あなたは「飼いたい」?「飼われたい」?ヒミツの学園ラブコメ『S渡さんとM村くん』

マンガサロン『トリガー』2016年08月03日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

S渡さんとM村くん (1) (カドカワコミックス・エース)
作者:英貴
出版社:KADOKAWA/角川書店
発売日:2016-03-02
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 あなたは「飼いたい」?「飼われたい」?ヒミツの学園ラブコメ『S渡さんとM村くん』

 

あなたはSですか? Mですか?

はっきり認識している人もいるでしょうし、そうではない人もいるでしょう。そして、人は潜在的にはどちらの要素も持ち合わせているもの。自分でSだと思っていても実は、ということは往々にしてあります。

そういう意味で、これは危険な本かもしれません。何故なら、まだ自分自身ですら知らなかったあなたの性癖を露わにしてしまう恐れがあるから。全く感じたことのない悦びや欲望に支配されてしまうかもしれません。

しかし、そんな感情を認識したとして、普通の人にはこんな最高の美少女に飼って貰う機会も、最高の眼鏡男子を飼う機会もまず訪れないという苦悩も生ずるでしょう。ただ、「本当の自分」を知っておくことは真の幸福への道かもしれません。心の奥底に押し込めていたものを解放するのは、最高に気持ち良いですから。


『S渡さんとM村くん』は、pixivで公開されブレイクしていた新鋭・英貴先生による注目作。

眉目秀麗・スタイル抜群、人当たりも良く、学園のマドンナである佐渡麗華。しかし、彼女には裏の顔がありました。それは「人を傷つけるのが大好き」というもの。受け取った相手の好意を容赦なく踏み躙るッ! 教師も痴漢も関係なく狡猾に恫喝するッ!! そして、その人が壊れてしまったら飽きて、ポイ。次の玩具で遊びましょ。と、ゴージャス☆アイリンもビックリの清々しいまでの残虐さです。エンジェルのような、デビルの笑顔!

ただ、世の中には「だがそれがいい」とばかりに、そういった対応こそご褒美であると感じる人種がいます。それが、本作のもう一人の主人公である江村昴。学年トップの明晰な頭脳に加え、運動神経も抜群で二年生にして弓道部では落を任されるエース。包丁さばきすらプロ並みで、毎日下駄箱からラブレターが溢れ返るほどのクールなイケ眼鏡男子です。非の打ち所がない……そう、ドMであるということ以外は。


私は、このマンガの一話の最後のページが本当に素晴らしいと思っています。

貴女に罵られたい
打って殴って蹴って踏んで
俺を好きに嬲って下さい

俺を飼ってくれませんか
女王様

この最後のページで完成する一話目としての完璧さ、これから始まるめくるめく世界を大いに予感させてくれるという意味でいえば、最近では『ファイアパンチ』か『S渡さんとM村くん』か、といっても過言ではないでしょう。ちなみに、pixivに載せていた時からかなり加筆修正されており、見比べるのも面白いです。単行本版の方が非常に完成度が高くなっている印象ですね。

そして、その後に続く第二話の見開きがまたスゴい!

 

佐渡さんのためなら
人間やめられます

何という素晴らしい土下座……! 利根川や、瀬戸発以上の”覚悟”、石仮面を被ったディオをも凌駕する人間であることへの全き未練の無さ。この五体投地の姿勢に感じました。解る……解るよ江村くん……。「向こう側」へと、容易く至れてしまう一握りのポテンシャル。その潔い姿勢にまた快感に近い感情を覚えます。

江村くんは、他にもハイクオリティーなドMとしてのパフォーマンスを披露してくれます。


さて、ここまでこれを読んでいる皆さんはどちら側でしょうか。

麗華の、冷徹でありながらも少しだけ上手に飴を出す様子にゾクゾクするか。
昴の、あまりに従順で献身的なワンコぶりにゾクゾクするか。

罵られたいか。
虐めたいか。

美麗な絵で織り成される、背徳の学園ラブコメ。
あなたも新たなる扉を開いてみませんか。


S渡さんとM村くん
https://comic.pixiv.net/works/2196

S渡さんとM村くん+
https://web-ace.jp/youngaceup/contents/1000019/

 

S渡さんとM村くん (2) (カドカワコミックス・エース)
作者:英貴
出版社:KADOKAWA/角川書店
発売日:2016-06-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

(文:マンガサロン『トリガー』兎来栄寿)

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事