夏アニメ『モブサイコ100』原作マンガに見る、デジタルファースト時代のヒット作 ネット発だからこその面白さ!

池上 真之2016年08月15日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モブサイコ100 1 (裏少年サンデーコミックス)
作者:ONE
出版社:小学館
発売日:2012-11-16
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

7月から放送中のアニメ
『モブサイコ100』、
その原作です。

小学館の『裏サンデー』という
インターネットのサイト上で
連載されているほか、

最近はスマホからは
マンガワン』というアプリ
でも読むことが出来ます。

つまり、紙の雑誌ではなく
ネットが初出。

ネット初出ということは、
同じONE先生の『ワンパンマン』
と同じですね。

この「モブサイコ100」は
とっても
“デジタルファースト”らしい
面白さが詰まってます。


 

まず、リアルとフィクションの
振れ幅がすごい。

(モブサイコ100(1) (少年サンデーコミックススペシャル)

 

(モブサイコ100(1) (少年サンデーコミックススペシャル)

日常的なシーンの
細部にしっかりと
リアリティがあるからこそ、

「超能力が使えちゃう」
というファンタジーが生きてます。

(しかもテンポのよいギャグで
日常シーンがまったく退屈しない、
というか楽しいんですよね!)


そして、

「初期設定」が
キャラクターとストーリーを
どんどん転がしていくという、
構造も、ネット的です。

事件を解決する霊能力者、
という立ち位置で始まるので
当然、次々と事件がおきます。

(モブサイコ100(1) (少年サンデーコミックススペシャル)

また、(最近では定番の)
「主人公最強」設定でありながら

本作の主人公モブは、「いいやつ」
すぎて、利用されてしまうキャラ。

そのため、さらに色々なことに
巻き込まれます。
 


 

最後に、この作品は、
(読者が読んだ時の)
「共感」と「発見」の
バランスも、絶妙です!

「やりたいことが見つからない」
モヤモヤなど、

読み手が恐らく
「共感」できることが
多い中で、

(ここで「弱いものが成長して強いものを倒す!」という昔の世界じゃないことに注意!主人公は初めから最強、が前提です)

(モブサイコ100(2) (少年サンデーコミックススペシャル)

 

こんなふうに鋭いセリフが
ところどころ登場して
ハッとさせられます。

でもこれが
味のある画風も手伝って、
全然説教臭くないんです。


 

今の若者に手を焼いている
世の中の管理職は見習いたい

メディアが変われば、
作品の表現のあり方も変わります。 

アプリ「マンガワン」で、
無料で読めます※ので、
まずは読んでみてください!

 

マンガワン
manga-one.com/

※一定期間で回復する「ライフ(チケット)」を消費します。

 

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事