美醜コンプレックスを持つ全ての人へ。あだ名がマッシュゴリラだった私が泣きながら読んだ『鏡の前で会いましょう』

上原 梓2016年09月22日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マッシュゴリラ

これは私の小学校時代のあだ名です。クラスの女子で最も背が高く、男子よりも背筋力が強く、ドッヂボールもかなり巧く、ケンカも強く、マッシュルームカットだった私に男子が付けた、とても小学生らしいセンスのあだ名。

その後もスクスクと強靭に育った私は、今や身長170センチ、足のサイズは27センチ、デブではないけど骨太で超ガッチリしている成人男性みたいな身体になりました。

「女の子らしくオシャレしたいと初めてハイヒールを履いたら骨折した話」は以前別のレビューで書かせて頂きましたが、とにかくそういう女の子っぽい物に、骨格からして合わないという残念ボディなのです。

今回は、そんな残念ボディの私が出会い、むせび泣きながら読んだマンガを紹介させて頂きましょう。坂井恵理先生の『鏡の前で会いましょう』です!

鏡の前で会いましょう(1) (BE LOVE KC)
作者:坂井 恵理
出版社:講談社
発売日:2016-02-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 「不動明王に似ている」と言われ、“みょーこ”というあだ名をつけられてしまった主人公の明子。世の中のブス・イメージにぴったり来る生き方を選択することで、それなりに楽しく暮らしていた。

そう。分相応に生きればマッシュゴリラでも人生は楽しいです。
(『鏡の前で会いましょう』1巻より)

みょーこの親友のまなちゃんは、小柄で華奢で髪もサラサラの美人。そんな2人が朝まで飲んで起きてみると……
なんと、2人の心と身体が入れ替わっていたのです!!

「でかい」…分かります!大きいじゃなくてあくまで「でかい」コンプレックス
(『鏡の前で会いましょう』1巻より)

美人になったみょーこは、喜んで街に飛び出します。今まで「ブスが化粧しても変わらねえよ」と言われているような気がして行けなかったデパートの化粧品売り場でメイクしてもらったり、着てみたかった服や靴の試着をしたりと、美人ライフを謳歌します。

デパートの普通サイズの店で服を買うのが夢、それがデカ一族。
(『鏡の前で会いましょう』1巻より)

しかし みょーこは、入れ替わったが故に、客観的に元の自分の外見を眺めて改めて落ち込んだり、美人になったのにも関わらず憧れの人には選ばれない現実に打ちひしがれたりします。

美人になっても受け入れてもらえないとしたら…ごふっ(吐血)
(『鏡の前で会いましょう』2巻より)

一方、美人でおとなしく内気な まなちゃんは、自立したリア充の みょーこのことを、実は羨ましく思っていました。みょーこと入れ替わり、今まで食べきれなかった量を食べたり、持てなかった荷物を持ったりと、こちらも みょーこの身体をそれなりにエンジョイします。しかも、もともと自分の外見に無頓着だったため、ブスになったことへのショックは全く無い!

本当に、どうしようもなくご飯が美味しいです、実際…
(『鏡の前で会いましょう』1巻より)

しかし まなちゃんには、恋愛なんてお手の物という感じの美人だったにも関わらず、どうしても拭えない恋愛や結婚への嫌悪感や諦めがあります。そのおかげで、まなちゃんの身体で自由に恋愛を楽しもうとする みょーことしばしばケンカになってしまうのです。

この価値観こそが、いろんな女性を苦しめる根っこかもしれません…モテめ!!
(『鏡の前で会いましょう』1巻より)

一体なぜ、2人はお互いのコンプレックスを埋められるような相手と入れ替わったというのに、引き続き落ち込み悩むハメになるのか。その根源にあるものを、この作品では可愛い絵柄とコミカルなストーリーに織り交ぜつつ、ガッツリ突きつけてくれます。

それは、呪い…!!

ブスを自覚して生きてきた みょーこは、その呪いの存在を常に意識している。

ぐはぁっ!実際に選ばれなかった結果の独女がここにいますよ!(また吐血)
(『鏡の前で会いましょう』1巻より)

かわいいが故に受けてきた様々な呪いを、まなちゃんは我慢し続けている。

表で裏で浴び続けた呪いの数々(『鏡の前で会いましょう』1巻より)

これらの呪い、特に女性ならば、めちゃくちゃシンパシーを覚えちゃうものばかりなのです!

私事で恐縮ですが、マッシュゴリラの呪いを受けた私は、みょーこの立ち居振る舞いと全く同じことをして生きております。

せめて笑って頂けるような存在になれれば本望、
そんな考え方がブスと言われることは分かってますけども!
(『鏡の前で会いましょう』2巻より)

そんな生き方の滑稽さを見せつけられ、当然みょーこにメチャクチャシンパシーを覚えるのですが、正反対のまなちゃんが受けている呪いも同じ一人っ子としてめちゃくちゃ分かる…!!あるんですよ!一人っ子にかけられた呪いって!深くは書きたくもないやつが!!

はっ!すみません、取り乱しましたが、このようにいろんなコンプレックスやら何やらが刺激され、終始エグエグ泣きながら読み進めたのでした。まさか、最終的にみょーこよりも 美人のまなちゃんに感情移入するとはなあ〜…!

この作品、8月に最終巻が発売となりました。果たして みょーことまなちゃんは元の身体に戻れるのか?それぞれにかけられた、あるいは自分でかけてしまった呪いから2人は解放されるのでしょうか!?

男女入れ替わりで大ヒットしている映画『君の名は。』も名作でしたが、同性の入れ替わりものである、この『鏡の前で会いましょう』もまた、超名作です!皆さんが持つコンプレックスからの解放の手掛かりにもなるこの作品、是非お読みください!

鏡の前で会いましょう(2) (BE LOVE KC)
作者:坂井 恵理
出版社:講談社
発売日:2016-04-13
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
鏡の前で会いましょう(3)<完> (BE LOVE KC)
作者:坂井 恵理
出版社:講談社
発売日:2016-08-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事