達に対し、
主人公のドM仮面は、どう闘っているのか。

必殺技と、勝ちパターンは卑猥すぎるので、あえてこのレビューでは書かないが、ツッコミどころが満載で、全4巻なので、ぜひ読んでみてほしい。
きっとその下らなさに、
ツッコまずにはいられないだろう。

生徒会副会長矢上さゆりは頑張っている! (チャンピオンREDコミックス)
作者:稲光伸二
出版社:秋田書店
発売日:2015-03-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

生徒会副会長矢上さゆりは頑張っている! 2 (チャンピオンREDコミックス)

生徒会副会長矢上さゆりは頑張っている!  3 (チャンピオンREDコミックス)
作者:稲光伸二
出版社:秋田書店
発売日:2016-02-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
生徒会副会長矢上さゆりは頑張っている! 4 (チャンピオンREDコミックス)
作者:柚木N' 稲光伸二
出版社:秋田書店
発売日:2016-06-20
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事