夏といえばホラー!新感覚ホラー漫画を読んでみたらBLだった!?『さんかく窓の外側は夜』

KOTONO2016年08月10日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さんかく窓の外側は夜 1 (クロフネコミックス)
作者:ヤマシタ トモコ
出版社:リブレ出版
発売日:2014-02-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

夏といえば!?海?BBQ?海外旅行?

いいえホラーです!笑

今回紹介する作品の主人公は幽霊が視える体質なのにホラーが苦手な男子!!

ホラーミステリーと聞いて手に取ったがなんだか悶々とするシーンが…♡

官能的に除霊するシーンは必見!!しかし濡れ場がないとはどういうこと!?!?

あらすじ

 霊感のある主人公三角(ミカド)は幽霊が見えていても対処できないので

見ないように見ないようにと霊たちを避けて生活してきた。

なにより怖いし。。。

目がとても悪いため眼鏡をしているわけだが、

眼鏡を外しても関係なくはっきり見えるものがある。

それが幽霊である。

確かにこんな感じで毎日視えてたら怖いですよね…
(さんかく窓の外側は夜 1巻より)


ある時バイト中に冷川(ひやかわ)と出会う。

彼もまた霊感があり、その特技を生かして拝み屋(除霊師)をしていた。

実はその手の人から見ると

ミカドは特に霊感が強くよく視える方なので

それを気に入った冷川は助手にならないか?と誘う…


注目ポイントはなんといっても表現力の豊かさ!

2人が力を合わせて除霊するシーンは

え?除霊してるんだよね?2人のBL的シーンじゃないよね??

と思わず深読みしてしまうほど。  

(さんかく窓の外側は夜 1巻より)

冷川はミカドの霊気を利用し、ミカドを通して霊に触れるシーン。

ミカドの中に入ってくる冷川の霊気に戸惑いながらも

シンクロする気持ちよさのようなものを覚える。ここがなんだかエロい♡

話数が進むにつれて二人の親密度もあがり除霊シーンもより官能的に!

(さんかく窓の外側は夜 2巻より)

ジャンルはBL!?

新刊コーナーで手にした本だったので改めて本屋さんにいくと

BLコーナーに置いてあるのでどうやらジャンルはBLだったようです。

しかしベットシーンは出てこない

いわゆるエロいシーンはすべて除霊シーンに置き換えられ、

表現はどこか官能的なのにただ除霊をしているだけというなんとも新しいBL表現である!!

ストーリーはしっかりとしたホラーミステリーなので

次から次へと舞い込んでくる幽霊事件はどれも読み甲斐のあるものばかり。

BLに興味がない人特に男性のみなさん)も満足のいく内容、

いやむしろこれを読んだら少しBLの見方が変わって興味がでてくるかも!?

 

私自身もBLは少しコメディ感覚でしか捉えてなかったので、

(男性でいうと幼女とおじさんの鬼畜系漫画をありえないけど読んじゃう的な)

『ヤマシタトモコさんはやはり天才なのかもしれない』

と拍手を送りたくなった。

ヒヤッとする幽霊事件とゾクッとするボーイズラブのような除霊にハマること間違いなし!!

 ヤマシタトモコの新感覚BLをとくとご覧あれ!!

さんかく窓の外側は夜 2 (クロフネコミックス)
作者:ヤマシタ トモコ
出版社:リブレ出版
発売日:2015-02-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

さんかく窓の外側は夜 (3) (クロフネコミックス)
作者:ヤマシタ トモコ
出版社:リブレ出版
発売日:2016-03-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事