8月20日映画公開!甲子園が熱いのは吹奏楽部あってこそ!『青空エール』

KOTONO2016年08月20日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青空エール 1 (マーガレットコミックス)
作者:河原 和音
出版社:集英社
発売日:2008-12-25
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

甲子園もいよいよ終盤!はたしてどこが夏を制すのか!?

熱い戦いは球児だけじゃない!吹奏楽部がいなくちゃ盛り上がらない!

 

かくいう私も吹奏楽部員でした。

野球応援は本当に楽しく熱いイベントです。

自分たちの演奏で球場全体が一体となります。

現在は教員になり吹奏楽部の顧問になりました。

生徒たちと一緒に今でも野球応援に力をいれています!

 

皆さんも学生時代何かに打ち込んだり、応援したりした経験ありますよね?

あらすじ

吹奏楽名門といわれる白翔高校に入学した小野つばさ

小学生の頃テレビで見た甲子園出場白翔高校の試合で

応援する吹奏楽部に心を奪われる。

いいなぁ。私も吹いてみたいな。音飛ばしたいなぁ。

(青空エールより)

しかし小学校ではトランペットが吹きたいと言えず違う楽器に。。。

中学では吹奏楽部に入る勇気すらなくなっていた。

しかしどうしても諦めきれず名門とわかっていながら白翔高校に入学してきた。

(青空エールより)
 

こうして念願の吹奏楽部に入ったつばさだったが、やはり名門校。

初心者なんてほとんどいなく中学でトップを吹いていた先輩同期ばかり。

それでも一生懸命頑張るつばさに同期からキツイことを言われる。

(青空エールより)
 

同じクラスで甲子園をめざす山田に励まされ、つばさは頑張ることを決意!

山田もつばさと同じ甲子園の映像を見て白翔高校にはいってきたのだった。

目指すところは同じ!お互いの夢に向かって励ましあいながら成長していくと同時に

ふたりの行く末が気になる・・・♡

(青空エールより)
 

頑張っている人にエール!

何事もプラス思考で一生懸命頑張ることを惜しまない山田。

少し天然だがまっすぐ目標に向かって頑張っているところをみると

私も怠けずに頑張ろうと思わされます。

またつばさは最初はおどおどしていてマイナス思考ですが、

山田や同じクラスのひまりに励まされたり、共感してもらうことで

頑張っていいんだ!と純粋に走り出します。

このふたりを見て、また新しく何かに打ち込んでみようかなという気持ちが沸いてきました!

また誰かを応援すると自分も元気になりますよ!

現吹奏楽部の顧問がおすすめ!

ここまで強豪校ではないですが、私たちもかなり力をいれて頑張っています。

毎日朝から晩まで同じような練習を繰り返す日々。

途中でやめたい。楽したいと思うときが必ずあります。

何かに向かって毎日努力するってとってもしんどいことです。

お金がもらえるわけでもないし、頑張ったからといって必ず結果がでる保証もない。

何のために頑張っていたのかわからなくなる。

本気で頑張っている人がいると頑張れるけど、その分自分と比較して挫折もします。

そんなときどうやって気持ちをキープするか。仲間同士でモチベーションをあげていくか。

自分のために頑張れる人が仲間のために頑張れる人だと私は思うので

まずは自分が楽しんでやれているかをいつも大切に!

そんな気持ちを思い出させてくれる漫画だと思います!

本日映画公開!

中高生に大人気の漫画『青空エール』が本日実写映画となって登場!

ぜひ映画と合わせてお楽しみください♪

青空エール コミック 1-19巻セット (マーガレットコミックス)
作者:河原 和音
出版社:集英社
発売日:2016-01-25
  • Amazon

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事