本場イタリアのコーヒーのほうが日本のコーヒーよりも苦いのはなぜ?『バリスタ』

味博士2016年07月15日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本とイタリアではコーヒーの味が違う

人々を魅了する魅惑の飲み物、コーヒー。バールのカウンターに立ち、コーヒーを淹れる職業に従事する人のことを“バリスタ”と言います。そんなコーヒーを淹れるプロフェッショナルである蒼井香樹の奮闘を描いた本格コーヒー漫画「バリスタ」。コーヒーにこだわりがあってもなくても、読めばついつい「おいしいコーヒーが飲みたい…」そんな気持ちにさせる漫画です。

バリスタの第1話は、日本人が主人公の勤めるイタリアのバールに訪れるところから始まります。

バリスタ 第1巻 episode.01より引用

 

異国の地で突然日本語で話しかけられると自分も日本人なのに「あなた日本人なんですか!?」と言ってしまう…旅行あるあるですね。

メニューが読めず戸惑う日本人の彼が注文したのはカッフェ・マッキアート。

バリスタ 第1巻 episode.01より引用

しかし、出てきたのはカッフェ・マッキアートよりもミルクの量が多いラッテ・マキアートだった?!

バリスタ 第1巻 episode.01より引用

「せめて注文時に言ってほしい」とこの彼も思ったのではないでしょうか。しかしこれも主人公、コーキ流のサプライズ。

おそるおそる飲んでみると…

バリスタ 第1巻 episode.01より引用

なぜ違うメニューを出したのか?それは 「イタリアのカッフェは日本よりも味が濃い」から。

苦すぎて口に合わないコーヒーを出すくらいなら、オーダー済みのメニューを改変してでもその人にとっておいしいものを提供する…これがプロでしょうか。

ところで、こういったコーヒーの味の違いなぜ発生するのでしょうか?製法の違いもありますが、それ以前に日本とイタリアでは水が違います。

そう、日本は軟水イタリアは硬水ですよね。

というわけで、軟水と硬水でコーヒーの味がどれだけ変わるのかを、味覚センサーで可視化してみました。

味覚センサーで検証

一般的にはコーヒーのお湯に“硬水”を使うと苦味が際立ち、“軟水”を使うとまろやかになると言われていますので、この2つの味に注目して検証してみました。

まずは「苦味」の結果をどうぞ!

見事に硬水のほうが苦味が高い結果に…。

理由としては、コーヒーに含まれる苦味成分が軟水よりも硬水に溶け出しやすいためであるといわれています。

次に、「まろやかさ」についても検証。まろやかさの定義は多種多様ですが、味博士の研究所では基本5味(甘味・旨味・塩味・酸味・苦味)の数値の分散を用いた独自の計算法で、まろやかさの指標のひとつを算出しています。

まろやかさでは軟水のほうが高い傾向に!こちらは軟水を使ったコーヒーのほうが各味覚の数値のばらつきが少なかったため、口当たりが優しい=まろやかであると考えられます。

本場の味に近いコーヒーを飲みたいかた、苦いコーヒーがお好きなかたは、ぜひ硬水を使ってコーヒーを淹れてみてください♪

ちなみにコーヒーをおいしく飲む方法として、インスタントコーヒーをフライパンでから煎りしてから淹れるとコーヒーの香ばしさがアップします。ちょっと手間をかけるだけで、お家でもコーヒーの上品な香りを楽しめますので、こちらもぜひ試してみてください!

バリスタ 1巻 (芳文社コミックス)
作者:むろなが供未
出版社:芳文社
発売日:2010-03-16
  • Amazon Kindle
  • 漫画全巻.com
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事