ホリエモン的このマンガが面白いから読んでみて!『アルキメデスの大戦』

堀江 貴文2016年08月09日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アルキメデスの大戦(1) (ヤンマガKCスペシャル)
作者:三田 紀房
出版社:講談社
発売日:2016-05-06
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

太平洋戦争で日本が敗れた原因は戦艦大和に象徴される大艦巨砲主義が原因というのが定説だ。奇襲に成功した真珠湾攻撃の時代、連合艦隊司令長官山本五十六の航空戦力重視の戦略は当たっていた。日本は世界に冠たる航空大国でありこれから飛行機の時代であるという青写真を少なくとも日本海軍の一部は描いていたはずだ。しかし実際は戦艦大和が作られ日本海軍は消滅してしまった。

そんな歴史のifを高校野球漫画や東大受験漫画、ビジネス漫画などでの通常ではありえない視点で分析し描いてきた三田紀房が、なんと東京帝大出身のスーパーエリート若手数学者が海軍に乗り込んで改革を主導していくという驚きの展開の漫画で描くという面白くないはずのない漫画がこれだ。とにかく初回から専門的な知識のオンパレード。これは軍事マニアや艦船マニア、航空マニアにとっては垂涎の話になるとしか思えないのである。

それだけではない。日本海軍在りし日の芸者遊びの実態であったり新興財閥との関係なども描かれて純粋に技術の話だけではないから誰でも楽しめる構成になっているところも面白いのである。そして相当の資料を読み込むリサーチャーが起用されているのだろう。この歴史のifが非常に壮大なストーリーとなっているのである。

今後歴史のどのタイミングまで描かれどのような結末になるのか全く読めないのであるが、展開が平坦ではなく時折山場が演出されているので間延びして飽きることがない。これからが楽しみな作品である。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事