イケメンの新ジャンル「傷ついた系和風イケメン男子」が好きな女子におすすめ!? 夏におすすめちょいホラー『もののべ古書店怪奇譚』 「傷ついた系和風イケメン男子」とは!?

増田 桂己2016年08月04日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もののべ古書店怪奇譚 1 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)
作者:紺吉
出版社:マッグガーデン
発売日:2015-06-13
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 梅雨も明け、一層暑さが強くなってまいりましたが皆さま体調崩されておりませんでしょうか。
夏、夏といえばホラー! ということで、今日は最新のホラー(といっても怖すぎませんのでご安心ください)を紹介したいと思います。

おっと、作品の紹介の前に、唐突ですがイケメンについて話をしようと思います。
イケメン、実にうらやましいキーワードですよね。

女性誌『ViVi』さんによりますと、イケメンは7つのジャンルに分かれるそうです。

1.恐竜男子
→タレントで言うと高良健吾さん、森山未來さん、柳楽優弥さん

2.人モノ男子
→福山雅治さん、山本耕史さん、東出昌大さん

3.絶食男子
→本郷奏多さん、とまんさん

4.血統書男子
→Taka(ワンオク)さん、柄本佑さん、村上虹郎さん

5.ちゅる肌男子
→岡田将生さん、千葉雄大さん、羽生結弦さん

6.スマゴリ男子
→鈴木亮平さん、小林直己さん

7.うわの空男子
→染谷将太さん、池松壮亮さん、

詳細はサイトで確認いただければと思うのですが、なるほど、という感じがしますね。

今回紹介するホラーマンガ『もののべ古書店怪奇譚』の主人公は上記7つのカテゴリのいずれにも属しません。タイトルに書いた「傷ついた系和風イケメン男子」、それにあたるのではないかと思った次第であります。

なんだそのジャンルは、、、そう思った人も多いことでしょう。書いている自分もそう思いました。
でも「傷ついた系和風男子」なんです、本作。

物語は、

物部書店を営む寡黙な青年・正太郎と、店を手伝う健気な少年・シロ。いわくつきの古書を回収して廻る日々を送る二人だったが、平穏に見える彼等の間には、ある秘密があって…?
公式サイトより引用)

と、ちょっとネタバレにもなってしまいますが、忌まわしき古書を読んだ人間が鬼になってしまうというストーリー。

主人公の「傷ついた系和風イケメン男子」、正太郎は文字通り常に傷ついています。心的な意味ではなく、物理的な意味で傷ついているんです。

ほら。

ここでも。

 

あそこでも。

なぜここまで怪我をしているのかは読んでいただきたい

 

正太郎が傷ついているのには理由があるのですが、その理由についてはぜひ読んでいただきたいと思います。
ストーリーは、今のところ主人公の正太郎とシロの周りで起きた事件やウワサ、奇怪な事件を解決していくオムニバス的な流れで進んでいます。
各ストーリーそれぞれにちょっと切ないシーンなどあり、読んでいて飽きません。

でもやはり正太郎はいつでも怪我をして傷ついています。時にはえぐく見ていられないレベルで傷つきます。
こういう「傷ついた系和風イケメン男子」、好きな人もいるんじゃないでしょうか?
私が助けてあげたい、という感覚というんでしょうか、、Amazonのレビューなど見ていると、結構ドタイプ、という人もおりましたので、もしかしたらあなたのなかの潜在的傷ついた系欲求が目を覚ますかも・・・しれませんね。

8つ目のイケメン男子のジャンルが出来たところで、今日は筆をおきたいと思います。

もののべ古書店怪奇譚 1 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)
作者:紺吉
出版社:マッグガーデン
発売日:2015-06-13
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事