【残り12日!】マンガ×ラップバトル!マンガMC BATTLE開催支援プロジェクト進行中!

マンガサロン『トリガー』2016年09月06日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

プロジェクトページはこちら
https://faavo.jp/tokyo23/project/1517

 「マンガMC BATTLE」とは?

読んで字のごとくラッパーが好きなマンガでMC BATTLEを行うイベントです!

 

マンガの面白さをラップでプレゼンテーション! 

 

ラッパーがマンガの面白いところを即興のラップで競い合います。  

主催者よりご挨拶

 

 

こんにちは!渋谷にあるマンガサロン『トリガー』のスタッフの遠藤と申します。


フリースタイルダンジョン、流行ってますね。

 

僕の周りの人達もみんな観ていて、何がすごいってクラブなんて行ったことない、ラップなんて普段全然聴かない、っていう人達が毎週欠かさずチェックして、夢中になっている点。

 

僕らの世代のラッパーのイメージって、未だにダボダボの服着た不良とか、「YOYO」「チケラッチョ」って言ってるとか、いつも親や仲間に感謝しているとか、そんなステレオタイプなイメージを持ってる人が大勢います。

 

そんな中で、ちゃんとしたラップ文化をお茶の間のエンターテイメントとして成立させている功績って過去に例がないすごく偉大なことだと思います。

 

マンガでマイナー部活を題材にした作品が普遍的な人間ドラマを描くことできちんとオーバーグラウンドで人気を獲得出来るように、MCバトルにはラッパー達が己を賭けて凌ぎを削り合う普遍的な魅力がある。

 

で、僕はというと日本語ラップの一ファンではありますが、何よりもマンガを愛していて、それで今はマンガサロン『トリガー』というところで働いています。

 

僕が学生の頃、周りにはラップやDJをやっている友達が沢山いて、僕が信頼出来ると思っているマンガ好きの人達って、そういった学生の頃から音楽活動を続けていて、いい年した大人になった今でも音楽に夢中になっている、そんなような人達です。

 

MCバトルや曲のリリックの中に、マンガのネタが沢山出てきます。ラッパーはマンガを愛している人達が非常に多い。

 

でも、マンガ好きはラップが好きでしょうか。もちろん好きな人もいるでしょうが、非常に少ない印象です。

 

そこで、今回はマンガの側からラップに歩み寄りたいと思い、このイベントを発案しました。

 

マンガをこよなく愛するラッパー達がマンガのネタだけでMCバトルをしたら、きっとマンガ好きにも日本語ラップ好きにもたまらないイベントになると思っています。

 

ラッパー達が如何にマンガが好きか、マンガネタを即興でリリックに盛り込んじゃうラッパー達のスキルが如何ほどのものなのか、楽しんでもらいたいと思います。僕も楽しみにしています。

「マンガMC BATTLE」開催は10月4日(火)!!

 

日時:2016年10月4日(火)18:30開場/19:30開演

会場:LOFT9 Shibuya

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/49130

〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 1F

Google MAP


豪華ラッパー&DJ出演陣!!

 

秘密結社MMR(METEOR×丸省×DJ RIND)の協力を得て、マンガ好きのラッパーが集結!

 

〈MC〉

ACE

ブラジル生まれFreestyle育ち。渋谷サイファー、ADRENALINE主催。数々の大会で優勝を飾るフリースタイルは折り紙付き!フリースタイルダンジョンをはじめメディアには欠かせないマスト人物。ドラマ・バラエティと幅広い活動そのものがフリースタイル!

 

METEOR 

フリースタイルからスキルだけでなく、人柄やユーモアが伝わってくる稀有な存在のMC。
ユーモア満点のアンサーは唯一無二にして、威力も抜群。
テーマに沿ったフリースタイルでは圧倒的な強さを発揮しており、
女性口説きMC BATTLE、人生相談MC BATTLEなど、過去3度優勝。
女性口説きMC BATTLE考案者。

 

押忍マン

大分出身、東京在住。寿司が好き。消しちゃ書く歌詞。これまでMC BATTLEで数々の武功をあげるも、最近では「フリースタイルダンジョン」出演が記憶に新しい。元々地元大分ではソロ活動をやっていたが、2011年単身上京。2014年ついにソロ名義としては初となる1st アルバム『押忍matic』をリリース。2015年にはアルバムからのリード曲「Monster feat. RINO LATINA Ⅱ /prod. DJ YAS」等のMVを、立て続けに公開し話題となる。2016年3月iTunesによる配信で「IT'S ONE TIME 」,「100 or 0 (Produced by OMSB) 」と2曲のSingleを連続リリース。そして6月29日に2ndアルバムへと続く1.5枚目のアルバム「押忍マン vs NEZUMI」をリリース。これからもこのバカからは、目が離せない。

 

CHARLES

品川区生まれの品川区育ち1995年1月生まれの現在21歳のフィメールラッパー。2014年からラッパーを志し初出場の戦極MCバトル感謝祭vo2でBEST4になり、その後様々なバトルに出場しMonsterhunter Vo4にて見事初優勝する。その後も渋谷サイファーとしてACE掌幻と渋谷のTSUTAYA前でストリートセッションを行い活動中。現在アルバム製作中である。

 

黄猿(Kizal)

東京下町出身のMC。2005年、16歳からラップを始める。東京都内を中心にLIVE活動。Freeのmixtapeアルバムを4枚配信。「フリースタイルダンジョン」「B BOY PARK MC BATTLE」「UMB」「戦極MC BATTLE」「罵倒MC BATTLE」など数多くのMC BATTLEに出場、好成績を残す。

 

DJ ののの

DJ/MC/Track maker DJではセクシーかつベースの効いた音に傾倒。トラックメイクはシャンティな奇祭スタイル、MCはまるで小5男子。 大所帯ラップグループRAP BRAINSに所属し、そこから派生した女性だけのホステス集団「スナックラップブレインズ」や盟友ペリカン(FAT FOX FUNCLUB ) と始めたバンド「umaneco」など極めて自由に活動中。 リリースは2010年9月、SKA IN THE WORLDのオフィシャルMIX CD「PRIVATE BIGBAND」、2011年自身のレーベルからMIX CD「PARADICE BOKKA」2014年にはomochi recordsからのMIX CD「chillax survive」、RAP BRAINS「満韻御礼」などがある。 

 

〈DJ〉

DJ RIND 

EELRECORD/秘密結社MMR DMC 2006 関東予選 出場 宇都宮PALCO 島村楽器 DJ バトル 優勝AYA a.k.a. PANDA デートプランMCバトル vol.1 優勝 埼玉サイファー DJ MCバトル 優勝 胎動 MCバトル OVER-30 優勝 DJ、トラックメーカー、RAPを、こなす器用貧乏、DJ RIND 

 

他、出演調整中!

 

豪華審査員もマンガにちなんだ人物を鋭意交渉中です!



リターン品はリアル&ネット放送の参加チケット+グッズ

 

クラウドファンディングで先行販売するチケットは、すべてグッズ付き、会場にいち早く入場できる先攻入場権つきです!

 

また、当日残念ながら会場に来られない方へも、オンラインチケットの販売も行います。

 

なお、グッズはCF限定販売となります。発売予定はありませんのでこの機会に入手ください!


集まった支援金の使用用途

 

・開催費用(出演費、設備、賞金)

・イベントグッズ制作費

・その他諸費(手数料等)

 

 に使わせていただきます!


最後に

 

このマンガMC BATTLEは構想から半年をかけてやっと実現しました!

 

「より多くの人にいろんな作品があることを知ってもらいたい」

「マンガと出会う新しいきっかけを作りたい」

「マンガの新しい楽しみ方を提供したい」

 

このイベントに込めた想いをぜひ一緒に体験しましょう!

このイベントが、マンガとの出会いをつくるきっかけになれば幸いです!

 

まずは一回目をしっかり開催・運営し、第二回の開催も実現したいです。

ぜひご支援のうえ、リアル・デジタル両方でイベントにお越しください。

プロジェクトページはこちら
https://faavo.jp/tokyo23/project/1517

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事