美少女いっぱい、下ネタ過激!なんでそうなる予想の斜め上をいく『へんなねえさん』

佐保 祐大2016年09月03日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

へんなねえさん (F COMICS)
作者:吉富昭仁
出版社:太田出版
発売日:2013-10-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

「透明人間になれるクスリがあったらな」
「美人でエッチなお姉ちゃんがほしい」
「快楽を追求する装置がほしい」

一度はこんなことを考えた人もいるのではないでしょうか?
今回ご紹介する『へんなおねえさん』はひとつひとつの物語で完結する短編集・・・と思いきや、この1冊は全て繋がっていることが最終章で判明します。

ちょっぴりどころじゃない!かなり過激なエッチ描写で隠すことをしない(むしろおっぱいを放り出しまくってる)『へんなおねえさん』、へんなのはおねえさんだけじゃありません!!!


●あしたの自分に求めるのは身体の関係

まず一人目に登場するのは、あしたのあたしと入れ替わることができるのは女子高生の摩亜夜。

もし、あしたの自分と入れ替わることができると知ったとき、あなたは何をしますか?

「明日出るテストの内容を知りたい」

出るテスト内容が分かれば勉強なんてしなくても高得点を取ることが可能です。もちろんこの摩亜夜もあしたのあたしからテスト内容を教えてもらっています。そういうところは普通の女子高生。
しかし、この摩亜夜が普通じゃないところはあしたのあたしと触れ合うこと。触れ合いっていうか、やっていることはまさかの百合プレイ!
キレイな女子高生とはいえ相手は自分です!

 

あぁーでも黒髪ロングの女の子の百合プレイは好きな人にはたまらないのかもしれません!

(吉富昭仁著『へんなねえさん』より)


●透明人間になってやりたい放題

男なら一度はなってみたい透明人間、しかし透明人間になりたいのはなにも男ばかりではありません。女の子だってそう思うんです(そうらしいです)。

この回に登場する恵子は薬を飲むことによって透明人間になります。

(吉富昭仁著『へんなねえさん』より)

透明になる部分は生身の身体の部分だけ。

そう、つまり裸。

透明人間になった恵子は全裸で恵子は全裸で街中を散歩します。少年にイタズラをしたり、死の近いお爺さんへ最後にいい思いをさせてあげようと“観音様”や“菊の花”を見せつけます。

しかし、この薬には副作用があり、ラストで衝撃の結末が待っているのですが、それを差し置いても・・・

そんなことしちゃっていいんですか!?

と言わずにはいられない内容になっています。

 


●男の欲望を叶えるエッチなおねえさん

本のタイトルにもなっている「へんなねえさん」が3話目でついに登場します。

(吉富昭仁著『へんなねえさん』より)

いるはずのない姉。姉がいたことに記憶のない主人公。

「美人でエッチなおねえさんが欲しい」

と思春期の男子学生は抱いたであろうこの妄想を叶えてくれるこのストーリー。

(吉富昭仁著『へんなねえさん』より)

ハッキリ言ってベタ!!!!

だがそれがいい

(吉富昭仁著『へんなねえさん』より)

そう、素晴らしいのである。

羨ましすぎるぜこの主人公。
しかし、ここで終わらないのがこのマンガ。


どこまでも男の欲望を叶えてくれるこのストーリーは後半で男の欲望を全て叶えてくれるので見てからのお楽しみ!!

 


一話ずつの短編集だと思いながら読み進めていたが、読み進めていくとそれぞれの回に続きがあることが分かる。

そしてそれはひとつの物語に繋がっていき伏線を全て回収していくこの物語。


あなたの予想を良い意味で裏切ってくれることは間違いなし。

なにより男の欲望を叶えてくれるこのマンガに拍手したい。 

へんなねえさん (F COMICS)
作者:吉富昭仁
出版社:太田出版
発売日:2013-10-10
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事