世界ウルルン滞在記が好きだった人に読んでほしい。旅の出会いを疑似体験できる漫画『グッドナイトアイラブユー』 ある"理由”で海外を訪れることになった青年の、想い重ねるトラベルストーリー

筧 将英2016年09月16日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グッドナイト、アイラブユー(1)<グッドナイト、アイラブユー> (it COMICS)
作者:たらちねジョン
出版社:KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
発売日:2015-10-15
  • Amazon Kindle

 日々働いていると「うわー、旅行いきたいー、遠くにいきたいー」ってことありますよね。ありすぎますよね。でもなかなか休みの取れない時には、テレビの旅番組が気を紛らわすにはよかったりします。

旅行系の番組で思い出すのは「弾丸トラベラー」や、今だと「アナザースカイ」だったりしますが、私が一番思い出すのは「世界ウルルン滞在記」。(今の大学生くらいだと知らない人も人も多いかもしれません)調べてみるとウルルン滞在記は2008年に終了しているようで、もう8年ほど経ってしまったんですね。

他の旅番組と「ウルルン滞在記」はどこが違うのかなと考えてみたんですが、「弾丸トラベラー」は1泊2日や2泊3日でいけるOLをターゲットとした旅行、「アナザースカイ」は、自分のルーツである場所を訪れる旅行ですね。この2つはある程度予定されていたり、もともと知っているところに行く、という予定調和的な旅番組です。

それに対して、「ウルルン滞在記」は、下条アトムの「~が~で~と出会った」という有名なナレーションに現れているように、有名人が行ったことない場所に行き、会ったことがない人に会い、やったことがないことをする、という番組です。

「ウルルン滞在記」は「行ったことない場所で、会ったことがない人に会い、やったことがないことをする」という「何かとの出会い」を疑似体験できるから、旅に行きたい気分を紛らわせてくれたんだなと思いました。(逆をいえば、弾丸トラベラーは旅に行きたくさせますよね)

そんなウルルン滞在記と同じ効果をもたらしてくれるのが、今回紹介するたらちねジョンさんの描く『グッドナイト、アイラブユー』

あらすじは、 

 1人で、母を看取った。「私の死を、ロンドンの友人に伝えて」そう書かれた遺言に従い、大学3年生の夏、大空は久しぶりに再会した兄と共にイギリスへ渡ることになった。初めて訪れた異国の地で、母の若き日、兄の秘密、そして“家族”の真実に出逢うとは知らずに…。たらちねジョンが鮮やかに描き出す、ファミリールーツジャーニー。

内気な大学生の大空が、母の死と遺言をきっかけに海外にいくところから物語が始まります。初めて海外にいく主人公の視点で描かれているからこそ旅の楽しみである、”出会い”を疑似体験することができます。

トラブルとの出会い

旅といえばトラブル。その時はすごく困るんですが、後から思い返せばいい思い出。この主人公もたくさんのトラブルに合います。バッグを盗まれたり、

チケットを購入したら、行き先が違ったり。

命の危険がないものであれば、トラブルは旅の醍醐味ですよね。

日本にはない景色との出会い

この作品のよいところは景色の描写が美しいところ。なんでもない駅の様子も、海外を感じることができますし、

観光地の描き方もきれいです。

フィレンツェのこの場所は私は訪れたことがあるのですが、すごく思い出させられました。

人との出会い

旅に行った先で、思わぬ出会いがありますよね。意図していなくても。主人公も旅先で日本人に絡まれる出会いがあったり、

外国の女性とカタコトで意思疎通したりしています。外国の方とコミュニケーションが取れるとなんであんなにうれしいんでしょうか。

知らなかった自分との出会い

いろんな出会いに影響されると今までは知らなかった自分に出会えます。主人公の大空も、母親が亡くなったことや複雑な父親との関係に悩んでいましたが、前に進んでいきます。

物語自体は、非常にシンプルで、母の遺言に従ってヨーロッパを旅する大学生の話です。ただそのシンプルさが「旅の楽しさ=何かとの出会い」をうまく感じさせてくれる作品です。

旅行にいきたい!遠くにいきたい!という方におすすめです。

グッドナイト、アイラブユー(1)<グッドナイト、アイラブユー> (it COMICS)
作者:たらちねジョン
出版社:KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
発売日:2015-10-15
グッドナイト、アイラブユー(2)<グッドナイト、アイラブユー> (it COMICS)
作者:たらちねジョン
出版社:KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
発売日:2015-12-15
  • Amazon Kindle
グッドナイト、アイラブユー(3)<グッドナイト、アイラブユー> (it COMICS)
作者:たらちねジョン
出版社:KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
発売日:2016-08-17
  • Amazon Kindle

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事