『BLEACH』『銀魂』『トリコ』の最終回はこうだ!長寿連載作品の終わり方。

松山 洋2016年08月09日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少年ジャンプでの長期連載作品が終わりそうですよ?

 

そう、この3作品。

 

『BLEACH』
『銀魂』
『トリコ』


『BLEACH』は連載が2001年スタートですので今年で15年。

『銀魂』は2004年スタートなので連載12年

『トリコ』は2008年スタートで比較的短い感じがするかもしれませんが
それでも8年ですよ?立派に長期連載です。

しかもこの3作品はいずれもTVアニメにもなっていて劇場映画だって
公開された人気作品です。

 

これら人気の3作品が今まさにクライマックス!

 

『BLEACH』や『銀魂』は完全に公式に“最終章!”って言ってますからね。

いやー、ドキドキです。

さて。

これらの3作品ですが。

どーやって終わると思います?


作品の終わり方・最終回というものはそれぞれの作家先生の考えているゴールに
向かって描かれているとは思いますが。

今回はそれを予想してみよう!という話。

では、順番に。

 


① 『BLEACH』の最終話

 

まず、いろいろ言われていますが。

・伏線の回収ができていない?

ここに関しては私はあくまで連載そのものは今回の闘いで終わって、その後に
外伝・短編などを定期的に描かれると思っています。

なのでルキアと恋次の話や、乱菊やギンの話、一護の妹達の話、などなど
キャラクター達の過去とか含めてそういうのは後日描かれると(勝手に)
思っています。

なのでここではあくまで今回の闘い“千年血戦篇”の終わり方の話と最終話に
ついて予想しましょう。


・ラスボスはユーハバッハで終わり?

これはそうだと思います。ラスボスはユーハバッハ。ここから広げてもそれこそ
たためなくなっちゃうと思います。藍染とは共闘してますしね。


・一護は死神の力を失う?

失わないと思います。すでに一回やってますしね。それに少年漫画の主人公は
変わらない状態で完結することが望まれやすいですね。
“その後も彼らの日常は続いていく。永遠に。”
みたいな終わり方が好まれます。


・ではどんな最終回?

日常に戻る系だと思います。全ての闘いが終わって。
現世に一護がいて再びルキアが派遣されてやってきて。
虚が街に現れて。
子供とかが襲われそうになるところを一護がズバッと切り裂いて。
『けがはねえか?』
ってつぶやいたあとに。

黒崎一護/15歳
髪の色/オレンジ
瞳の色/ブラウン
職業/高校生:死神

ってさわやかに表示して終わると思います。

 

BLEACH  1 (ジャンプ・コミックス)
作者:久保 帯人
出版社:集英社
発売日:2002-01
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 

 ② 『銀魂』の最終話

 

はい、これも日常に戻る系ですね。絶対。

闘いはまあ、虚の中の松陽先生が抗ってくれてそれでとどめ刺して
消えていくって感じだと思います。

“時代は変わり、世界は変わっても、ずっと変わらないものもある”

“侍(が持つ刀の色すなわち銀)の魂の物語”

とかしっかり決着はつけたうえで。

ちゃんと最終回はギャグ回で終わる、と。

もちろんセリフはこれ。

 

『ギャーギャーギャーギャー、
やかましいんだよ 発情期ですか コノヤロー』

 

銀魂-ぎんたま- 1
作者:空知 英秋
出版社:集英社
発売日:2004-04-02
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

③ 『トリコ』の最終話

 

全部終わって。

トリコと小松がいて。

でっかい化け物ズバッてナイフで切って。

手を合わせて。

『いただきます』

終了。


え?『トリコ』があっさりしすぎ?いや、けど、物語の結末なんてシンプルな
ものだと思いますよ。

 

トリコ 1 (ジャンプコミックス)
作者:島袋 光年
出版社:集英社
発売日:2008-11-04
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

実はこういう“あの漫画の最終回!”みたいな妄想はうちの会社では入社試験
として出題していたりもします。

“10年後に『ワンピース』が最終回を迎えるとしてどんな最終回になると
思うか?”

クリエイティブを試すのに実は最適な課題だったりします。
観察力や分析力が求められる上に妄想力も試されますからね。

実際に提出された課題も評価する側だって楽しく読めますから、オススメです。


さて、みなさんはどんな最終回を想像されますか?

 

BLEACH―ブリーチ― 73 (ジャンプコミックス)
作者:久保 帯人
出版社:集英社
発売日:2016-07-04
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

銀魂―ぎんたま― 65 (ジャンプコミックス)
作者:空知 英秋
出版社:集英社
発売日:2016-08-04
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

トリコ 40 (ジャンプコミックス)
作者:島袋 光年
出版社:集英社
発売日:2016-08-04
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事